富士重工、新型「インプレッサ」を世界初公開【ニューヨークショー2011】

2011.04.07 自動車ニュース

【ニューヨークショー2011】富士重工、新型「スバル・インプレッサ」を世界初公開

富士重工業は、2011年4月20日に開幕するニューヨークショーで、新型「インプレッサ」の4ドア/5ドアモデルを世界初公開する。

4年ぶりという比較的早いサイクルでフルモデルチェンジすることとなった「スバル・インプレッサ」。新型では、アメリカで販売されている4WDの乗用車のなかではトップレベルとなる、36mpg(約15.3km/リッター)の高速燃費を実現するとともに、現行モデルを上回る居住快適性を実現しているという。

同ショーでは、4ドアセダンと5ドアハッチが同時にデビューする予定だ。

(webCG 曽宮)

新型「スバル・インプレッサ」4ドアモデル(北米仕様)
新型「スバル・インプレッサ」4ドアモデル(北米仕様) 拡大

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサスポーツ, スバル, ニューヨークモーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

スバル インプレッサG4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 「スバルWRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」登場 2020.7.6 自動車ニュース スバルは2020年7月6日、スポーツセダン「WRX S4」の仕様を一部変更し、同年8月20日に発売すると発表した。グレードラインナップを「STI Sport EyeSight」に一本化したほか、カタログ燃費の表記をJC08モードからWLTCモードに変更している。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
ホームへ戻る