MotoGPのファクトリーマシンをオマージュしたアバルトの特別仕様車「595モンスターエナジー・ヤマハ」登場

2021.02.02 自動車ニュース
「アバルト595モンスターエナジー・ヤマハ」(左)とモンスターエナジー・ヤマハMotoGPの「YZR-M1」(右)。
「アバルト595モンスターエナジー・ヤマハ」(左)とモンスターエナジー・ヤマハMotoGPの「YZR-M1」(右)。拡大

FCAジャパンは2021年2月2日、「アバルト595」に特別仕様車「595 Monster Energy Yamaha(モンスターエナジー・ヤマハ)」を設定し、同日、特設ウェブサイトを通じて予約注文受け付けを開始した。

モンスターエナジーのトレードマークである「クロー(爪痕)」と呼ばれるボンネットステッカー。
モンスターエナジーのトレードマークである「クロー(爪痕)」と呼ばれるボンネットステッカー。拡大
ブラック塗装の専用17インチアルミホイールに、205/40R17サイズのタイヤを組み合わせている。
ブラック塗装の専用17インチアルミホイールに、205/40R17サイズのタイヤを組み合わせている。拡大
ブラックを基調にブルーのラインが入れられた、専用インストゥルメントパネルを採用。
ブラックを基調にブルーのラインが入れられた、専用インストゥルメントパネルを採用。拡大
専用スポーツシートのヘッドレスト部分には、モンスターエナジーのトレードマークや「YAMAHA FACTORY RACING」のロゴがあしらわれている。
専用スポーツシートのヘッドレスト部分には、モンスターエナジーのトレードマークや「YAMAHA FACTORY RACING」のロゴがあしらわれている。拡大

今回のアバルト595モンスターエナジー・ヤマハのベースモデルは、最高出力165PSの1.4リッター直4ターボエンジンを搭載する「595ピスタ」。世界最高峰の二輪ロードレースMotoGPに参戦しているモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのファクトリーマシン「YZR-M1」をオマージュしたボディーカラーをはじめ、特別な仕様・装備が採用されている。世界限定2000台のうち、日本での販売台数は60台。

外装色は、「Nero Scorpione(ネロスコルピオーネ)」(ブラック)と「Blu Podio(ブルーポディオ)」(ブルー)を組み合わせた特別なビコローレ(2トーン)仕上げで、さらにモンスターエナジーの頭文字である「M」を爪痕のモチーフでデザインしたというボンネットのステッカーや、ボディーサイドの「YAMAHA FACTORY RACING」ロゴなどにより、ファクトリーマシンの雰囲気が再現されている。

インテリアでは、外装と同様のモチーフがあしらわれたブルーアクセントカラー入りの専用スポーツシートや、ブラックを基調にブルーのラインが入れられた専用インストゥルメントパネル、専用フロアマットなどが目を引く。また、センターコンソールには限定車専用のシリアルプレートが備わっている。

さらに高性能エキゾーストシステム「Record Monza(レコードモンツァ)」に加え、ブラック塗装の専用17インチアルミホイール、ブラック仕上げのブレーキキャリパーも採用される。

トランスミッションは5段MTと ATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション(MTA)が用意されている。前者は右ハンドルおよび左ハンドルが選べ、後者は右ハンドルのみの設定。各仕様とも台数20台の限定で、価格はMT車 が340万円、MTA車が357万円。応募多数の場合は抽選販売となる。

(webCG)

関連キーワード:
595, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る