息苦しい時代の福音となるか!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」はどんな思いでつくられた?

2021.02.19 デイリーコラム

“傾向”がないクルマ

2013年末に販売を開始した初代「ヴェゼル」は日本でこの7年余の間に約45万台、世界に目を向けても約120の国と地域で展開され、中国市場の兄弟車「XR-V」等も含めると累計約380万台の販売数をマークしている。これは「CR-V」に次ぐ規模となり、すなわちホンダの屋台骨を支える存在に成長したというわけだ。
「つかみづらいというか偏りがないというか、どの仕向け地も満遍なく売れているし、年齢も幅広ければ性別も関係ない。ヴェゼルって、傾向がないクルマなんですよね」

初代の販売動向について尋ねてみたところ、こう答えてくれたのはフルモデルチェンジが発表された新型ヴェゼルの開発責任者である岡部宏二郎さん。ちなみに岡部さんは初代の開発も担当し、ご自身もそれを所有していたというから、ここ幾年かは公私ともにどっぷりヴェゼル浸りの日々を過ごされてきたのだろう。

初代を知り尽くした御仁が手がける、初代の成功を踏まえたフルモデルチェンジ。そう考えると、見た目の印象ながら、新型の攻めっぷりはなかなかのものだ。なるほど、2020年秋に北京モーターショーで発表されたコンセプトカー「SUV e:concept」のデザインは、この伏線だったのかとも気づかされる。

新型「ホンダ・ヴェゼル」と、その開発責任者を務めた岡部宏二郎さん。長身の岡部さんと並ぶと、クーペライクな新型ヴェゼルのルーフラインは一段と低く見える。
新型「ホンダ・ヴェゼル」と、その開発責任者を務めた岡部宏二郎さん。長身の岡部さんと並ぶと、クーペライクな新型ヴェゼルのルーフラインは一段と低く見える。拡大
2020年9月の北京モーターショーで公開された、コンセプトカー「SUV e:concept」。ホンダの量産型EVの方向性を示すモデルとされていたが、いま見てみると、新型「ヴェゼル」に似ている。
2020年9月の北京モーターショーで公開された、コンセプトカー「SUV e:concept」。ホンダの量産型EVの方向性を示すモデルとされていたが、いま見てみると、新型「ヴェゼル」に似ている。拡大
岡部宏二郎さんは、本田技研工業のシニアチーフエンジニア。車両の商品開発責任者(LPL)として、先代に続いて2代目「ヴェゼル」も担当した。現在プライベートでは「S660」に乗っていて、新型ヴェゼルも購入する予定とか。
岡部宏二郎さんは、本田技研工業のシニアチーフエンジニア。車両の商品開発責任者(LPL)として、先代に続いて2代目「ヴェゼル」も担当した。現在プライベートでは「S660」に乗っていて、新型ヴェゼルも購入する予定とか。拡大
ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY/マツダMX-30(前編)【試乗記】 2021.8.9 試乗記 今や世界的に人気ジャンルとなっているコンパクトSUV。各社が投入するバラエティー豊かな製品のなかから、ホンダの最新モデル「ヴェゼル」とマツダのクーペSUV「MX-30」に試乗。百花繚乱(りょうらん)のマーケットの、今に触れた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.4.22 画像・写真 ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジ。2014年の発売から累計で45万台を売り上げたというベストセラーモデルは、一体どんな進化を遂げているのか。よりクーペらしさを増した外装と、飛躍的に上質感が増した内装を写真で詳しく紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
ホームへ戻る