クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第38回:カーライフのお供に感謝

2021.03.18 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
「ダッジ・バイパー」近影(といっても2020年11月のものだけど)。筑波サーキット・コース1000の駐車場にて。
「ダッジ・バイパー」近影(といっても2020年11月のものだけど)。筑波サーキット・コース1000の駐車場にて。拡大

アメリカのマッチョなスポーツカー「ダッジ・バイパー」がわが家に来て満5年。方々直して健康になったクルマとは裏腹に、あれやこれやの備品・消耗品が、このほど賞味期限を迎えた。今までカーライフを支えてくれたそれらに感謝し、品評を開陳する。

試走会の舞台となったのは、筑波サーキットのコース1000。「バイパー」だと、だいたい2速と3速だけで走るコースのようだ。
試走会の舞台となったのは、筑波サーキットのコース1000。「バイパー」だと、だいたい2速と3速だけで走るコースのようだ。拡大
最終コーナーを立ち上がる「バイパー」の図。「最後の2つのコーナーは、もっとワイドに使ったほうがいいですよ」とのアドバイスをもらうが、いや怖いんだって!(写真:よっし~さま)
最終コーナーを立ち上がる「バイパー」の図。「最後の2つのコーナーは、もっとワイドに使ったほうがいいですよ」とのアドバイスをもらうが、いや怖いんだって!(写真:よっし~さま)拡大
走行会にていただいた、ケータリングのから揚げ弁当。台湾風、韓国風、ハワイ風と3種類の味つけがあり、記者は台湾風をチョイス。非常に美味&ボリューミーでありました。
走行会にていただいた、ケータリングのから揚げ弁当。台湾風、韓国風、ハワイ風と3種類の味つけがあり、記者は台湾風をチョイス。非常に美味&ボリューミーでありました。拡大
ちなみに、このとき配られたゼッケンは32番。元「ローバー・ミニ」乗りの記者は、無駄に感慨を覚えたのでした。
ちなみに、このとき配られたゼッケンは32番。元「ローバー・ミニ」乗りの記者は、無駄に感慨を覚えたのでした。拡大

8リッターV10で合法トリップ

私の記憶が確かなら……たいていの場合確かではないのだが……わが家にバイパーがやってきたのは2016年10月。気づけばオーナー歴も6年目に突入していた。気の多いギョーカイ関係者からは「まだ売んないの?」なんて言われたりするが、なにをおっしゃるウサギさん。前任だった「ローバー・ミニ」の所有歴(10年)を思えば、むしろこれからが本番でしょう。遠慮なく遊び倒す所存ですよ。

その一環というわけではないが、過日、記者&バイパーはついにサーキットデビューを果たした。といっても鈴鹿サーキットとか富士の本コースとかじゃなくて、筑波の「コース1000」……要するに筑波サーキットのショートコースなんですけどね。

「下手の横好き」とは言ったもので、普段はのほほん運転が板についている記者だが、こうした走行会にはちょくちょく参加している。ウデが上がってる実感はないが、おつむと筋肉を酷使するスポーツとしてシンプルに楽しいし、定期的にこのクルマの挙動を思い出すことは、安全運転にもつながると思うのだ。……というのは建前で、記者の場合はただただ8リッターV10を床まで踏んづけたいという、サルのような欲望が動機である。ヒャッハー。

ただ、こうして走行会で遊ぶとなると問題になるのがタイヤの消耗。この日のイベントは朝から晩まで走り倒すストロングスタイルだったが、昼ごろには、早くも隣パドック(という名の駐車枠)のワーゲン乗り氏に指摘を受けた。

「タイヤ、なんかおかしくないですか?」
「そうなんですよ。前のタイヤはもう替えて3年半で、すっかりゴムが硬化しちゃって」
「いや、後ろもおかしいと思うんですけど」
「? いや、後ろは1年前に履き替えたばかりですよ」

と言ってバイパーの後ろ脚をのぞき込み、戦慄(せんりつ)した。ミゾというミゾがすっかり消滅していたのだ。

ダッジ の中古車

あれもこれも賞味期限

バイパーを含め、マッチョなアメリカンスポーツがガソリン好きなのは知られているが、実はゴムも好物であるのはあまり知られていない。油断するといつの間にかリアタイヤが消えているからオーナーは要注意である。

