ルノーは新しい「キャプチャー」と「メガーヌ」に期待【輸入車ブランドに聞きました2021】

2021.01.27 自動車ニュース
2020年11月に国内初披露された新型「ルーテシア」。2021年は、そのハイブリッドモデルも上陸する見込み。
2020年11月に国内初披露された新型「ルーテシア」。2021年は、そのハイブリッドモデルも上陸する見込み。拡大

年明け早々、フランス本国で新戦略を発表したルノー。では2021年、日本市場にはどんな新車がやってくるのだろうか? インポーターであるルノー・ジャポンに聞いた。

コンパクトSUV「キャプチャー」もフルモデルチェンジ。新型(写真)については、2021年2月上旬のデビューが予告されている。
コンパクトSUV「キャプチャー」もフルモデルチェンジ。新型(写真)については、2021年2月上旬のデビューが予告されている。拡大
2020年秋には、ピュアスポーツカー「アルピーヌA110」を対象としたカスタマイズプログラムがスタートした。これにより、歴代アルピーヌ車をイメージした“ヘリテージカラー”と呼ばれるボディーカラー(全29色)が選択可能となった。
2020年秋には、ピュアスポーツカー「アルピーヌA110」を対象としたカスタマイズプログラムがスタートした。これにより、歴代アルピーヌ車をイメージした“ヘリテージカラー”と呼ばれるボディーカラー(全29色)が選択可能となった。拡大
「ルノー・メガーヌ」は2021年内にマイナーチェンジモデルが導入される。フランス本国では先行デビューしており、プラグインハイブリッドモデルの新規追加もアナウンスされている。写真は現行型の「メガーヌR.S.トロフィー」。
「ルノー・メガーヌ」は2021年内にマイナーチェンジモデルが導入される。フランス本国では先行デビューしており、プラグインハイブリッドモデルの新規追加もアナウンスされている。写真は現行型の「メガーヌR.S.トロフィー」。拡大

「ルーテシア」のハイブリッドモデルが出る!?

――2020年は、ルノー・ジャポンにとってどんな一年だったのでしょうか?

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、日本のみならずフランスでも非常に大きく、その対応に追われた一年でした。納車や新型車をお待ちいただいているお客さまには、大変ご迷惑をおかけしてしまいました。この場をお借りし、おわび申し上げます。

それでも、秋には「アルピーヌA110」のカラーコレクション「アトリエ アルピーヌ」を導入し、新型ルノー・ルーテシアも発売でき、ほっといたしました。

――現在、お客さまから人気を集めているモデルはどれですか?

新型ルーテシアは、走り、つくりの質感、最新の運転支援装備などクラスを超えたクルマづくりが評価され、ご好評いただいております。コンパクトモデルのイメージが(良い意味で)ガラッと変わりますので、ぜひ試乗をおすすめします。

――アナウンスできる範囲で、2021年の新型車の導入スケジュールを教えてください。

今年は、間もなくコンパクトSUV「キャプチャー」の新型が発売されます。新型ルーテシアと同じプラットフォームを使うことで、こちらのモデルもコンパクトクラスのSUVとは思えない、上質で走りの良い、そしてフレンチデザインが目を引くモデルに仕上がっております。

「メガーヌ」もマイナーチェンジいたします。「R.S.」も健在です。

年後半には、新型ルーテシアのハイブリッドモデルの発売も計画されています。ルノーらしく、走りの楽しいハイブリッドだと聞いておりますので、ご期待ください。

――ファンとユーザー、webCG読者にヒトコトお願いいたします。

昨年は、思うようにクルマをお届けできず、ご迷惑をおかけしてしまったぶん、今年はルノー、アルピーヌともご期待以上の商品、話題をお届けいたします。もしかしたら、サプライズもあるかもしれません。

そしてぜひ皆さまにお願いしたいのが、ルノーF1チーム改め、アルピーヌF1チームのサポートです。ルノー(アルピーヌ)は、これまで以上にF1をはじめとするモータースポーツに力を入れてまいりますので、ぜひご注目いただければと思います。

(まとめと編集=webCG 関)

関連キーワード:
キャプチャー, ルーテシア, メガーヌ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
  • 新型「ルノー・キャプチャー」デビュー 利便性や安全性も大幅向上 2021.2.4 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年2月4日、フルモデルチェンジしたコンパクトSUV「キャプチャー」を同年2月25日に発売すると発表した。新型は車内の空間が拡大されたほか、運転支援システムの強化も図られている。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る