レジェンドデザイナーだけが知っている! 1960年代の日産自動車秘史

2021.05.12 デイリーコラム

初代ローレルのエクステリアデザイナー

初代「日産ローレル(型式名:C30)」が誕生50周年を迎えた2018年、そのワンメイククラブであるクラブC30が、ローレルの生まれ故郷である日産村山工場跡地にある日産ディーラー、東京日産 新車のひろば 村山店で里帰りイベントを実施した。以来、同クラブは初代ローレル ハードトップ誕生50周年、そして日産の901運動にちなんだモデルといったテーマを掲げた小規模イベントを同会場で開催している。

2021年4月18日にはその4回目が開かれた。今回のイベント名は「初代ローレル㊥デザイントーク/プリンスの丘パレード2021」で、初代ローレルのエクステリアデザインを担当した元日産のデザイナーで、現在は北海道旭川市に本拠を置くデザイン事務所「北のデザイン研究所」主宰にして東海大学名誉教授である澁谷邦男さんをゲストとして招聘(しょうへい)。メインイベントはもちろん澁谷さんのトークショーである。

澁谷さんは1963年に日産に入社、初代「プレジデント(150)」や初代ローレルのエクステリアデザインに関わった後、1970年に独立。自らデザイン事務所を立ち上げ実務に携わるいっぽうで大学や専門学校で教鞭(きょうべん)を執るという二刀流を長年にわたって続けてきた方である。

トークショーを実施するにあたって、長年教育に携わってきた方だけに、澁谷さんはすべての資料を自らご用意。参加者にトークのレジュメと、初代ローレルの開発タイムラインを中心とした日産在籍時代の詳細な年表を配布してくださった。これらだけでも非常に貴重な資料なのだが、トークショーの話題は初代ローレルのデザインプロセスのみならず、1960年代の日産のデザイン環境や他車種を含めたデザインワークにまで及んだ。質疑応答を含めてたっぷり1時間半近く展開されたトークのなかから、特に印象的だった話題を紹介させていただこう。

今回、集まった初代「ローレル」はセダンが3台、ハードトップ1台の計4台。セダンのうち2台は新車以来の「足立5」のシングルナンバー付きの「デラックスB」だった。手前のゴールドは最初期型である1968年式、シルバーはワイパーを通称“ケンカワイパー”こと対向式から平行式に改めるなどの年次変更が施された1969年式。
今回、集まった初代「ローレル」はセダンが3台、ハードトップ1台の計4台。セダンのうち2台は新車以来の「足立5」のシングルナンバー付きの「デラックスB」だった。手前のゴールドは最初期型である1968年式、シルバーはワイパーを通称“ケンカワイパー”こと対向式から平行式に改めるなどの年次変更が施された1969年式。拡大
ゲストの澁谷邦男さん。1940年生まれで、1963年から70年まで日産に在籍。その後2007年まで東海大学および北海道東海大学、札幌市立高等専門学校でデザイン教育に携わるいっぽうで、デザイン事務所を主宰。日産ディーゼルの大型トラックのデザインなどを手がけた。
ゲストの澁谷邦男さん。1940年生まれで、1963年から70年まで日産に在籍。その後2007年まで東海大学および北海道東海大学、札幌市立高等専門学校でデザイン教育に携わるいっぽうで、デザイン事務所を主宰。日産ディーゼルの大型トラックのデザインなどを手がけた。拡大
澁谷さんが作成、配布してくださったトークのレジュメと初代「ローレル」の開発タイムラインを中心とした年表。
澁谷さんが作成、配布してくださったトークのレジュメと初代「ローレル」の開発タイムラインを中心とした年表。拡大
日産の公式サイトにある「LEGENDS」コーナーより。日産初の女性デザイナーだった島田京子氏の紹介ページに、日産在籍時の澁谷さんの姿がある(下段右から2人目、日産サイトよりスクリーンショット)。
日産の公式サイトにある「LEGENDS」コーナーより。日産初の女性デザイナーだった島田京子氏の紹介ページに、日産在籍時の澁谷さんの姿がある(下段右から2人目、日産サイトよりスクリーンショット)。拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事