クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第2回:飛ばせばいいってもんじゃない
「ジャガーFタイプ」の街乗り性能を試す

2017.02.23 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る
前回に続き、今回も「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗した。ハイパワーなV8エンジンを搭載する4WDモデルである。
前回に続き、今回も「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗した。ハイパワーなV8エンジンを搭載する4WDモデルである。拡大

ジャガーのピュアスポーツカー「Fタイプ」。その動力性能が最大限に発揮される舞台は、ワインディングロードであり、サーキットだろう。では、ごく普通の道でのふるまいはどうか? 普段使いにおける走りの印象を報告する。

リアビュー。「Fタイプ」のV8モデルには、4本出しのエキゾーストパイプが装着される。
リアビュー。「Fタイプ」のV8モデルには、4本出しのエキゾーストパイプが装着される。拡大
「Fタイプ R AWD クーペ」のインテリア。シートのほかに、ダッシュボードや天井も本革張りとなっている。
「Fタイプ R AWD クーペ」のインテリア。シートのほかに、ダッシュボードや天井も本革張りとなっている。拡大
ドアパネルには、シートの調節スイッチが並ぶ。ランバーサポートやサイドサポートも調整が可能。
ドアパネルには、シートの調節スイッチが並ぶ。ランバーサポートやサイドサポートも調整が可能。拡大
走行時はドアパネルに内蔵されるドアハンドル。ボディーサイドをフラッシュサーフェス化することで、空力性能を高める。
走行時はドアパネルに内蔵されるドアハンドル。ボディーサイドをフラッシュサーフェス化することで、空力性能を高める。拡大

いつでもすごみが伝わってくる

最高出力550ps、最大トルク69.3kgm。0-100km/hの加速タイムは4.1秒――「ジャガーFタイプ R AWD」のスペックは、まさにスーパースポーツのそれだ。しかしその力は、いつでもどこでも解き放てるわけじゃない。もし自分がオーナーになったとしても、大半の時間は、市街地や高速道路の移動に費やされるに違いない。

では、Fタイプと過ごす日々はフラストレーションの連続なのかと言われれば、答えは否である。近所の買い物に連れ出すときも、いつもの交差点で信号待ちしているときも、Fタイプは、高性能スポーツカーに乗っているという自覚と満足感をドライバーに与えてくれる。

なにせ、目の前のメーターは360km/hまで目盛りが刻まれている。それは、普段使いでは縁のない数字だけれど、Fタイプの加速のすさまじさは、法定速度の範囲内でも十分体感できる。Gとともにキャビンに広がる迫力満点の雄たけびも、ドライバーの気分を盛り上げる。

天井まで総革張りのぜいたくなインテリアもまた、街乗りレベルのドライビングを特別なものにしてくれる。とはいえ、ハードコアなサーキット仕様車の非日常性とは違う。ブラックのナッパレザーにオレンジステッチが映えるスポーツシートは、サイドサポートを含む14ウェイの調節機構付き。シートヒーターも備わっている。ストイックなスポーツカーファンは、こうした装備を重量増につながるものとして嫌うかもしれないけれど、快適な環境で運転に集中できるメリットを知ってしまうと、過剰な装備とは思えない。“走りのクルマ”にとっては、歓迎すべきものだろう。

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車

フレンドリーなスーパースポーツ

数あるスポーツカーの中には、スピードを出さなければ楽しめないクルマもある。性能を追求するあまり、運転するのに肉体的な苦痛を伴うものも多い。Fタイプは、そんなマゾヒスティックな感覚とは無縁だ。自然体で運転が楽しめて、いつでも気軽に乗りたくなるというのは、このクルマの大きな魅力のひとつだ。

望めば、静かに走らせることもできる。100km/hで巡航しているときのエンジン回転数(8速)は、1300rpmほど。室内に入ってくるエンジン音や排気音は微々たるもので、メリディアンのサウンドシステムから流れる音楽がさえぎられることはない。

乗り心地そのものは、やや硬め。フロント:255/35ZR20、リア:295/30ZR20という太いタイヤのせいもあるだろうが、走行モードに関わらず、時折コツコツとした突き上げが体に伝わってくる。ただ、何人かに同乗願ったところでは、それが気になるという感想は聞かれなかった。

高性能スポーツカーで気になることの多い斜め後方の視界は、ガラスの面積が広いため意外なほどいい。路肩の幅寄せに苦手意識のある筆者としては、リバースギアを選ぶと自動的に縁石の辺りを示してくれるサイドミラーや、夜間でもよく見えるバックモニターもうれしい装備だ。車幅1925mmのグラマーなFタイプだけれど、予想に反して、駐車場や商店街で取り回しに困ることはなかった。

今回は4WDのメリットを実感できるシーンでは走らせていない。けれど、持ち前のパフォーマンスや日本における雨や雪のことを考えると、FR以外の選択肢があるのはありがたいと思う。スポーツカーは、走ってナンボ。道を選ばず常に安心して楽しめるなら、なお言うことなしだ。

(文と写真=webCG 関 顕也)

とある商店街でのひとこま。「ファイヤーサンド」と名付けられたオレンジのボディーカラーが目を引く。
とある商店街でのひとこま。「ファイヤーサンド」と名付けられたオレンジのボディーカラーが目を引く。拡大
「Fタイプ」のV8モデル「R」には、20インチの大径ホイールが標準で備わる。
「Fタイプ」のV8モデル「R」には、20インチの大径ホイールが標準で備わる。拡大
シフトレバーの隣には走行モードの選択スイッチがレイアウトされる。「ダイナミックモード」を選ぶと、アクセル操作やギアチェンジのレスポンスがより鋭くなる。
シフトレバーの隣には走行モードの選択スイッチがレイアウトされる。「ダイナミックモード」を選ぶと、アクセル操作やギアチェンジのレスポンスがより鋭くなる。拡大
速度に応じて自動的に立ち上がるリアスポイラーは、最大120kgのダウンフォースを発生する。センターコンソールのスイッチによる操作も可能。
速度に応じて自動的に立ち上がるリアスポイラーは、最大120kgのダウンフォースを発生する。センターコンソールのスイッチによる操作も可能。拡大
日本市場で販売された「ジャガーFタイプ」のうち、4WDモデルは2割を占めるという。
日本市場で販売された「ジャガーFタイプ」のうち、4WDモデルは2割を占めるという。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。