ポルシェ・タイカン ターボ(前編)

2021.02.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。なかでも上位モデルに位置づけられる「タイカン ターボ」の走りを、プロはどう評価する?

笑顔になっちゃう

いつもの箱根のワインディングロードでポルシェ・タイカン ターボに乗り込んだ谷口信輝は、まったく遠慮することなく、アクセルペダルを大きく踏み込んだ。

すると、動き出す瞬間に「ドゥイン」という音を立てたのに続いて、「フヒューーーーーーーイ、ウィーーーーン、ウィイイイイイイイーーーーン」という不思議なサウンドを奏でながら、タイカンは見る間に速度を上げていく。

もっとも、それらはスポーツカーによくある耳をつんざくような大音量ではなく、それよりもはるかに小さなボリュームではあるけれど、そうでなくても静かなキャビンは、モーターとインバーターが発する独特な高周波音に満たされていた。

そんな未来的なサウンドと強烈な加速Gを味わいながら、谷口は「おおおおおお!!」「ウハハハハハ!」「へーーーーー」といった感嘆詞を次々と口にした。箱根の上り勾配をものともせずに駆け上がっていくタイカンの加速感を谷口が満喫しているのは間違いなさそうだ。
「うわー、気持ち悪い(笑)」

そう言いながらも、谷口は満面に笑みを浮かべている。最高出力625PSの電気モーターが、谷口がこれまで操ったどんなモンスターエンジンとも異なる加速感を生み出しているのがその理由だが、それと同時に、谷口はタイカンの異次元の速さを心から堪能している様子だ。

「いやね、電気自動車を買おうかどうか、ちょうど悩んでいるところなんですよ」と谷口。
「いま普段の足として使っているクルマの、発進する、ちょっと加速する、そして止まるときの反応がどうにも鈍くさくて、納得できないんです。そういうところは電気自動車だったらいいかなと思って、探している真っ最中なんです。ただし、いま買おうと思っている電気自動車は、いろいろな事情があってタイカンのようなスポーツカーではなくてSUVなんですが、スポーツカータイプのEVを欲しいと思っている人にとっては最高じゃないんですか、このタイカンは」

 
ポルシェ・タイカン ターボ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ・タイカン ターボ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ・タイカン ターボ(前編)の画像拡大
 
ポルシェ・タイカン ターボ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
  • 新型シボレー・コルベット(後編) 2021.5.31 画像・写真 いよいよ日本でもデリバリーが開始された、8代目となる新型「シボレー・コルベット」。本邦初公開となる「コルベット コンバーチブル」の詳細な姿を、富士スピードウェイで行われた披露会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る