新型「BMW 4シリーズ カブリオレ」が日本上陸 高性能バージョン「M440i xDriveカブリオレ」も設定

2021.02.25 自動車ニュース
BMW 4シリーズ カブリオレ
BMW 4シリーズ カブリオレ拡大

BMWジャパンは2021年2月25日、「4シリーズ カブリオレ」の新型をオンラインで発表。同日、販売を開始した。同モデルをベースにしたハイパフォーマンスバージョン「M440i xDriveカブリオレ」も設定している。

新たに採用されたソフトトップは、50km/h以下であれば走行中も開閉操作が行える。
新たに採用されたソフトトップは、50km/h以下であれば走行中も開閉操作が行える。拡大
ルーフは従来モデルのリトラクタブルハードトップから、オープン/クローズの動作がいずれも18秒で完了するソフトトップに変更された。
ルーフは従来モデルのリトラクタブルハードトップから、オープン/クローズの動作がいずれも18秒で完了するソフトトップに変更された。拡大
インテリアデザインやインフォテインメントシステムなどは、先に導入された「4シリーズ」(クーペモデル)に準じている。
インテリアデザインやインフォテインメントシステムなどは、先に導入された「4シリーズ」(クーペモデル)に準じている。拡大

今回の4シリーズ カブリオレは、2020年10月16日に導入が発表された新型「BMW 4シリーズ クーペ」がベースのオープントップバージョン。オープン/クローズの動作がいずれも18秒で完了するソフトトップは、リトラクタブルハードトップが採用されていた先代モデル比で40%の軽量化を達成しているという。50km/h以下であれば、走行中でも開閉操作が行える。

ボディーサイズは「420iカブリオレ」の場合で全長×全幅×全高=4775×1850×1395mm、ホイールベースは2850mm。この数値は4シリーズ クーペと同一であり、内外装のデザインやインフォテインメントシステム、ADASなどの装備もクーペに準じたものとなる。

ラインナップは最高出力184PSの2リッター直4ターボエンジンが搭載された420iカブリオレと「420iカブリオレMスポーツ」、最高出力387PSの3リッター直6ターボエンジンが搭載されたハイパフォーマンスバージョン「M440i xDriveカブリオレ」の計3モデル。

価格は以下の通り。

  • 420iカブリオレ:641万円
  • 420i カブリオレMスポーツ:696万円
  • M440i xDriveカブリオレ:1089万円

(webCG)

関連キーワード:
4シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • アウディe-tron 50クワトロSライン(4WD)【試乗記】 2021.3.29 試乗記 アウディの電気自動車ラインナップに正統派SUVスタイルの「e-tron 50クワトロ」が追加設定された。駆動用バッテリーの容量や動力性能は先に導入された「e-tronスポーツバック55クワトロ」よりも控えめになっているが、果たして実際の使い勝手はどうなのか。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
ホームへ戻る