アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】

2021.04.19 自動車ニュース
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大

独アウディは2021年4月19日、中国で開催中の上海モーターショー2021(会期:4月28日まで)において、「アウディA6 e-tronコンセプト」を世界初公開した。

 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大
 
アウディが「A6 e-tronコンセプト」を世界初公開【上海ショー2021】の画像拡大

幅広い車種に展開可能なEVプラットフォームを開発

A6 e-tronコンセプトは、アウディのEセグメントモデル「A6」シリーズの電気自動車(EV)を示唆するコンセプトモデルであり、プラットフォームにはアウディが主導しつつポルシェとの共同開発となる、「プレミアムプラットフォームエレクトリック(PPE)」を採用している。

アウディでは、このPPEを採用したモデルを2022年後半にラージサイズセグメントに、その後はミドルサイズセグメントにも投入する予定で、そのなかには今回のコンセプトカーの量販版にあたる「A6 e-tron」も含まれるという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.96×1.96×1.44mと、現行のA6シリーズや「A7スポーツバック」などとほぼ同等。流れるようなファストバックスタイルのボディーは空力性能にも優れ、空気抵抗の指標となるCd値をわずか0.22に抑えている。この他にも、サイドビューでは短い前後のオーバーハングや22インチの大径ホイールなどが特徴となっており、またAピラーの基部には、ドアミラーに代えてカメラを用いた「バーチャルエクステリアミラー」が装備されている。

これに対し、フロントマスクは切れ長なLEDヘッドランプとシングルフレームグリル、ドライブトレインやバッテリー、ブレーキなどを冷却する左右一対エアインテークで構成。一方、リアエンドには大型のディフューザーを下部に配置することで空気の乱流を押さえ、前述の優れた空力性能を実現しているという。

ボディーカラーも大きな特徴となっており、太陽光を反射する「ヘリオシルバー」を採用。車内の温度上昇を抑え、エアコンの使用頻度を減らすことで、エネルギー消費の抑制に寄与すると説明されている。

超急速充電に対応する800Vの充電システムも特徴

プラットフォームは既述の通りEV専用設計のPPEで、前後アクスル間に容量100kWhのバッテリーを搭載。フラットなバッテリーレイアウトを実現したPPEは、背の高いSUVはもちろんA6 e-tronコンセプトのように背の低いモデルにも使用可能で、さらにバッテリーサイズとホイールベースを変えることで、さまざまなセグメントの車種へも展開できるという。

一方、パワートレインについてはシステム最高出力350kW、システム最大トルク800N・mの2モーター電動4WDをはじめ、リアアクスルのみにモーターを搭載した1モーターの後輪駆動など、さまざまな仕様を想定。パワートレインの種類にもよるが、一充電走行可能距離は700kmを超えるという。動力性能も強力で、0-100km/h加速は最上位のハイパフォーマンスモデルで4秒未満、効率を重視したエントリーモデルでも7秒未満とされている。

800Vの充電システムもA6 e-tronコンセプト(および将来登場するPPE採用モデル)の特徴で、最大出力270kWの超急速充電器を利用すれば、短時間で大容量のバッテリーを充電できるという。具体的には、300km以上走行できるまでバッテリーを充電するのに必要な時間は10分。また25分以内で、バッテリーを残量5%の状態から80%まで充電できるとされる。

(webCG)

関連キーワード:
アウディ, 上海モーターショー2021, モーターショー, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事