第598回:豊富なバリエーションで電動化時代の旗手となるか? アウディのBEV戦略を読み解く

2019.11.02 エディターから一言
電動ハイパフォーマンスカーのコンセプトモデル「e-tron GTコンセプト」。「Audi Tech Day e-mobility」の会場にて。
電動ハイパフォーマンスカーのコンセプトモデル「e-tron GTコンセプト」。「Audi Tech Day e-mobility」の会場にて。拡大

ここ数年で急速にパワートレインの電動化を進めているアウディ。フォルクスワーゲングループの中で、プレミアムディビジョンを担うこのブランドは、どのような電動化戦略を立てているのか? 本国で開催された“テックデー”の発表内容から読み解く。

手前から、プラットフォームにMEBを用いた「Q4 e-tronコンセプト」、J1パフォーマンスプラットフォームの「e-tron GTコンセプト」、MLB evoの「e-tron」。
手前から、プラットフォームにMEBを用いた「Q4 e-tronコンセプト」、J1パフォーマンスプラットフォームの「e-tron GTコンセプト」、MLB evoの「e-tron」。拡大
アウディの電動化戦略を説明するワークショップ「Audi Tech Day e-mobility」は、2019年10月に独インゴルシュタットで行われた。
アウディの電動化戦略を説明するワークショップ「Audi Tech Day e-mobility」は、2019年10月に独インゴルシュタットで行われた。拡大
アウディ初の量販BEVとして登場した「e-tron」は、内燃機関の搭載を前提としたプラットフォームMLB evoをベースに開発された。
アウディ初の量販BEVとして登場した「e-tron」は、内燃機関の搭載を前提としたプラットフォームMLB evoをベースに開発された。拡大
MLB evoは電動化時代にも、PHEV用の車台として活躍していくものと思われる。
MLB evoは電動化時代にも、PHEV用の車台として活躍していくものと思われる。拡大

車種に応じて4つのプラットフォームを使い分ける

数あるプレミアムブランドの中でも、最も電動化に積極的な姿勢をみせているアウディ。初のBEV(電気自動車)となる「e-tron」はすでに発売済みで(日本導入は2020年央予定)、さらに2018年11月のロサンゼルスモーターショーでは「e-tron GTコンセプト」2019年3月のジュネーブモーターショーでは「Q4 e-tronコンセプト」を発表。PHEV(プラグインハイブリッド車)のラインナップ拡充も著しい。矢継ぎ早に電動車のコンセプトカーや市販車が発表されるので戸惑うが、今回開かれた電動車のワークショップで、その全容が見えてきた。

「ロードマップE」と呼ばれるアウディのeモビリティー戦略では、2025年までに30車種以上の電動車を発売する予定となっている。これは全販売台数の40%に相当し、そのうちの20車種はBEVになるという。

プラットフォームは4種類。e-tronはエンジン車と同じく「MLB evo」、e-tron GTコンセプトは「ポルシェ・タイカン」と共通の「J1パフォーマンスプラットフォーム」、Q4 e-tronコンセプトはフォルクスワーゲンがグループ全体に向けて開発した「MEB」、そしてもうひとつは、現在ポルシェと共同開発している「PPE(プレミアムプラットフォームエレクトリック)」となる。

e-tronが発表された当初は、プラットフォームがBEV専用ではなくエンジン車と同じMLB evoだったことから、「アウディはまだBEVの本格普及が進むかどうか確信が持てずに、様子見の段階だ」ともみられていたが、どうやらそうではなかった様子。たしかにMLB evoはエンジン車用に開発されたが、電動化も視野に入れた設計となっていたため、早いタイミングでBEVを発売するのに適していたのだ。後に出てくるPPEのモデルとセグメントがかぶることにはなるが、エンジン車やPHEVも当面は販売していくので、その役割を終えるのはまだ先の話だろう。PHEVは2019年だけでも「A7スポーツバック」「A8」「Q5」「Q7」と4車種が発表され、2020年以降にもまだ増えていくという。ちなみに日本市場では、いまのところ新たにPHEVを導入する予定はない。

あなたにおすすめの記事
新着記事