フェラーリのオープンPHEV「SF90スパイダー」上陸 14秒で動作が完了する電動ハードトップを搭載

2021.04.02 自動車ニュース
フェラーリSF90スパイダー
フェラーリSF90スパイダー拡大

フェラーリ・ジャパンは2021年4月2日、東京・南青山においてオープントップのPHEV「SF90スパイダー」の日本導入を発表した。すでに注文受け付けを開始しており、同年後半にデリバリーがスタートする見通しだ。

「SF90スパイダー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4704×1973×1191mm。写真はトップを閉めた状態。
「SF90スパイダー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4704×1973×1191mm。写真はトップを閉めた状態。拡大
リトラクタブルハードトップは、オープン/クローズのアクションがそれぞれ14秒で完了する。
リトラクタブルハードトップは、オープン/クローズのアクションがそれぞれ14秒で完了する。拡大
「SF90スパイダー」のインテリア。デザインや機能は、先に登場したクーペボディーの「SF90ストラダーレ」に準じたものになっている。
「SF90スパイダー」のインテリア。デザインや機能は、先に登場したクーペボディーの「SF90ストラダーレ」に準じたものになっている。拡大
軽量なカーボンシェルを用いたバケットシート。
軽量なカーボンシェルを用いたバケットシート。拡大
16インチサイズのフルデジタル曲面メーターが組み込まれたインストゥルメントパネルを採用。
16インチサイズのフルデジタル曲面メーターが組み込まれたインストゥルメントパネルを採用。拡大
システム最高出力1000PSとなる、外部充電が行えるハイブリッドパワートレインを搭載。
システム最高出力1000PSとなる、外部充電が行えるハイブリッドパワートレインを搭載。拡大
前輪駆動による最高速度135km/h、最長25km(公称値)のフル電動走行も行える。
前輪駆動による最高速度135km/h、最長25km(公称値)のフル電動走行も行える。拡大
展示車両には前255/35ZR20、後ろ315/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」タイヤが装着されていた。
展示車両には前255/35ZR20、後ろ315/30ZR20サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」タイヤが装着されていた。拡大

今回のSF90スパイダーは、2019年10月9日に初披露されたフェラーリ初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」に続く、同モデルのオープントップバージョン。ルーフには、センターコンソールのスイッチ操作でオープン/クローズのアクションがそれぞれ14秒で完了するリトラクタブルハードトップ(RHT)が採用されている。

RHTのパーツの多くはアルミニウム製で、軽量・コンパクトに設計されている。一般的な同クラスの電動ルーフシステムが150リッターから200リッターの収納スペースを必要とするのに対して、フェラーリのRHTは収納容量が100リッターに抑えられ、約40kg軽量に仕上げられているという。走行中でも45km/hまでであればルーフの開閉が行える。

ほぼ垂直となるリアウィンドウは、独立して開閉が可能。オープン走行時にリアウィンドウを上げると、キャビンへの風の巻き込みを抑えるディフューザーとして機能する。

SF90スパイダーのボディーサイズは全長×全幅×全高=4704×1973×1191mmで、ホイールベースは2649mm。車重(乾燥重量)は1670kg、前後重量配分は45:55と発表されている。

リアミドの極めて低い位置に搭載されている4リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力780PS、最大トルク800N・mを発生。赤くペイントされたシリンダーヘッドは、ガラス製のリアハッチを通して外部からも確認できるようになっている。

ハイブリッドシステムにおいては、前輪の駆動用として「RAC-e(コーナリングアングルレギュレーター・エレクトリックシステム)」の一部となるモーターが、左右のフロントアクスルに独立して1基ずつ搭載される。さらにF1マシンで開発された「MGUK(モータージェネレーターユニット・キネティック)」と呼ばれるリア用モーターが、エンジンと新開発された8段DCTの間に1基組み込まれている。

これら3基のモーターによる合計出力は220PSで、V8エンジンとモーターを合わせたパワートレインのシステム最高出力は1000PSとなる。車重はSF90ストラダーレよりも100kg重いが、340km/hの最高速度と2.5秒の0-100km/h加速タイムについてはSF90ストラダーレと変わらない。前輪モーターのみによる最高速度135km/h、最長25km(公称値)のフル電動走行も行える。

SF90ストラダーレと同じく、SF90スパイダーにもハイブリッドパワートレイン専用として開発されたドライビングモードセレクター「eマネッティーノ」が搭載されている。EV走行を行う「eDrive」、通常走行時に用いる「Hybrid」、積極的に充電を行う「Performance」、そしてサーキット走行に適した「Qualify」の4種類から任意に走行モードが切り替えられる。

インテリアでは、16インチサイズのフルデジタル曲面メーターが目を引く。フラットボトムデザインのステアリングホイールにはタッチパッドが備わり、コマンドの選択や実行をステアリングから手を離さずに行えるようになっている。

SF90スパイダーの価格は5856万円。専用カーボンリアスポイラーや専用アルミ製ダンパーとチタン製スプリング、専用カーボンインテリアパーツなどが含まれるオプションパッケージ「Assetto Fiorano(アセットフィオラーノ)」は631万4000円となる。

(webCG)

「フェラーリSF90スパイダー」の写真をもっと詳しく見る

関連キーワード:
SF90スパイダー, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリSF90スパイダー 2021.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンは2021年4月2日、オープントップのPHEV「SF90スパイダー」の日本導入を発表した。システム最高出力1000PSの外部充電が行えるハイブリッドパワートレインと、オープンボディーを組み合わせたSF90スパイダーの姿を写真で紹介する。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • ベントレーが新型「コンチネンタルGTスピード」を発表 最高出力659PSの高性能モデル 2021.3.25 自動車ニュース ベントレーのラグジュアリークーペ「コンチネンタルGT」に高性能モデル「スピード」が登場。最高出力659PSの6リッターW12ターボエンジンを搭載しており、動力性能は0-100km/h加速が3.6秒、最高速が335km/hとアナウンスされている。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 「メルセデス・ベンツGLCクーペ」にマットグレーの限定車登場 2021.4.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年4月19日、「メルセデス・ベンツGLCクーペ」に特別仕様車「Magno Night Edition(マグノナイトエディション)」を設定し、100台の台数限定で発売した。
ホームへ戻る