プロゴルファー藤田寛之選手 2021年は「レンジローバーFifty」でさらに高みへ

2021.04.22 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバーFifty」とランドローバーのブランドアンバサダー藤田寛之選手。
「ランドローバー・レンジローバーFifty」とランドローバーのブランドアンバサダー藤田寛之選手。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年4月22日、ランドローバーのブランドアンバサダーを務めるプロゴルファー藤田寛之選手に「ランドローバー・レンジローバーFifty」を提供したと発表した。

これまでも長く「レンジローバー」を愛用してきた藤田選手。シートの座り心地がよく体への負担も感じないと、その快適性を高く評価する。
これまでも長く「レンジローバー」を愛用してきた藤田選手。シートの座り心地がよく体への負担も感じないと、その快適性を高く評価する。拡大
「レンジローバーFifty」のエクステリアは、さまざまな場所に「Fifty」ロゴが配置される。
「レンジローバーFifty」のエクステリアは、さまざまな場所に「Fifty」ロゴが配置される。拡大
世界全体で1970台つくられる「レンジローバーFifty」。国内での販売台数は38台限定となっている。
世界全体で1970台つくられる「レンジローバーFifty」。国内での販売台数は38台限定となっている。拡大

藤田選手は、日本を代表するプロゴルファーのひとり。自らに限界を設けず長年にわたり高みを目指し挑戦を続ける姿勢が、ランドローバーのブランド精神である「ABOVE & BEYOND」と合致することから、2017年4月、ランドローバーのブランドアンバサダーに就任している。

今回は、藤田選手の50代でのさらなる活躍を応援する強力なパートナーとして、レンジローバー誕生50周年を記念してつくられた限定車レンジローバーFiftyが用意された。今シーズン、藤田選手は同車とともに全国各地で開催される試合に挑む。

藤田選手のコメントは以下の通り。

「新しい年の開幕直前に、大好きなレンジローバー、しかもレンジローバーFiftyという貴重なモデルをご用意いただき大変うれしく思います。車両のエクステリアなどに刻まれた『Fifty』の文字にレンジローバーの歴史と伝統を感じ、アルバという色も気に入っています。レンジローバーには20年ほど前から乗っていて、試合の移動でも使用し、プロ生活の半分以上をともに戦ってきました。<中略> ツアーでも『レンジローバー=藤田寛之』のイメージが定着してきましたので、ブランドの名に恥じない結果を残していきたいです」

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース