第645回:ダイナミックマップがモビリティーを変える!? 現実空間と仮想空間をつなぐ高精度情報

2021.04.19 エディターから一言
首都高速・生麦ジャンクションのHDマップ。
首都高速・生麦ジャンクションのHDマップ。拡大

道路のかたちを高精度な3次元データにまとめたダイナミックマップ。現在、この「機械が読む地図」がモビリティー業界で注目を集めている。自動運転の実用化にもつながるとされる、キーテクノロジーの可能性を探った。

日本で初めてハンズオフ走行機能を実現した「日産スカイライン」。同車に搭載される「プロパイロット2.0」には、ダイナミックマップ基盤のHDマップが採用されている。
日本で初めてハンズオフ走行機能を実現した「日産スカイライン」。同車に搭載される「プロパイロット2.0」には、ダイナミックマップ基盤のHDマップが採用されている。拡大
世界初の「レベル3」自動運転機能を実現した「ホンダ・レジェンド」。同車のシステムに採用されるHDマップは、ダイナミックマップ基盤のそれをベースに、ゼンリンが独自のデータを加えたものだ。
世界初の「レベル3」自動運転機能を実現した「ホンダ・レジェンド」。同車のシステムに採用されるHDマップは、ダイナミックマップ基盤のそれをベースに、ゼンリンが独自のデータを加えたものだ。拡大

これまでの地図との決定的な違いは“使い手”

2021年4月7日、ダイナミックマップ基盤株式会社は、一般道も含む高精度3次元地図データ(HDマップ)を2023年度に実用化すると発表した。同社は内閣府SIP自動走行システム推進委員会での議論を経て、2016年6月にオールジャパン体制で発足した企画会社を源流とする。2019年3月までに約3万kmの高速道路と自動車専用道路のデータを整備し、量産車両へ搭載された実績もある。

HDマップは自動運転やデジタルインフラの整備に欠かせないものだが、そもそもHDマップとはどのようなもので、既存のデジタルマップとは何が違うのか? 自動運転システムと関連づけて整理してみたい。

さて、世の中には地図を読める人と読めない人がいる。地図を読める人は地図から実世界の移動をイメージできるので、ことあるごとに地図を確認しなくても目的地にたどり着くことができる。一方で、方向音痴の筆者は地図アプリを注視しながら歩いていても方向を見失い、迷子になってしまう。

この違いはどこからくるのか? 知人に尋ねて分かったのは、視点が決定的に違うことだった。筆者は「病院の角を右に進む」と、地図から想像される風景や体の向きによって変化する方向感覚を頼りにしていたのに対し、地図を読める知人は「線路の西側の通りを北に向かう」と、それこそ地図に記載されるような、簡素で変化の少ない情報をもとに進路を判断していた。

地図は文字よりも起源が古いという。位置情報を伝える行為が、人間にとってそれだけ重要だったということだ。長らく手書きや印刷による2次元だったが、この数十年間で日常の地図はほぼすべてデジタルマップに置き換わった。HDマップもそのひとつにあたるのだが、これまでの地図の延長線上に位置づけられるのではなく、新たな方向に分岐した進化版とみるべきだろう。最大の違いは利用主体だ。従来の地図は、人間にとっての分かりやすさを追求し、ランドマークを誇張したり色や形を工夫したりと視覚表現に多くのリソースが割かれている。一方、HDマップは「機械のための地図」なのだ。そこでは、ひたすらに情報の正確性と現実世界との整合性が重視される。

あなたにおすすめの記事
新着記事