ポルシェ・パナメーラ ターボS(後編)

2021.03.11 谷口信輝の新車試乗 高性能サルーン「ポルシェ・パナメーラ ターボS」に試乗した谷口信輝は、その秀でたところは630PSのパワーだけではないという。プロが高く評価する、この4ドアスポーツカーならではの美点とは?

限界はあるのか?

最新のポルシェ・パナメーラ ターボSを箱根のワインディングロードで操る谷口信輝は、安定しきったコーナリングフォームに気をよくして徐々にペースアップを図っていった。
「いまも結構いいペースですけど、パナメーラはまるでなにごともなく曲がっていきますね」

このときは私も同乗していたが、普通のスポーティーモデルであれば限界が見え始めてもおかしくないペースなのに、パナメーラはまだ安定しきっていて、感覚的には限界の3分の1程度にしか到達していないように感じる。そして、どうやら谷口も同じことを感じたらしく、ここからさらにスロットルペダルを強く踏み込んだのである。

「グイィィィィィイイイーン!」

パナメーラは品のいいエキゾーストサウンドを奏でながら力強く加速していく。
「おー! ホホホホホホ、速い!」

さすがの谷口も630PSのパワーに圧倒されたようだ。
「いやー、さすが3000万円オーバーだけのことはありますね。コーナリングの限界がメチャクチャ高くて、全然ブレーキが必要ない。実は、さっきからコーナーの進入ではまったくといっていいくらいブレーキを踏んでいません。普通、コーナリング中に路面の継ぎ目を乗り越えると接地性が薄れるものですが、このパナメーラは瞬間的に接地性が下がっても、すぐにグリップが回復する。ものすごく安定したコーナリングです」

実は、谷口のここまでのコメントはすべてノーマルモードで走行中に語ったもの。そこでスポーツモードに切り替えると、さらにペースを上げたのである。
「ブウィィィイイイイン!!」

 
ポルシェ・パナメーラ ターボS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・パナメーラ ターボS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・パナメーラ ターボS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ・パナメーラ ターボS(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • レクサスUX300eバージョンL(FF)【試乗記】 2021.3.31 試乗記 トヨタ自動車がかねて「クルマの電動化=電気自動車化」という考え方に対して異を唱えてきたのはご承知の通り。「UX300e」はそんなさなかに導入されたレクサスブランド初のBEVである。その仕上がりやいかに?
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る