クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第32回:冬こそキャンピングカーに乗るべきだ!? 極寒車中泊のススメ

2021.03.16 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

人生初のキャンピングカー!

コロナななか、楽し過ぎてちと申し訳ないお話ですが、個人的に大発見がありました。それは極寒車中泊のススメ=キャンピングカーは冬に使ってこそ楽しい! ってお話です。

不肖・小沢、実は昨夏に人生初のキャンピングカーを購入しておりました。ところが正直あまり使えておらず。なぜなら登山も釣りもやらないため、自身に夏向きの趣味があまりないからです。それとコロナ禍でなんとなくはばかられるムードもあり、活動を自然とセーブしておりました。

しかし、冬から春にかけてこそ雪山バカたる小沢コージの出番。残念ながら緊急事態宣言が再発令されてしまいましたが、最初の発令との合間を縫って出かけたらこれが楽しい&快適なこと! 漠然とキャンピングカーって夏に使うものでしょ? と考えがちですが、個人的には冬こそキャンピングカー、全天候かつオールシーズンタイプの春夏秋冬レジャーカーであることを痛感したのです。

ってなわけでこの冬の総決算リポートを!

人生初のキャンピングカーを購入した不肖・小沢コージ。
人生初のキャンピングカーを購入した不肖・小沢コージ。拡大
キャンピングカーはオールシーズン使える春夏秋冬レジャーカーである。
キャンピングカーはオールシーズン使える春夏秋冬レジャーカーである。拡大
トヨタ の中古車

進化する和製キャンピングカー!

人生初購入したのはYouTubeチャンネルのKozziTV』でも先日公開した小型トラックのキャンピングカーです。というのも、現在の日本で選びやすいキャンピングカーはざっくり3種類。それは小沢も乗ってる「トヨタ・カムロード」ベースの「キャブコン(キャブオーバーのコンバージョン)」と「トヨタ・ハイエース」ほかをベースとした「バンコン(バンのコンバージョン)」、そして軽自動車ベースの「軽キャンパー(文字通り軽のキャンピングカー)」です。かつてキャンピングカーといえば全長5m超が当たり前というアメリカからの輸入物が多く、その手も相変わらずキャンピングカーらしくて人気なのですが、ここ20年ほどの間に日本の道幅やサイズ、風土に合わせた進化を遂げた新たなキャンピングカーが続々とつくられており、それがこの3タイプなのです。

ぶっちゃけ価格は張りますが、最も空間効率がいいのはキャブコン。なぜなら全長5m弱×全幅2m強というコインパーキングにギリギリ止められる床面積の中にキングサイズ、もしくはダブルサイズ以上のベッドが前後2カ所と、大人4~5人が同時に座れるダイニングスペースが設けられているのです(小沢号の場合)。イメージ的には「動く2DKマンション」って感じ。

かたやバンコンはハイエースや「日産キャラバン」がベースでこちらもダブルサイズ以上のベッドを2つ設置できますが、1つを片付けないとダイニングスペースがつくれません。そこが夜寝るときに面倒で、イメージ的には「1DKマンション」。

最後の軽キャンパーはベッドルームが1つで、そこがリバーシブル機構によってダイニングにもなる「ワンルームマンション」って感じ。

価格的にはキャブコンが700万円前後でバンコンが500万円前後、軽キャンパーが200万円前後というところ。小沢が購入したのはキャンピングカーの国内最大手であるナッツRVのベストセラー「クレソンボヤージュ」のプレミアムアウトレットモデル。走行3000km以下のプレミアム中古車でクオリティーはほぼ新車並み。装備を含めると新車で800万円以上するシロモノですが、購入価格は668万円! 購入顚末(てんまつ)記や使ってみてのコスパは今後詳しくリポートいたしましょう。

