「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデル発売

2021.05.25 自動車ニュース
マイナーチェンジが施されたMINIの3モデル。写真左から「クーパーS 5ドア」「クーパーS 3ドア」「クーパーSコンバーチブル」。(写真はすべて欧州仕様車)
マイナーチェンジが施されたMINIの3モデル。写真左から「クーパーS 5ドア」「クーパーS 3ドア」「クーパーSコンバーチブル」。(写真はすべて欧州仕様車)拡大

BMWジャパンは2021年5月25日、マイナーチェンジした「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の国内導入を発表。同日、販売を開始した。

マイナーチェンジを機に、ヘッドランプは全車LEDとなった。
マイナーチェンジを機に、ヘッドランプは全車LEDとなった。拡大
大きくなったフロントグリル。中央部はボディー同色となっている。
大きくなったフロントグリル。中央部はボディー同色となっている。拡大
MINIクーパーS 3ドア
MINIクーパーS 3ドア拡大
全車、ステアリングホイールは本革巻きに。エアコン吹き出し口のデザインも変更された。
全車、ステアリングホイールは本革巻きに。エアコン吹き出し口のデザインも変更された。拡大
センターコンソールには8.8インチセンターディスプレイが備わる。液晶タイプの「マルチディスプレイメーターパネル」は5インチサイズ。
センターコンソールには8.8インチセンターディスプレイが備わる。液晶タイプの「マルチディスプレイメーターパネル」は5インチサイズ。拡大
「ソール・ブルー」「パーリー・アクア」「ジェット・ブラック」の3色で構成される、ユニークな「マルチトーンルーフ」。
「ソール・ブルー」「パーリー・アクア」「ジェット・ブラック」の3色で構成される、ユニークな「マルチトーンルーフ」。拡大
「MINIクーパーS コンバーチブル」のインテリア。
「MINIクーパーS コンバーチブル」のインテリア。拡大
「MINIコンバーチブル」は写真の「クーパーS コンバーチブル」を含む3種がラインナップされる。
「MINIコンバーチブル」は写真の「クーパーS コンバーチブル」を含む3種がラインナップされる。拡大

よりMINIらしく さらに機能的に

モデルライフにおける2度目のマイナーチェンジが施された、MINIの3モデル。「複雑さを削(そ)ぎ落とし、極限までピュアにMINIの個性を際立たせる」というコンセプトのもと、内外装のデザインが変更されたほか、機能性の向上が図られている。

エクステリアにおいては、全車標準となったLEDヘッドライトや、よりフレームを太くしつつ全体的に大きくなったグリルが特徴。従来フォグランプが装着されていたフロントバンパー下部には、新たにエアカーテンが設けられ、デザイン性と空力性能のレベルアップが図られた。バンパーの中央部分は、従来のブラックからボディー同色に変更されている。

ボディーカラーには、新たに「ルーフトップ・グレーメタリック」「アイランド・ブルー・メタリック」が設定され、MINIコンバーチブルでは「ゼスティー・イエロー・ソリッド」も選べる。ルーフの色が車両前方から後方に向かって「ソール・ブルー」「パーリー・アクア」「ジェット・ブラック」と変化する「マルチトーンルーフ」も用意される。

「Trim(トリム)」と呼ばれる新しいデザインパッケージが設定されたのもニュース。最もシンプルな「エッセンシャルトリム」のほか、MINIの伝統的な個性を意識した「クラシックトリム」、スポーティーさが強調された「ジョンクーパーワークストリム」、MINI YOURS(ミニユアーズ)の装備を盛り込んだ「ミニユアーズトリム」の4種類が用意される。このトリムをベースに装備を選択していくことで、ユーザーの好みに合った、より統一感のあるデザインとすることもできる。

一方インテリアは、レザーステアリングホイールやタッチ式の8.8インチワイドカラーのセンターディスプレイが全車で標準に。ドライバーの気分に応じて、ブルーを基調とした「ラウンジモード」に、ゴーカートフィーリングを視覚的に演出する「スポーツモード」と、表示方法が変えられる。そのほか、デジタル表示のマルチディスプレイメーターパネル(「MINI ONE」以外に標準装備)や、中央のエアコン吹き出し口を取り込んだインテリアサーフェスが採用されるなど、モダンで洗練された印象を与える車内空間となっている。

また運転支援システムの強化も図られており、「アクティブクルーズコントロール」には、MINI3ドア/5ドア/コンバーチブルとして初めてストップ&ゴー機能が備わる。レーンディパーチャーウォーニングや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキも標準化された(MINI ONEを除く)。

MINI SOSコールやテレサービスなどが利用可能な通信機能「MINI Connected」も全車に備わっている。2021年4月にリニューアルされたスマートフォンアプリ「MINI App」を使えば、乗車することなく、車両の状態が確認でき、キーのロック/アンロック、ヘッドライトの点灯、車内換気などが遠隔で行える。スマートフォンの地図機能との連携、ディーラーへの入庫予約リクエストも可能だ。

ラインナップと価格は以下の通り。

【MINI 3ドア】

  • MINI ONE 3ドア(FF/7AT):273万円
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT):329万円
  • MINIクーパーD 3ドア(FF/7AT):342万円
  • MINIクーパーS 3ドア(FF/7AT):397万円
  • MINIジョンクーパーワークス 3ドア(FF/8AT):482万円

【MINI 5ドア】

  • MINI ONE 5ドア(FF/7AT):290万円
  • MINIクーパー 5ドア(FF/7AT):346万円
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/7AT):359万円
  • MINIクーパーS 5ドア(FF/7AT):414万円
  • MINIクーパーSD 5ドア(FF/8AT):427万円

【MINIコンバーチブル】

  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/7AT):385万円
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT):453万円
  • MINIジョンクーパーワークス コンバーチブル(FF/8AT):538万円

(webCG)

◆マイナーチェンジしたMINI(国内仕様)のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINIコンバーチブル, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル 2021.5.25 画像・写真 マイナーチェンジが施された、3タイプのMINI(3ドア/5ドア/コンバーチブル)が上陸。2021年5月25日、国内での販売がスタートした。その発表会場に並べられた、最新型の姿を写真で紹介する。
  • 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデル発売 2021.5.25 自動車ニュース BMWジャパンは2021年5月25日、マイナーチェンジした「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」を発売した。最新型は内外装のデザインが改められるとともに、運転支援システムやコネクテッド機能が強化されている。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
ホームへ戻る