100年に一度の変革は100年に一度のチャンス! CASEで伸びる“ものづくり”の技術

2021.02.08 デイリーコラム

自動車が変われば必要となる技術も変わる

世界がコロナ禍に見舞われた2020年は、自動車のCASE(Connected、Autonomous、Share & Service、Electric)が一気に加速した年でもあった。

特に電動化の分野が顕著で、米テスラの株価は年初の10倍以上に高騰し、時価総額はトヨタ自動車の3.44倍に達した(2021年1月末現在)。欧州では新車販売に占める電気自動車(EV)の比率が、2019年の1.9%から2020年第3四半期には9.9%と一気に5倍になった。急激に進む自動車の電動化は、エンジンや変速機、あるいはその部品などを製造してきたサプライヤーにも大きな影響を与える可能性がある。

ただ、エンジンが向こう数年でなくなるわけではない。英国の調査会社であるBNEF(Bloomberg New Energy Finance)の予測では、2040年の時点でも世界の乗用車販売に占めるEVの比率は50%弱。残りの車種はプラグインハイブリッド車(PHEV)やハイブリッド車(HEV)などで、何らかの形でエンジンは残るとされている。産業構造の転換に対応する時間は、まだ残されている。

では、その間に伸びが予想される技術とは、どういった分野のものなのか? 今回は、CASEの時代に求められる“ものづくり”について考えてみたい。

BNEFが予測する、2040年までの乗用車におけるエンジン車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、電気自動車の比率。(資料:BNEF)
BNEFが予測する、2040年までの乗用車におけるエンジン車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、電気自動車の比率。(資料:BNEF)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事