アストンマーティンDBX(後編)

2021.01.28 谷口信輝の新車試乗 「これはすごいクルマです」。さまざまな高性能SUVに試乗してきた谷口信輝が、アストンマーティン初のSUV「DBX」を高く評価するのはなぜか? 決め手となる走りの特性についてリポートする。

こんなSUVはなかなかない

アストンマーティンDBXを箱根のワインディングロードで試乗して、「あまり個性が感じられない」と語った谷口信輝。しかし、ドライビングモードをそれまでの「GT」から「スポーツ」に変えると、その印象はにわかにポジティブなものに変わっていったのである。
「ダンパーの設定もだいぶ変わりましたね。僕は、このくらい引き締まっているほうが好きかも。さっきはちょっと“フネフネ”していましたよね」

GTモードは快適性重視の設定だから、ワインディングロードを攻めたときにややヤワな印象をもたらすのは仕方ないところ。いずれにしても、谷口はスポーツモードのほうがお好みだったようだ。

「うん、僕はこっちのほうが好きですね」

スポーツモードについて最初にそう言っていた谷口は、ペースを上げて走っているうちにDBXの印象がどんどん変わっていったようだ。
「へー、GTモードがいまいちだっただけで、スポーツモードは全然いいですね」

そう語った谷口は、「いやあ、これだけコーナーをちゃんと走れるSUVはなかなかないでしょ。ステアリングを切れば切っただけ曲がっていくし、メチャクチャ気持ちいい」と、感動をあらわにしたのである。

DBXのコーナリングに気をよくした谷口はさらにペースを上げていき、ついにはコーナリングスピードが限界に近づいてきた。
「ああ、スポーツモードだと結構、電子デバイスが介入してきますね。じゃあ、スポーツ+モードにしてみましょうか」

 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る