それにしても、前回は交換してから2年以上もったというのに、今回は1年チョイですか(嘆息)。これはアライメントが狂っていたのか。空気圧の管理が悪かったか……。いや、アライメントも空気圧の管理も、以前のほうがダメダメだぞ。もちろん、タイヤを替えてから異常に走行距離が伸びたなんてこともない。むしろ、コロナ禍でイベントが立ち枯れとなったため、オドメーターの伸びは鈍っているはずなのだ。

この件については、「空気圧を高く設定しすぎたのでは?」「バイパーで一日中サーキットを走ってりゃ、そりゃタイヤはなくなりますよ」などなど、知人や業界関係者よりさまざまな考察をいただいているのだが、恐縮ながら当事者としては、今のところどれもフに落ちない感じ。なんにせよ、ことによってはリアタイヤが1年でダメになることは分かりました。次からは、タイヤ選びも考えんとなあ。

それにしても、ちょうど“そういうサイクル”に入ったのか、今冬はタイヤ以外にも、当連載で触れてきた備品・消耗品がことごとく賞味期限を迎え、買い替えやメンテナンスに万札が飛んでいった。とほほである。しかし、毎回記事内容がとほほ自慢というのもつまらないので、今回はこれを機に、記者&バイパーまわりの主な備品・消耗品の批評を開陳させていただく。いずれも3~4年の使用を経ての評価なので、トーシロの意見とはいえ多少は参考になるもののはず。ご笑覧あれ。

AUTO-Xでつるつるにしてしまったリアタイヤを交換したのは、2019年9月のこと。わずか1年2カ月で、再びタイヤ交換に迫られようとは……。
AUTO-Xでつるつるにしてしまったリアタイヤを交換したのは、2019年9月のこと。わずか1年2カ月で、再びタイヤ交換に迫られようとは……。拡大
以前からの読者ならご存じの通り、記者の「バイパー」は2018年に一度足まわりのトラブルに見舞われており、その際にアライメントの調整を受けている。空気圧についても、以前のほうがチェックは雑だったはずなのだが……。
以前からの読者ならご存じの通り、記者の「バイパー」は2018年に一度足まわりのトラブルに見舞われており、その際にアライメントの調整を受けている。空気圧についても、以前のほうがチェックは雑だったはずなのだが……。拡大
朝から夕方までひたすら走り倒すという、ボリューミーなスケジュールだった走行会。イベント終了時には、日はすっかり暮れていた。
朝から夕方までひたすら走り倒すという、ボリューミーなスケジュールだった走行会。イベント終了時には、日はすっかり暮れていた。拡大
マイカーにラップタイム計測器を装着したのは、これが人生で2度目(お初は10年以上前のジャパン・ミニデイ)。なお、同日の記者のラップタイムは健康診断の結果並みに恥ずかしいものだったので、非公開とさせていただきます。
マイカーにラップタイム計測器を装着したのは、これが人生で2度目(お初は10年以上前のジャパン・ミニデイ)。なお、同日の記者のラップタイムは健康診断の結果並みに恥ずかしいものだったので、非公開とさせていただきます。拡大

【その1】カバーライトのボディーカバー

なんだかんだで、いい買い物したなぁと思えたのがこちら。「みんな使ってるし」と考えもなしにポチッた一品だが、届いてみると厚みがあって質感がよく、通気性、耐候性も申し分なかった。裏地はうっすら起毛していて、これなら「ボディーとのこすれが気になる」なんて御仁も安心。それでもすり傷がつくのではと気になる人は、クルマをお古の毛布かなんかでぐるぐる巻きにするしかないでしょう。

あと、地味にうれしかったのがちゃんとバイパーに合うサイズがあること。前後の裾に強めのゴムが入っていることもあって、フィット感はなかなかのもの。この点は、見た目はもちろん風に対する強さにもつながるのでご注意を。あんまりカバーがあおられると、ボディーとこすれたりゴミをはらんだりしてクルマに傷をつけるし(経験者談)、後述の通り、破ける原因にもなるのでね。

耐久年数は、「日なたで野ざらし駐車、一度かけたら次に乗るまでかけっぱなし」という過酷な使用状況で、だいたい3年。「いや、お前4年くらい使ってたやんけ」というツッコミが聞こえてきそうだが、最後の1年は気合とDIYでもたせた感じだ。

