トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型に

2021.01.26 自動車ニュース
トライアンフ・スピードトリプル1200RS
トライアンフ・スピードトリプル1200RS拡大

トライアンフモーターサイクルズジャパンは2021年1月26日、新型スポーツネイキッドモデル「スピードトリプル1200RS」を発表。同日、予約注文受け付けを開始した。

 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大
 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大
 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大
 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大
 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大
 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大
 
トライアンフが「スピードトリプル1200RS」を発表 アグレッシブなロードスポーツが新型にの画像拡大

英国発のストリートファイターがより軽くパワフルに進化

スピードトリプル1200RSは、2018年に日本へ導入された「スピードトリプルRS」の後継機種だ。今回はエンジンもフレームも刷新され、1994年から始まる歴代スピードトリプルの中でも、ひときわ大がかりなフルモデルチェンジとなった。

パフォーマンスが飛躍的に向上している部分がエンジンだ。水冷3気筒という形式は引き継ぎつつ、排気量を1050ccから1160ccに拡大。Moto2(MotoGP世界選手権において、MotoGPに次ぐ上から2番目のクラス)に独占供給しているパワーユニットのノウハウが生かされ、最高出力は180PS/1万0750rpmに達している。この数値は、従来ユニットを30PSも上回り、トライアンフの市販車史上、最もパワフルだ。

トルクも117N・m/7150rpmから125N・m/9000rpmに強化され、レブリミットは650rpm引き上げられた(1万0500rpm→1万1150rpm)。つまり、低回転から高回転まで抜かりなく見直され、扱いやすさと力強さの両立が図られている。

もっとも、どれだけ出力が向上しても車重が増していれば帳消しだ。しかしながら、スピードトリプル1200RSはエンジン単体で7kgも軽くなっており、フレームや排気系の変更も手伝って198kgの装備重量を実現している。これは従来モデルから10kgの軽量化に成功していることを意味し、その結果、パワーウェイトレシオは1.1kg/PSに減少。最新のスーパースポーツにもひけを取らないレベルになった。

足まわりもスーパースポーツに等しい。サスペンションは前後ともオーリンズ製で、フロントにφ43mmの「NIX30」倒立フォーク、リアには「TTX36」モノショックを装備。フロントブレーキキャリパーにはブレンボの新型モノブロックが採用された。タイヤはハイグリップの「メッツラー・レーステックRR」だ。

もちろん、電子デバイスも充実している。走行シーンに応じて、エンジンの出力特性とパワーが最適化されるライディングモードには、「レイン」「ロード」「スポーツ」「トラック」「ライダー」の5パターンが用意された。それぞれのモードはトラクションコントロール、ウイリーコントロール、コーナリングABSとも連動し、バイクのキャラクターをアグレッシブにもマイルドにも仕立てることができる。このほかにも、シフトアップとダウンに対応するクイックシフター、クルーズコントロールといったデバイスを追加。走行中の疲労軽減や快適性にも配慮している。

また、日常シーンで利便性が高いのが、「MyTriumphコネクティビティ」と呼ばれるインターフェイスだ。これはアプリを介してスマートフォンとメーターディスプレイが連動するシステムで、ナビゲーションの表示、通話、音楽の利用、さらにGoProの操作を可能にするというもの。特にツーリングで効果を発揮してくれるに違いない。

価格は199万9000円。デリバリーは2021年4月上旬から順次行われる。

(文=伊丹孝裕)

関連キーワード:
スピードトリプル, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・トライデント660 2020.10.30 画像・写真 英国のバイクメーカーの老舗トライアンフから、660ccの3気筒エンジンを搭載したネイキッドモデル「トライデント660」が登場。既存のラインナップとは趣を異にするトライアンフ久々のブランニューモデルを、写真で紹介する。
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
  • トライアンフ・トライデント660 2021.1.25 画像・写真 トライアンフの新型モーターサイクル「トライデント660」が、東京・渋谷の「代官山 蔦屋書店」に展示された。新開発の水冷3気筒エンジンを搭載した、軽快なミドルクラス・ネイキッドモデルの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ドゥカティ・ムルティストラーダV4 S(6MT)【試乗記】 2021.3.26 試乗記 ドゥカティのスポーティーなアドベンチャーツアラー「ムルティストラーダ」シリーズに、最新の「ムルティストラーダV4」が登場。車名の通り、伝統のLツインではなく新型V4エンジンを搭載したこのモデルからは、革新に臨むドゥカティの本気がうかがえた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る