EV走行距離は46.8km 「メルセデス・ベンツGLC」にプラグインハイブリッド車が登場

2021.01.07 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2021年1月7日、SUV「GLC」にプラグインハイブリッド車(PHEV)の「GLC350e 4MATIC」を設定し、受注を開始した。納車については同年4月以降を予定している。

電動パワートレインの性能を大幅にアップ

GLC350e 4MATICは、最高出力211PS、最大トルク350N・mを発生する2リッターガソリンターボエンジンに、走行用のモーターと大容量リチウムイオンバッテリー、外部からの充電機構を組み合わせたPHEVである。

マイナーチェンジ前のモデルにも同様のグレードは存在したが、今回の新型では、バッテリーの容量を8.31kWhから13.5kWhにアップ。電気のみでの走行可能距離が30.1kmから46.8km(等価EVレンジ<EV走行換算距離>)に伸びているほか、130km/hまでの車速でのEV走行を可能にした。またパワートレイン全体を見ても、システム最高出力が320PS(235kW)に、同最大トルクが700N・mに向上している。

また、より効率的な運転をアシストするため、アクセルペダルには「プレッシャポイント機能」を採用。EV走行モードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならなくなるというポイントを、アクセルペダルの抵抗によってドライバーに知らせ、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを支援するとしている。

価格は899万円。

またメルセデス・ベンツ日本では、GLC350e 4MATICの購入者に対し、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体の無償提供や、同設備の設置にかかる費用の10万円サポートなどを実施。充電サービス「Mercedes me Charge」に普通充電器が定額で利用できる「Mercedes me Charge AC」を導入するなど、電動車を購入・所有するオーナーへのサポートの充実を図っている。

(webCG)

メルセデス・ベンツGLC350e 4MATIC
メルセデス・ベンツGLC350e 4MATIC拡大

関連キーワード:
GLC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ/GLB200d 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツから新型SUV「GLB」が登場。手ごろなサイズで3列7人乗りを実現しており、プレミアムブランドならではの充実した装備も特徴となっている。スリーポインテッドスターのSUV製品群に加わった“新顔”の姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
  • 「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」が日本上陸 7人乗車が可能な高性能モデル 2021.1.12 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年1月12日、「メルセデス・ベンツGLB」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLB35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。1月末ごろの納車開始がアナウンスされている。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る