具体的にどこがダメになるかというと、まずは生地の合わせ目。重みのある材質のために負担がかかるようで、台風一過にチェックしたらそこが裂けていた。風の強い日はフロントバルクヘッドのあたりをヒモやベルトでひと巻きして、風をはらむのを防いでやるといいでしょう。

もうひとつ、耐久年数にかかわる劣化として挙げられるのが、生地表面のハゲ。恐らくは紫外線によるものだろうが、細かくひびが入り、ぽろぽろとはがれてしまうのだ。既述の通り保管場所がもろに日なただった記者の場合、これが深刻だった。もっとも、日陰保管の知り合いからは「カバーにカビが生える」(←これはカバーライトに限らず)という報告もあるので、これについては痛しかゆしか。

これら2件の劣化により、このほどついに廃棄となったカバーライトだが、前項で述べた走行会でちょうどアウトレット品が販売されていたので再購入。現在は2代目が元気に活躍中である。

記者がお世話になっている「カバーライト・プレステージ」。5層構造&裏起毛付きという品で、1万0800円(2016年当時)というお値段で購入した。
記者がお世話になっている「カバーライト・プレステージ」。5層構造&裏起毛付きという品で、1万0800円(2016年当時)というお値段で購入した。拡大
裏地はこのような感じ。厚みがあって通気性がよく、ボディーへの攻撃性も低め。耐久性も高いほうだし、コスパはかなりいいと思う。
裏地はこのような感じ。厚みがあって通気性がよく、ボディーへの攻撃性も低め。耐久性も高いほうだし、コスパはかなりいいと思う。拡大
裂け目をホームセンターの粘着テープで補修するの図。しかし、すでに生地表面がぼろぼろになっていたため、あまり効果はなかった……。
裂け目をホームセンターの粘着テープで補修するの図。しかし、すでに生地表面がぼろぼろになっていたため、あまり効果はなかった……。拡大
2020年3月末の涅槃(ねはん)雪から「バイパー」を守る「カバーライト」の図。4年間、ホントにご苦労さまでした……。
2020年3月末の涅槃(ねはん)雪から「バイパー」を守る「カバーライト」の図。4年間、ホントにご苦労さまでした……。拡大
走行会では、普段お世話になっている専門店のコレクションズさんがブースで「カバーライト」のアウトレット品を販売していた。……そんなことよりブース脇の黄色いクルマが気になる。
走行会では、普段お世話になっている専門店のコレクションズさんがブースで「カバーライト」のアウトレット品を販売していた。……そんなことよりブース脇の黄色いクルマが気になる。拡大

【その2】ネグローニのドライビングシューズ

カバーライトと並ぶお気に入りの一品。バイパーでのお出かけはもちろん、ロータスやらモーガンやらケータハムやらといった、足元の狭い3ペダル車の取材時にも重宝した。

ソールの張り出しがなく、靴底がカカトの後ろ側まで回り込んでいるので、運転時にフットスペースのあれやこれやに靴が引っかからない(普通のものだと、場合によっては靴同士が引っかかったりする)……のはドライビングシューズとして当たり前。気に入っているのは、軽かったり、生地が柔らかくて履き心地がよかったりして、普段使いでも痛痒(つうよう)がないところだった。

この手のシューズにしてはデザインがしっとりしている点も◎。仕事柄、メーカーさん&インポーターさんのもとに広報車を借りに行く機会も多いのだが、無駄にバッシュを履きたがる高校生じゃあるまいし、カラフルなス〇ルコやらプー〇やらで電車に乗るのは気恥ずかしいのである。

そんなわけで、ロケにドライブに普段使いにと愛顧していたネグローニだが、かような酷使が災いしてか、このほどついにソールに穴が開いた。こりゃ買い替えかな、と思ってホームページを拝見したら、1万2000円+税でもろもろ修理してくれるとのこと。ウェブで注文して靴を郵送すれば施工してくれるというのが、なんともナウでトレンディーである。まぁ記者の場合、せっかくなので墨田区の工場兼ショールームを訪問させていただきましたが(皆さんとのトークが楽しかったです)。