国産最大手キャンピングカーメーカーであるナッツRVの「クレソンボヤージュ」。今は旧モデル扱いで売ってないかも!?
国産最大手キャンピングカーメーカーであるナッツRVの「クレソンボヤージュ」。今は旧モデル扱いで売ってないかも!?拡大
ベース車両は「トヨタ・カムロード」。キャンピングカーユーザーのリクエストに応えてトヨタがつくったもので「ダイナ」(カムロードのさらにベース車)からトレッド幅が変わり、内装も少し豪華に。
ベース車両は「トヨタ・カムロード」。キャンピングカーユーザーのリクエストに応えてトヨタがつくったもので「ダイナ」(カムロードのさらにベース車)からトレッド幅が変わり、内装も少し豪華に。拡大
リアに備わった巨大なベッド。最近のキャンピングカーは家庭用エアコン装備で真夏でも涼しい! しかし当然値段は張る。
リアに備わった巨大なベッド。最近のキャンピングカーは家庭用エアコン装備で真夏でも涼しい! しかし当然値段は張る。拡大
キャビンの上になる部分にも大きなベッドが用意される。
キャビンの上になる部分にも大きなベッドが用意される。拡大

なぜ真冬にキャンピングカーなのか

論より証拠、小沢が緊急事態宣言の再発令前にヤングなメンバー2人と向かったのは群馬県の丸沼高原スキー場です。標高2000mと国内最高峰のゲレンデで、東京から3時間前後でサラサラのパウダースノーが味わえる人気スポット。

そこでまず試したかったのは実は断熱性です。繰り返しますが、キャンピングカーは夏に使うものと思ったら大間違い。

キャンピングカーは何人寝られるか、何人で食事ができるか、車内で大人も立てるか、キッチン、冷蔵庫、最近では家庭用エアコンや電子レンジがあるかといった、まずはスペースや設備の面に注目が集まりがちですが、最大のキモは「断熱性」。ここがオールシーズンで使ううえで最も効いてくる根本的な性能であり、小沢のクレソンボヤージュにも専用の35mm厚の断熱スチレンフォームを樹脂で挟んだパネルが天井とサイド、床に使ってあり、暖房ひとつあれば真冬でも上はTシャツで過ごせるという触れ込みのシロモノなのです。

さらに、キャンピングカーファン以外にはほぼ知られていませんが、もうひとつ重要なのが「暖房性能」。特に最新国産キャンパーではほぼ当たり前となったFF(強制排気)ヒーターがキモ。キャンパーを買ったことを伝えると「一晩中エンジンかけてるんですか」とか「ウルサくないですか」とか聞かれますが、そういうのとは全くの無縁。キャンパー用FFヒーターは、いわばガソリンか軽油を使った専用石油ファンヒーターであり、燃料は別系統を使ってクルマの燃料タンクから取るので給油の手間がないだけでなく、一晩使っても燃料消費量は2リッターくらいと超効率がいい。

車外から吸気して燃焼させるので一酸化炭素中毒の心配がなく、別系統のサブバッテリーで稼働しているため、仮にそちらを使い切ってもメインの鉛バッテリーでエンジン始動はできるし、走り始めればメインとサブを同時に充電するのでバッテリー上がりの心配もありません。

しかも、わがクレソンボヤージュは自慢の専用電装システム「エボライト」を搭載! 3つの高効率なディープサイクル鉛バッテリーによって家庭用エアコンを8時間も動かせます。4~5時間の走行で3つのバッテリーがフル充電になるし、しかも今回は冬でエアコン(=クーラー)を必要としないため、オーディオやパソコン、タブレットを一晩どころか一日中使っていても電気は切れません。ついでに小沢仕様には太陽光パネルも付いているため、よほどのことがない限りバッテリー切れなし! 無人島に行っても給油さえしてれば平気で1週間は暮らせる仕様なのです(無人島で給油できるかはさておき)。

