ルノー・ルーテシア インテンス(前編)

2021.02.04 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「ルノー・ルーテシア」に谷口信輝が試乗。この新型を、ごくフツーのファミリーカーと侮るなかれ。走りのプロも、その仕上がりには大いに感心したようだ。

思わず「ウフフフ」

この連載で出会って以来、すっかりルノーの「R.S.モデル」のトリコになってしまった谷口信輝。ただし、今回試乗してもらうのはR.S.でもなんでもない、“素”のルノー・ルーテシアである。

新型ルーテシアには発売時点で「ゼン」「インテンス」「インテンス テックパック」の3グレードが用意されているが、先進運転支援システムの装備レベルに差があるくらいで、どれも最高出力131PSの1.3リッターエンジンと7段DCTを組み合わせたヨーロッパではごくフツーのファミリーカーにすぎない。ちなみに、従来型の4代目ルーテシアはヨーロッパのBセグメントで最も販売台数が多かったモデルだったとか。つまり、ごくごくフツーの人が普段遣いするために誕生したコンパクトカーが、このルーテシアなのである。

なお、今回は装備充実の中間グレード、インテンスを箱根のワインディングロードに持ち込んだ。

試乗を開始して間もなく、コーナーに差しかかった谷口の口から「ウフフフ」という声が漏れた。いったい、どうしたのだろうか?
「いや、あのー、やっぱりルノーってメチャクチャ曲がりますね。なんの不安もありませんよ。前輪駆動なのにフロントがしっかり入っていくし、それにリアもちゃんとバランスしてくっついていく。すごいなあ」

繰り返しになるが、谷口が操っているのは装備が豪華なだけで、スペック的にはあくまでもベーシックなグレードである。
「これ、エンジンは何リッターですか?」

その問いかけに1.3リッターであると答えると、「ああ、そうですか。このエンジン、すっごく出足がいいですね。さすがに、そのあとの伸びみたいな部分はそれほどでもないけれど、走りだしの瞬発力はとても気持ちいい。街なかで走らせてもすごくいいでしょうね。ほら、こうやって停車状態から発進しても、かなりパワーが出ているでしょ? 車速域の低いところのレスポンスが、すごく気持ちいいですよね」

 
ルノー・ルーテシア インテンス(前編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(前編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(前編)の画像拡大
 
ルノー・ルーテシア インテンス(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • トヨタが「クルマの進化」まで提供するサービス発表 「GRヤリス」ベースの特別仕様車も設定 2021.6.7 自動車ニュース トヨタ自動車とKINTOは2021年6月7日、「人に寄り添って進化するクルマ」の提供に取り組むとともに、新製品「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス・モリゾウセレクション”」の取り扱いをKINTOを通じて開始したと発表した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • ホンダが新型「シビック」に関する情報をホームページで先行公開 2021.6.10 自動車ニュース 本田技研工業は2021年6月10日、新型「シビック」に関する情報をホームページで先行公開した。ハッチバックスタイルの新型は2021年秋の発売を予定。これに先駆け、同年6月24日に世界初公開される。
ホームへ戻る