今年で発表50周年! 元祖スーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」の足跡をたどる

2021.03.29 デイリーコラム

“スーパーカー”というジャンルを確立した立役者

「ランボルギーニ・カウンタック」なくしてスーパーカーなどというカテゴリーは存在し得なかったのではないか。50周年を迎えた今、ふとそんなことを考える。例えば現在のスーパーカーラインナップ(スーパーカーの定義はさておいて)に「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の存在をなかったものとしたとき、その品ぞろえはなんとも味気ないものになるのではないか。人はその集合を果たしてスーパーカーと呼んだだろうか。クルマを超えたクルマだ、と?

少なくとも日本におけるスーパーカーブームは、カウンタックによって一世一代のムーブメントとなった。それだけはない。ブームに熱狂したこの時代の子供たちは長じるに及んで日本のクルマ社会をありとあらゆる場面で支える存在となった。ブームの恩恵、ことに自動車産業におけるそれは、甚大である。そして、カウンタックこそ、その核心。

そう考えるとファンでなくともカウンタックの偉大さがよく理解できることだろう。とはいえこのクルマが現代の多くのモデルとは違って、緻密な計画とマーケティングの結果として生まれたものではないことは確かだ。さまざまな偶然によってそのとき生み出された、いや、生み出されなければならなかったクルマ。それゆえ、この形を最初に見た人は“おったまげた!”のではなかったか。車名の由来は皆さん、よくご存じの通り。

「ランボルギーニ・カウンタック」シリーズのプロトタイプとなる「カウンタックLP500」。
「ランボルギーニ・カウンタック」シリーズのプロトタイプとなる「カウンタックLP500」。拡大
ボディーには、市販モデルに装備された箱型のラジエーターやNACAダクトなどはなく、そのぶんガンディーニが意図した“素”のスタイリングがよくわかる。
ボディーには、市販モデルに装備された箱型のラジエーターやNACAダクトなどはなく、そのぶんガンディーニが意図した“素”のスタイリングがよくわかる。拡大
後に「カウンタック」のアイコンとなるシザースドアは、プロトタイプの段階からすでに採用されていた。
後に「カウンタック」のアイコンとなるシザースドアは、プロトタイプの段階からすでに採用されていた。拡大
ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事