商用車デザインのグローバルな最前線! 三菱ふそうデザインセンター訪問記

2021.05.10 デイリーコラム

商用車メーカーにみるブランド強化の狙い

去る2021年4月14日、三菱ふそうトラック・バスが「デザイン・エッセンシャルズ」と題したメディアイベントを開催して、本来は企業秘密の最前線である同社デザインセンターを報道陣に公開した。

知ってのとおり、三菱ふそうはもともと「三菱自動車工業」の大型トラック・バス部門だった。三菱自動車は2000年に当時のダイムラークライスラー(以下、DC)と資本提携して、そのDC傘下時代の2003年に大型車事業を分社化した。その後、2005年にDCは三菱自動車との資本提携を解消するも、分社化していた大型車事業(=三菱ふそうトラック・バス)だけはそのまま傘下にとどめたのだった。現在の三菱ふそうは、株式の1割強を三菱グループが保有するものの、残りの約9割は独ダイムラーが握っており、正確には(間もなくグループから完全分離される)ダイムラートラックAGの子会社である。そのダイムラートラックは現在、日本の三菱ふそう以外にも、北米トップの大型トラックブランド「フレイトライナー」やインドの「バーラトベンツ」も傘下に置いており、欧米アジアを広くカバーする世界屈指の大型車グループである。

三菱ふそうがこのようなイベントをあえて開催した背景には、“ブランド価値のアピール”がある。もっとも、トラックやバスは個人が気まぐれや好みで選ぶ乗用車とはちがって、大半が法人需要だ。不特定多数にアピールしたところで、商品宣伝に直接的な効果はないと思われるが……。

最大のカギとなるのは“人集め”だ。優秀な人材を確保するためには、若い人たちに会社=ブランドそのものを認知してもらう必要がある。個人向け商品をもたない“BtoB”の企業が、なぜかテレビでCMを打つのも同じ理由だ。また、三菱ふそう関係者は「最近は運送業者さんの求人広告でも、どこのトラックを使っているかをアピールするケースが増えている」と語る。昨今は日本でも「メルセデス・ベンツ」や「スカニア」「ボルボ」など、安全性の高いイメージの欧州トラックを導入するケースがあるが、それもドライバーの確保のためという理由が大きいらしい。これが「三菱ふそうなら、運転手さんも集めやすい」となれば、競合に勝つ大きな理由となるわけだ。

当日はモデラーによるクレイモデルの製作デモも行われた。国際色豊かな三菱ふそうでも、モデラーだけは現在もすべてベテランの日本人だそうだ。
当日はモデラーによるクレイモデルの製作デモも行われた。国際色豊かな三菱ふそうでも、モデラーだけは現在もすべてベテランの日本人だそうだ。拡大
展示されていた次世代大型トラックのスケッチ。
展示されていた次世代大型トラックのスケッチ。拡大
とあるデザイナーのデスクには、1970年代に販売されていた3代目T200型「キャンター」の模型が置かれていた。もちろん非売品だが、かなり欲しい(笑)。
とあるデザイナーのデスクには、1970年代に販売されていた3代目T200型「キャンター」の模型が置かれていた。もちろん非売品だが、かなり欲しい(笑)。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事