ちなみに、ブランドに疎い記者は、このとき初めてネグローニがMade in Japanのメーカーだと知った(ホントは購入の際に店員さんから説明されていたのだろうが、完全に忘れていた)。日本における服飾産業の厳しさを知る縫製職人の息子にとって、ちょっと驚きの事実だった。

こちらも長くお世話になっているネグローニ。これを履く以前は「ソールの張り出しが少ないから」という理由だけで、コンバースをドライビングシューズ代わりにしていた。
こちらも長くお世話になっているネグローニ。これを履く以前は「ソールの張り出しが少ないから」という理由だけで、コンバースをドライビングシューズ代わりにしていた。拡大
履き心地もいいし、見た目も落ち着いているしということで、ドライブ以外の用途にも駆り出され続けたネグローニ。哀れ3年半の酷使により、ソールに穴が開いてしまった。
履き心地もいいし、見た目も落ち着いているしということで、ドライブ以外の用途にも駆り出され続けたネグローニ。哀れ3年半の酷使により、ソールに穴が開いてしまった。拡大
ネグローニでは、自社製品の修理やメンテナンスも受け付けている。靴を郵送すれば施工して送り返してくれるそうだが、工場が東京都内にあると知り、せっかくなので訪問することに。
ネグローニでは、自社製品の修理やメンテナンスも受け付けている。靴を郵送すれば施工して送り返してくれるそうだが、工場が東京都内にあると知り、せっかくなので訪問することに。拡大
工場2階のショールームに並べられた、色とりどりのシューズ。スタッフさんは皆クルマ好きで、自動車談義に花が咲いた。
工場2階のショールームに並べられた、色とりどりのシューズ。スタッフさんは皆クルマ好きで、自動車談義に花が咲いた。拡大

【その3】トーヨー・プロクセスR888R

今回の記事を書くきっかけにもなった(このタイミングで賞味期限が切れた)、トーヨーのサーキット用タイヤ。4輪ともに2017年5月に装着。後輪のみ2019年9月に交換し、今日に至る。

この製品については、これまでにもたまに感想を述べてきたが、まあトーヨーさまがおっしゃっていた通り、サーキットへの往復、つまり公道走行にも普通に使えるタイヤだった。最初は左右非対称パターンなのに回転方向の指定がない=装着すると右と左でタイヤの模様が逆になる仕様(というか見た目)にぎょっとしたもんだが、使用上は特に問題ナシ。「ぶーん……」というかすかな音以外、気になるノイズもなかったし、ミゾがあるうちは雨の日も普通に走れた。

ハイグリップタイヤ特有のゴムの柔らかさゆえか、サイドウォールがゴツいわりに乗り心地はしっとり。荒れた路面でもザラゴロは控えめで、総じて下手な公道用タイヤよりよっぽどコンフォートだったと思う。一方で個人的にネックに感じられたのが、わだちや凹凸に敏感で挙動を乱しやすいこと。もっとも、高いグリップ力と切り立ったサイドウォールを思えば仕方ないことでしょう。そもそもこれは、普通のタイヤじゃないんだから。

肝心のグリップ力については、メーカーいわく「公道走行を犠牲にした製品には劣る」とのことだったが、それでも記者には猫に小判。4輪新品時の粘着っぷりは戦慄ものであった。ただし、「Sタイヤは生もの」という定説通り、そのパフォーマンスは永続的なものではなく、かつ性能低下のギャップも大きめ。記者のごとき鈍感なドライバーでも、四半期に一度の走行会で「ん?」「あれ?」と感じられるほどだった。それでも“本気仕様”のタイヤと比べればもつ方……というのは、そこそこにサーキット走行をたしなむ知人の弁である。

それに、経年劣化ですっかり潤いが枯れたフロントも、公道での使用に不安・不満を感じることはなかった。サーキット走行の練習用としてはもちろん、コトによっては「ちょっと変わったスポーツタイヤ」としても使える、存外に柔軟なタイヤなのではないかと思う。……メーカーは推奨しないと思うけど。

