往年の「Eタイプ」を思わせる特別仕立ての「ジャガーFタイプ」 6台限定で上陸

2021.02.01 自動車ニュース
ジャガーFタイプ ヘリテージ60エディション
ジャガーFタイプ ヘリテージ60エディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月1日、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の限定車「FタイプHERITAGE 60 EDITION(ヘリテージ60エディション)」を6台導入すると発表。同日、受注を開始した。

デュオトーンウィンザーレザーをあしらったインテリアのカラーは「キャラウェイ×エボニー」。現行型の「Fタイプ」にはない仕立てとなっている。
デュオトーンウィンザーレザーをあしらったインテリアのカラーは「キャラウェイ×エボニー」。現行型の「Fタイプ」にはない仕立てとなっている。拡大
今回の限定車「Fタイプ ヘリテージ60エディション」(写真右)は、「Eタイプ」(同左)にも採用された「シャーウッドグリーン」のボディーカラーをまとう。
今回の限定車「Fタイプ ヘリテージ60エディション」(写真右)は、「Eタイプ」(同左)にも採用された「シャーウッドグリーン」のボディーカラーをまとう。拡大
生産台数は世界で限定60台。日本市場にはこのうち6台が割り当てられる。
生産台数は世界で限定60台。日本市場にはこのうち6台が割り当てられる。拡大

今回のFタイプ ヘリテージ60エディションは、往年の名車「ジャガーEタイプ」の誕生60周年を記念して設定された特別仕様車。世界限定60台のうち、日本市場では6台が販売される。

ベースとなるのは5リッターV8エンジン(最高出力575PS、最大トルク700N・m)を搭載する「FタイプR クーペ」で、SVビスポークの手になる特別な仕立てがセリングポイントとなっている。

最大の特徴は、ボディーカラーがかつてEタイプに採用された「シャーウッドグリーン」であること。インテリアには、現行型Fタイプでは設定のない「キャラウェイ×エボニー」のデュオトーンウィンザーレザーが使われている。

さらに、ヘッドレストにはEタイプの60周年記念ロゴがエンボス加工されているほか、60台限定のうちの1台であることを表す「SV BESPOKE ONE OF SIXTY」のプレートや、Eタイプのリアビューミラーケーシングのデザインからインスパイアされたアルミニウムコンソールフィニッシャーなどが備わる。

そのほかの特別装備は以下の通り。

  • グロスブラックのロワボディースカート
  • 20インチ“スタイル1041”10スポークグロスブラックインナー/コントラストダイヤモンドターンドスポークフィニッシュ(ユニオンジャックセンターキャップ付き)
  • ブラックブレーキャリパー
  • グロスブラックのサイドベント(ブライトクロームリーパー)
  • ノーブルクロームグリルサラウンド(アウターベント&ロアーバンパースプリットはグロスブラック)
  • Eタイプの60周年記念バッジ
  • Eタイプの60周年ロゴとSVビスポークのロゴの入ったトレッドプレート
  • アルミニウム製のシフトパドル

価格は、Eタイプのデビューイヤーにちなんだ1961万円。FタイプR クーペ(1590万円)比で371万円高となっている。

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, ジャガー, 自動車ニュース