中央のリビングダイニング。机を下に収納して背もたれをはめるとシングルベッドに変身!
中央のリビングダイニング。机を下に収納して背もたれをはめるとシングルベッドに変身!拡大
冷蔵庫は容量90リッターでかなり使い勝手よし。単身者用ワンルームマンションレベル!
冷蔵庫は容量90リッターでかなり使い勝手よし。単身者用ワンルームマンションレベル!拡大
自作の改造キャンパーとの最大の違いは断熱性。天井とサイド、床に住宅用並みの断熱材を3~4重で貼り付けてある。
自作の改造キャンパーとの最大の違いは断熱性。天井とサイド、床に住宅用並みの断熱材を3~4重で貼り付けてある。拡大
たっちょ1号。4歳でスキーを覚え、昨シーズンからスノボに転向。
たっちょ1号。4歳でスキーを覚え、昨シーズンからスノボに転向。拡大
たっちょ2号。3歳からスキーで、昨シーズンからスノボに。
たっちょ2号。3歳からスキーで、昨シーズンからスノボに。拡大

男の実力が試される

実際、小沢は今回3人で2泊3日のスノボ旅を決行しましたが、全く困る気配なし。車内泊は快適至極で大人1人と子供2人がゆったり寝られて食べられるし、スノボが終わったら帰りは日帰り温泉に入って道の駅で飯食って駐車場(に止めたクレソンボヤージュ)で寝るだけ。コスト節約になるし、楽しいのでみんな大喜び。唯一の問題は、電気圧力釜でカレーをつくったらクルマ中がカレー臭くなってしまったことぐらい。つくづくキャンピングカーも換気は大切です。

気になっていた断熱性も問題なく、外気がマイナスになる雪山だけにFFヒーターは常時つけっぱなしでしたが、寝ている間は絞っていたので問題なし。車内の乾燥が多少気になりましたが、そこはタオルを干すことで対応。

ちなみにかかった経費ですが、東京の練馬インターチェンジと群馬の水上インターとの往復で高速代7800円と、往復約500kmで使った軽油約68リッター=約8000円の合計1万5800円が交通費。あとはリフト代と食事代で、ぶっちゃけリフト代が一番かかりました。

最後に、スリリングだったのが雪の坂道。わがクレソンボヤージュは燃費も考えてあえて4WDではなくFR車を選びました。最も気になっていたのが走破性で、そのために装着料込みで13万円以上もするブリヂストンのトラック用スタッドレスタイヤ「ブリザックVL1」を選択。

これがやはり正解で、平地の雪道では乗り心地こそ多少硬めですが、全く問題なくグリップ! 目の前でFFの「ダイハツ・タフト」が往生していた雪坂ではさすがに焦りました。ここではクレソンボヤージュも一度リアタイヤが空転し始めたものの、パーシャルスロットルを駆使してギリギリで脱出!

正直、雪道慣れしてないと厳しい部分もありますが、つくづく冬のキャンピングカー旅は最高!! ついでに男の実力も試されます。

春スノボにも行く予定だし、暖かくなったら別のところにも行くので、またリポートしますね!

(文と写真=小沢コージ/編集=藤沢 勝)

シンクで野菜を洗うほどの作業はしないが、歯磨きや洗顔などに便利。
シンクで野菜を洗うほどの作業はしないが、歯磨きや洗顔などに便利。拡大
キャブコンは空間効率がよくリアベッドの下には2000リッターサイズのラゲッジが。スノーボードから着替え、水タンク、スペアタイヤまで収納可能。
キャブコンは空間効率がよくリアベッドの下には2000リッターサイズのラゲッジが。スノーボードから着替え、水タンク、スペアタイヤまで収納可能。拡大
重量3t超えのキャンピングカー。いつも以上に滑りが怖いのであえて小型トラック用スタッドレスの「ブリヂストン・ブリザックVL1」をチョイス。他よりちと高めだが安全第一!
重量3t超えのキャンピングカー。いつも以上に滑りが怖いのであえて小型トラック用スタッドレスの「ブリヂストン・ブリザックVL1」をチョイス。他よりちと高めだが安全第一!拡大
春シーズンもスノボに行く予定なので、そちらのリポートもぜひ!
春シーズンもスノボに行く予定なので、そちらのリポートもぜひ!拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。