メーカーの知恵の見せどころ コロナに効く自動車技術はあるか!?

2021.01.27 デイリーコラム

クルマの価値を再認識

借りている駐車場が一気に5000円も値上がりしたのは、この冬の更新でのこと。更新通知の確認をすっかり忘れていた自責ゆえ抵抗はしませんでしたが、それにしても上げすぎじゃね? と不動産屋さんに問うてみました。

「いやもう、このかいわい、まったく駐車場が空いてなくて、特に大型車置けるところは空き待ちの人もいるくらいなんですよ」

思わぬ活況に地主さんが強気になっているというんです。それまではクルマより電車のほうが全然安くて便利、乗るならレンタカーで十分という場所柄、余った月極駐車場がカーシェアに一括貸しされるような状況だったのが、あっという間に買い手市場と化したのは、そう、コロナ禍のせいです。感染防止で公共交通機関には乗りたくない、シェアカーにも触りたくないという人たちが、わらわらとクルマを買いはじめたと。

その変化はうすうす感じてはいました。仕事柄半分、趣味半分で掘り出し物を求めて『カーセンサー』やメーカー系の中古車サイトはちょいちょい検索しているのですが、そこの総掲載台数が、2020年の中ごろにガンガン減っていったんですね。例えばカーセンサーですと大体48万台前後はある掲載台数が42万台あたりに落ち込むこともあったほどで。これ、緊急事態宣言下にあって、待たずとも即納できる中古車を求める方がそれだけ多かったということでしょう。図らずも、はやり病で、時間を問わず個々の空間とペースで移動できるというクルマの基本特性が再認識されたのだと思います。

でも車中におさまったところで、そこは絶対安全地帯ではありません。いかに安心できる空間でいられるか、そのためにメーカーやサプライヤーは知恵を絞り出してきました。

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、個の移動ツールとして自動車に対するニーズは高まった。写真は、自宅にいながらクリックひとつでクルマが注文できる「トヨタ中古車 オンラインストア」のサイトイメージ。セールスマンと対面することなく車両が買えるこうした非接触型サービスも盛んに利用されている。
新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、個の移動ツールとして自動車に対するニーズは高まった。写真は、自宅にいながらクリックひとつでクルマが注文できる「トヨタ中古車 オンラインストア」のサイトイメージ。セールスマンと対面することなく車両が買えるこうした非接触型サービスも盛んに利用されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事