第231回:路上トラブルに注意 ドライバーは異常者かも……
『アオラレ』

2021.05.27 読んでますカー、観てますカー

あおり男はラッセル・クロウ

実にタイムリーな映画である。このところ、日本ではあおり運転が社会問題化していたからだ。2019年8月に常磐自動車道で起きた事件が発端となり、マスコミで取り上げられるようになった。白いSUVが蛇行運転を繰り返して進路をふさぎ、無理やり停車させたクルマに乗っていた男性を殴りつけたのだ。ドライブレコーダーの映像がワイドショーで何度も流され、同乗していた女性が“ガラケー女”と呼ばれるように。その後も似たような事例が続出したことで法的な対応が迫られ、道路交通法が改正された。

アメリカでもあおり運転はあるだろう。ただし、『アオラレ』があおり運転映画だと思うのは間違いだ。原題は『unhinged』である。hinge、つまりちょうつがいが外れた状態、転じて精神が錯乱した状態を示す言葉だ。あおり運転をするのは心に問題を抱えている人間に違いないが、この映画のあおり男は常軌を逸している。殴るどころか、結構な数の人を殺すのだ。演じるのはラッセル・クロウである。規格外のパワーで突進するから、止めるすべはない。

映画の冒頭では、彼がいらついた様子で結婚指輪を外し、クルマを降りて住宅のドアを破壊する。起きて出てきた住人は一撃でノックアウト。目には狂気が宿る。イッちゃってる状態だ。怒りが頂点に達し、ずっと寝ていないのだろう。睡眠不足のままクルマを運転していることが、後で悲劇を生むことになる。彼には役名がない。“The Man”としか表記されていないということは、誰もが彼のような人間になりうるということなのだろう。

©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.拡大
 
第231回:路上トラブルに注意 ドライバーは異常者かも……『アオラレ』の画像拡大
 
第231回:路上トラブルに注意 ドライバーは異常者かも……『アオラレ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事