ダイムラーからメルセデス・ベンツへ 歴史的な社名変更に見るドイツの巨人の思惑

2021.03.10 デイリーコラム

歴史的瞬間がやってくる

独ダイムラーは2021年2月3日、トラック/バス事業を展開する「ダイムラー・トラック」を非連結化して、年末までに上場を目指す方針を発表した。ダイムラー・トラックを切り離すことで高級乗用車(と小型バン)に特化するダイムラーは、社名を「メルセデス・ベンツ」とあらためて、ダイムラー・トラックの少数株主になる。これらの最終決定は、2021年第3四半期に開催されるダイムラーの臨時株主総会で議決される見込みという。

つまり、われわれがよく知るダイムラー(=旧ダイムラー・ベンツ)は2つの企業に完全分割されることになるわけだ。今回の発表に際して、ダイムラーのオーラ・ケレニウス現CEOは「歴史的瞬間である」と語った。

もっとも、伏線はあった。彼らは2019年11月、持ち株会社のもとにメルセデス・ベンツ部門とトラック/バス部門、そしてモビリティーサービス部門を分社化した新体制へ移行した。しかし、その計画が発表された2017年ごろから、投資家筋ではダイムラー・トラックの完全分離を求める声が高まっていたという。

われわれ普通のクルマ好きにもなじみ深い乗用車や小型商用車事業も、そして大型トラック/バス事業も、自動車事業という意味ではどちらも同じである。現在はトラック専門の日野やいすゞも、かつては乗用車を手がけていた。また、たとえば1990年代の中ごろにまでさかのぼれば、日産や三菱、そしてルノーやボルボ、サーブ・スカニアなど、乗用車から大型トラックまで手がける総合自動車メーカーが少なくなかったことは、中高年の皆さんなら鮮明にご記憶だろう。

1998年まではダイムラー・ベンツを、2007年まではダイムラー・クライスラーを名乗ってきたダイムラー。メルセデス・ベンツに改名された場合は本体からダイムラーの名が外れ、まさに歴史的変更ということになる。
1998年まではダイムラー・ベンツを、2007年まではダイムラー・クライスラーを名乗ってきたダイムラー。メルセデス・ベンツに改名された場合は本体からダイムラーの名が外れ、まさに歴史的変更ということになる。拡大
メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事