「ホンダe」にも手が届く? 電動車にまつわる補助金の話

2021.02.03 デイリーコラム

全部もらえば190万円以上!?

年末に決まった令和2年度の第3次補正予算案に、「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」が盛り込まれました。

要は、自宅の太陽光発電による電力など、再生可能エネルギー電力を100%使うという条件付きながら、外部充電可能な電動車への補助金の大幅増額に加えて、いわゆるV2H(ビークル・トゥ・ホーム)システム設置への補助金も実現したのです。

電気自動車(EV)への補助金の上限は80万円、プラグインハイブリッド車(PHEV)が40万円と、従来の2倍に。また、V2H設備は、上限50万円となっています。

EVやPHEVへの補助金の金額は、航続距離等によって差がつけられているけれど、主なモデルはこんな感じです。

  • 日産リーフ(40kWh):73.7万円
  • 日産リーフe+(62kWh):80万円
  • ホンダe:66.2万円
  • プジョーe-208:67.2万円

加えて東京都の住民なら、EVでもPHEVでも、30万円の補助金(定額)が出ます。2021年度はさらに増額されて45万円に! 場合によっては60万円も! 国と都から全部もらうと190万円ですか。まさに大盤振る舞い。

この金額は、欧州のそれと比べてもまったく遜色ありません。例えばフランスの場合、4万5000ユーロまでのEVへの補助金が7000ユーロ、つまり88万円ほど。都民ならそれを軽く上回れるのです。

電動車に対する環境省からの補助金は車種やグレードごとに細かく定められている。「ホンダe」の場合はベースモデルが66.2万円で、上級グレード「アドバンス」は50.2万円。
電動車に対する環境省からの補助金は車種やグレードごとに細かく定められている。「ホンダe」の場合はベースモデルが66.2万円で、上級グレード「アドバンス」は50.2万円。拡大
プラグインハイブリッド車の上限は40万円。「三菱エクリプス クロス」のプラグインハイブリッド車の場合は全グレードで38.4万円が交付される。
プラグインハイブリッド車の上限は40万円。「三菱エクリプス クロス」のプラグインハイブリッド車の場合は全グレードで38.4万円が交付される。拡大
燃料電池自動車「トヨタ・ミライ」は全グレードで140.3万円が補助される。
燃料電池自動車「トヨタ・ミライ」は全グレードで140.3万円が補助される。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事