いよいよF1参戦最後の年 ホンダが新骨格パワーユニットに込めた思いとは?

2021.03.19 デイリーコラム

ファイナルイヤーに“まったく新しい”パワーユニット投入!?

2021年のF1開幕戦を翌週末に控えた3月16日、ホンダは報道関係者向けのシーズンプレビューをオンラインで実施した。今季限りでパワーユニットサプライヤーとしての戦いを終えることが決まっている同社だが、見どころの多いファイナルイヤーとなりそうだ。

最も注目すべきは、厚みを増したドライバーラインナップだ。今年もレッドブルとアルファタウリの2チーム体制は変わらないが、アルファタウリには7年ぶりの日本人F1ドライバーとなる角田裕毅が加入し、昨年のイタリアGPで衝撃的な初優勝を飾ったピエール・ガスリーとペアを組むことになった。

さらにトップチームのレッドブルには、昨季サキールGPでの初Vも記憶に新しい安定感抜群のベテラン、セルジオ・ペレスが入り、2020年に2勝を挙げたマックス・フェルスタッペンとタッグを組む。優勝経験者3人と新進気鋭の日本人ルーキーという、期待高まる布陣である。

そんなドライバーたちを後押しするのが、ホンダの1.6リッターV6ターボハイブリッド。シーズンプレビューに登壇した、本田技術研究所の浅木泰昭 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPLは、「パワーユニットは新骨格。まったく新しいエンジンと考えてもらっていい」と言い切った。

その変更は内燃機関たるV6エンジンを中心に行われた。カムシャフトの位置を下げ低重心化し、その上のスペース効率も向上。さらにバルブの挟み角を変えるなどして燃焼室も改良した。またシリンダーの間隔も詰めてコンパクト化されてもいる。最大の狙いは、既に頭打ちの状態だったパワーの向上。もちろん小型化することで車体開発上のメリットも生まれた。

大がかりなバージョンアップのようだが、当然、これだけ新しいことにチャレンジすればトラブルなどもリスクも心配である。F1参戦最後の年に、これだけの冒険に出た背景には、何があったのか?

バーレーンでの合同テストで周回を重ねるレッドブルの今季型マシン「RB16B」。レッドブルにとって、ホンダとのパートナーシップ3年目にして最後の年、パワー向上を狙った新骨格パワーユニットで戦う。
バーレーンでの合同テストで周回を重ねるレッドブルの今季型マシン「RB16B」。レッドブルにとって、ホンダとのパートナーシップ3年目にして最後の年、パワー向上を狙った新骨格パワーユニットで戦う。拡大
シーズンプレビューに登壇した、本田技術研究所の浅木泰昭 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPL。2019年終盤から頭打ちとなったパワーを向上させることが新骨格パワーユニットの最大の狙いであると説明した。(写真=webCG)
シーズンプレビューに登壇した、本田技術研究所の浅木泰昭 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPL。2019年終盤から頭打ちとなったパワーを向上させることが新骨格パワーユニットの最大の狙いであると説明した。(写真=webCG)拡大
初タイトル獲得に期待のかかるレッドブルのマックス・フェルスタッペン。ホンダのターボハイブリッドで2019年に3勝、2020年には2勝をマークしている。2021年の合同テストでは「過去一番の出来」というほど安定して速く、最速タイムも記録した。
初タイトル獲得に期待のかかるレッドブルのマックス・フェルスタッペン。ホンダのターボハイブリッドで2019年に3勝、2020年には2勝をマークしている。2021年の合同テストでは「過去一番の出来」というほど安定して速く、最速タイムも記録した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事