コロナ禍が売れるクルマを変えた? 自動車市場の2020年を販売データから振り返る

2021.01.25 デイリーコラム

消費者の心と足を直撃した緊急事態宣言

いまだ終息が見えない新型コロナウイルスの感染症。1年前の今ごろにも中国・武漢での「謎の感染症」のニュースは大きく報じられていたが、正直なところ対岸の火事という感覚の人が多かったはずだ(かく言う私もその一人である)。しかし、春を前に日本でも感染が拡大し、2020年4月には政府が緊急事態宣言を発令。日常生活や経済活動などに大きな影を落とすことになった。

このようにコロナ禍に翻弄(ほんろう)された2020年は、自動車業界にとってどのような年となったのか? 今回は、日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車輸入協会が公表した国内市場の自動車販売台数データをもとに、この一年を振り返ってみた。

2020年の新車販売台数は、登録車(小型乗用車と普通乗用車の合算)、軽乗用車、輸入車のすべてが前年割れとなる厳しい結果となった。具体的には、登録車が前年比-12.2%の247万8832台、軽乗用車が同-10.0%の133万1149台、輸入車が同-14.7%の25万4404台にとどまった。

台数の推移を見ていくと、国産車・輸入車ともに3月から4月にかけて急降下。国産車ではその傾向が翌月まで続き、どん底を迎える。文字通りの雨月である。このグラフの動きからは、緊急事態宣言により人の移動が制限されたことの影響や、先行きの不安からクルマの買い控えが起きたことがうかがえる。逆に5月を過ぎると販売は回復基調に。8月は再び減少に転じたが、これは例年同様の動きであり、決算期である9月をピークに年末に向けて減少傾向となる点も同じである。いずれにせよ、新型コロナ感染症の“第1波”が販売に大きな打撃を与えたことは、一目瞭然だ。

2020年の新車販売台数でトップとなった「ホンダN-BOX」。4年連続の快挙だが、その数は前年比-22.7%の19万5984台と、大きく落ち込んだ。
2020年の新車販売台数でトップとなった「ホンダN-BOX」。4年連続の快挙だが、その数は前年比-22.7%の19万5984台と、大きく落ち込んだ。拡大
グラフ「2020年国産新車販売台数推移」
グラフ「2020年国産新車販売台数推移」拡大
グラフ「2020年輸入新車販売台数推移」
グラフ「2020年輸入新車販売台数推移」拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事