クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「ホンダe」にも手が届く? 電動車にまつわる補助金の話

2021.02.03 デイリーコラム

全部もらえば190万円以上!?

年末に決まった令和2年度の第3次補正予算案に、「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業」が盛り込まれました。

要は、自宅の太陽光発電による電力など、再生可能エネルギー電力を100%使うという条件付きながら、外部充電可能な電動車への補助金の大幅増額に加えて、いわゆるV2H(ビークル・トゥ・ホーム)システム設置への補助金も実現したのです。

電気自動車(EV)への補助金の上限は80万円、プラグインハイブリッド車(PHEV)が40万円と、従来の2倍に。また、V2H設備は、上限50万円となっています。

EVやPHEVへの補助金の金額は、航続距離等によって差がつけられているけれど、主なモデルはこんな感じです。

  • 日産リーフ(40kWh):73.7万円
  • 日産リーフe+(62kWh):80万円
  • ホンダe:66.2万円
  • プジョーe-208:67.2万円

加えて東京都の住民なら、EVでもPHEVでも、30万円の補助金(定額)が出ます。2021年度はさらに増額されて45万円に! 場合によっては60万円も! 国と都から全部もらうと190万円ですか。まさに大盤振る舞い。

この金額は、欧州のそれと比べてもまったく遜色ありません。例えばフランスの場合、4万5000ユーロまでのEVへの補助金が7000ユーロ、つまり88万円ほど。都民ならそれを軽く上回れるのです。

電動車に対する環境省からの補助金は車種やグレードごとに細かく定められている。「ホンダe」の場合はベースモデルが66.2万円で、上級グレード「アドバンス」は50.2万円。
電動車に対する環境省からの補助金は車種やグレードごとに細かく定められている。「ホンダe」の場合はベースモデルが66.2万円で、上級グレード「アドバンス」は50.2万円。拡大
プラグインハイブリッド車の上限は40万円。「三菱エクリプス クロス」のプラグインハイブリッド車の場合は全グレードで38.4万円が交付される。
プラグインハイブリッド車の上限は40万円。「三菱エクリプス クロス」のプラグインハイブリッド車の場合は全グレードで38.4万円が交付される。拡大
燃料電池自動車「トヨタ・ミライ」は全グレードで140.3万円が補助される。
燃料電池自動車「トヨタ・ミライ」は全グレードで140.3万円が補助される。拡大

欲しいEVはありますか?

個人的な話で恐縮ですが、我が家は9年前に太陽光発電を設置しております。以来、自家消費に加え、余った電力を固定価格買い取り制度により高値で買い取ってもらっていますが、それは間もなく終了します(10年間)。そうすると、電力買い取り価格は一気に約4分の1に下落します。

そんなタイミングで、こんなおいしい話が決まったわけなので、なるはやでEVを購入したい! なにせ補助金には限度がある。無限に補助するわけじゃなく、予算が尽きたら終わりになるので。太陽光発電への補助金もそうでした。私は滑り込みで100万円くらい補助金をゲットしました。

が、クルマ好きとしては、ここでハタと考えます。

現在売られているEVに、真に欲しいと思えるものがあるだろうか。

いや、いいクルマはいろいろあるけれど、なにせEVにはバッテリー革命が控えている。数年以内にはバッテリーの性能が飛躍的に向上する。確定ではないけれどその可能性が高い。

そんな時に、急いでEVを買うべきだろうか? 確かに100万円補助金が出れば、同クラスのガソリン車とほぼ同額になるけれど、「同額ならEVを選ぶ!」という気持ちになるほど魅力的なEVは、正直まだないのです、個人的には。

今後、飛躍的に性能が向上したEVが登場したら、現在売られている旧世代のEVは、市場価値がガタガタになるだろう。初代「リーフ」の中古車が激安になってるけど、そんなレベルじゃなく下がる気がする。なにせ間もなく革命が起きるんだから(たぶん)。

もちろん、いま本気で欲しいEVがある方には朗報です。なるはやで買うべきです。ただ補助金は納車されてから申請する形なので、いつ買えるか微妙な「ホンダe」は除外ですかね。第2期の受注、まだ間に合うのかな。

EVで80万円、PHEVで40万円という満額を手にできるのは再生可能エネルギー電力に切り替えて環境省からの補助金を受けた場合。切り替えない場合は従来のCEV補助金、または経産省の補助金の対象となり、上限額が低くなる。
EVで80万円、PHEVで40万円という満額を手にできるのは再生可能エネルギー電力に切り替えて環境省からの補助金を受けた場合。切り替えない場合は従来のCEV補助金、または経産省の補助金の対象となり、上限額が低くなる。拡大
EVに対する補助金の額は拡大したが、現時点で筆者には取り立てて欲しいEVがなかった。
EVに対する補助金の額は拡大したが、現時点で筆者には取り立てて欲しいEVがなかった。拡大

その場限りのはかない花火

私は思うのですが、今回のこの補助金増額は、長い目で見るとほとんど無意味じゃないでしょうか。

現在のEVは、日本ではまだ主流になれない。それを少しばかり無理に売ったって、技術の進歩にはつながらず、その場限りの花火で終わる。ならば先を見越して、高速道路のSA/PAの急速充電器の大出力化(例えば150kW)に予算を使うなど、バッテリー革命に備えたほうがいいんじゃないか。長い目で見れば、その方が後押しにならないか。

欧州でEVが急速に普及しつつあるのは、アメ(補助金)に加えてムチがあるから。EVじゃないと街の中心部に乗り入れられなくなりますよとか。人々は恐怖に支配され、EVに走っている。

でも、日本にはまだムチはない。いや、ムチはヤメテ! 痛いのはイヤ。当面火力発電に頼らざるを得ない日本の場合、EVイコール環境にいいわけでもないし。

思えば、再生エネ電力への過度な優遇も失敗だった。私はトクした側ですが、いったん決めた固定価格買い取り制度は、十年二十年とツケを残すだけでなく、コスト削減努力を止めてしまう面もあります。

我が家の太陽光発電パネルはパナソニック製です。9年前、「絶対国産パネルにせねば!」という強い意志を持って選んだのですが、そのパナソニックは先日、パネル生産からの全面撤退を発表しました。高コストにつき国内需要に頼っていたので、今や売り先がなくなったのです。涙。

国産EVがそうならないよう、政府には、大局観を持ったかじ取りが求められると思います。

(文=清水草一/写真=三菱自動車、トヨタ自動車、マツダ、ポルシェ/編集=藤沢 勝)

EVやPHEVに補助金を交付しているのは環境省や経産省、東京都ばかりではない。東京都江東区(10万円)や長野県軽井沢町(30万円を上限とした購入金額の10%)など、市区町村レベルで独自の補助金を設けているところも数多くある。
EVやPHEVに補助金を交付しているのは環境省や経産省、東京都ばかりではない。東京都江東区(10万円)や長野県軽井沢町(30万円を上限とした購入金額の10%)など、市区町村レベルで独自の補助金を設けているところも数多くある。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。