トーヨーのサーキット用タイヤ「プロクセスR888R」。従来品の「R888」の性能を保ちつつ、欧州で公道走行用タイヤに課せられる騒音規制をクリアできる静粛性を持たせたものだ。
トーヨーのサーキット用タイヤ「プロクセスR888R」。従来品の「R888」の性能を保ちつつ、欧州で公道走行用タイヤに課せられる騒音規制をクリアできる静粛性を持たせたものだ。拡大
フロントに装着された「R888R」の図。右と左でトレッドパターンが逆向きになっているのが、お分かりいただけるだろう。その筋の人いわく「サーキット用タイヤではありがちなこと」らしいが、これで雨の日も普通に走れるんだから不思議である。
フロントに装着された「R888R」の図。右と左でトレッドパターンが逆向きになっているのが、お分かりいただけるだろう。その筋の人いわく「サーキット用タイヤではありがちなこと」らしいが、これで雨の日も普通に走れるんだから不思議である。拡大
タイヤに詳しい御仁いわく、「トーヨーの製品は、サーキット用タイヤとしてはサイドウォールが柔らかめ」とのこと。それもあってか、公道でも乗り心地は意外にソフトだった。
タイヤに詳しい御仁いわく、「トーヨーの製品は、サーキット用タイヤとしてはサイドウォールが柔らかめ」とのこと。それもあってか、公道でも乗り心地は意外にソフトだった。拡大
2017年初夏のAUTO-Xにて、ロングウッドステーション駐車場の特設コースを走る記者と「バイパー」。(写真:オートクロス事務局)
2017年初夏のAUTO-Xにて、ロングウッドステーション駐車場の特設コースを走る記者と「バイパー」。(写真:オートクロス事務局)拡大

普通のタイヤを履かせてください

そんなこんなで、カバーライトやネグローニともども世話になってきたR888Rだが、冒頭で述べた通り、このほどついに何度目かの臨終を迎えた。フロントについては完全に賞味期限切れ。走行会では頭っからコースを飛び出し、記者はバイパーのオフロード性能を実践で試す羽目になった。一方リアは、自身の手で引導を渡した次第である。

そうとなれば交換だが、カバーライトやネグローニとは違い、こちらはR888R→R888Rの乗り継ぎではなく、他銘柄に変更することに。別にパチパチ君でも不満はないのだが、そろそろサーキット用じゃなくて、フツーのタイヤで公道を走る感覚を思い出したくなったのだ。

とはいえ、何度も言っているように、345/30R19(リア)なんてサイズのタイヤなぞ、そうあるものではない。少ない選択肢の中から、今回は「ニットー・インヴォ」をコレクションズさん(毎度おなじみ相模原のモパー屋さん)経由でお取り寄せすることに。ついでに走行会後のメンテナンス兼1年点検的なものもお願いすることにした。

当初は「クルマを塩漬けにするつもりはないし、取り寄せに時間がかかるようなら他の方法も考えないとなあ」などと心配していたのだが、恐らくは業者さんin USAであるにもかかわらず、意外にも(失礼!)スケジュール通りにタイヤが到着。あとは点検でやっかいなものが検出されないことを祈るばかりである。まぁこれも冒頭で述べた通り、今までに一通り直してきたので大丈夫でしょう、多分。……恐らく、十中八九。

大丈夫だよね?

(webCGほった)

筑波サーキットのコース1000で豪快なオフロード走行を敢行した記者と「バイパー」。アクセルを踏み続けてグラベル脱出には成功したが、その代償としてHREのセンターキャップをひとつ失った。
筑波サーキットのコース1000で豪快なオフロード走行を敢行した記者と「バイパー」。アクセルを踏み続けてグラベル脱出には成功したが、その代償としてHREのセンターキャップをひとつ失った。拡大
次に「バイパー」に装着予定の「ニットー・インヴォ」。グリップ力の強さと静粛性・快適性の高さを同時にうたう、日欧のメーカーではあまり見かけないタイプのタイヤだ。345/30R19サイズは日本ではカタログ落ちしているが、海外では今も健在。
次に「バイパー」に装着予定の「ニットー・インヴォ」。グリップ力の強さと静粛性・快適性の高さを同時にうたう、日欧のメーカーではあまり見かけないタイプのタイヤだ。345/30R19サイズは日本ではカタログ落ちしているが、海外では今も健在。拡大
いつもお世話になっている神奈川・相模原のコレクションズさんにて。今回もよろしくお願いします。
いつもお世話になっている神奈川・相模原のコレクションズさんにて。今回もよろしくお願いします。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ダッジ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。