第33回:スクープ! トヨタが自動車版「Android」を開発していた

2021.06.01 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

YOUは何しに日本へ?

いやはや驚きましたわ。

先日、東京・お台場で行われたSIP試乗会にて。そもそもSIPとは「戦略的イノベーション創造プログラム」の略で、ぶっちゃけ日本が世界に遅れそうな産業やハイテクを国を挙げてトップダウンで後押ししようという壮大なる計画。

ざっくり「次世代パワーエレクトロニクス」「次世代農林水産」「スマート物流サービス」などのメニューがあり、そのひとつに「自動運転」も選ばれている。その結果、みんなで地図情報を共有するためのダイナミックマップ基盤株式会社がつくられたし、今回トヨタにホンダ、日産、スバルにメガサプライヤーのコンチネンタルまで集結する大試乗会が行われたわけだけど、小沢が最も驚いたのはトヨタ肝いりの先進運転支援システム「トヨタチームメイト」が搭載された新型「ミライ」について。

単純にクルマのデキに感心した一方で、ホンダに負けじと自動運転レベル3を投入しなかったことには拍子抜け。しかし、それ以上に驚いたのは、トヨタがクルマ版「Android」ならぬ“トヨタOS”をつくっていたというハナシ。それもあのシリコンバレーから来た、“トヨタ版イーロン・マスク”こと才気あふれるジェームス・カフナーさんが直々に腕を振るってだ。

ってなわけで、それを明かしてくれたトヨタチームメイトの開発担当にしてカフナーさんの元にいるやり手エンジニア、川崎智哉さんを直撃!

東京・お台場で開催されたSIP試乗会に参加。新型「トヨタ・ミライ」に搭載された運転支援システム「トヨタチームメイト」を体感した。
東京・お台場で開催されたSIP試乗会に参加。新型「トヨタ・ミライ」に搭載された運転支援システム「トヨタチームメイト」を体感した。拡大
「トヨタチームメイト」の開発を担当した川崎智哉さん(写真左)を直撃! あれこれ聞き出してみた。
「トヨタチームメイト」の開発を担当した川崎智哉さん(写真左)を直撃! あれこれ聞き出してみた。拡大
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

トヨタ ミライ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ミライZ(RWD)【試乗記】 2021.3.5 試乗記 フルモデルチェンジでがらりと見た目の変わったトヨタの燃料電池車「ミライ」。大型FR車用のプラットフォームを用いたパッケージングや走り、そして一新された内外装デザインなど、純粋に“魅力あるクルマ”を目指したというが、果たしてその進化やいかに。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデル発売 2021.5.25 自動車ニュース BMWジャパンは2021年5月25日、マイナーチェンジした「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」を発売した。最新型は内外装のデザインが改められるとともに、運転支援システムやコネクテッド機能が強化されている。
  • メルセデス・ベンツが一部SUVモデルの価格を改定 3万円から6万円の値上げ 2021.5.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年5月19日、日本で販売する一部SUVモデルの価格を改定し、同日、新価格を適用すると発表した。対象となるのは「GLE400d 4MATICスポーツ」や「GLE400d 4MATICクーペ スポーツ」など4モデル。
  • 「メルセデス・ベンツG400d」登場 パワーアップした3リッター直6ディーゼル搭載 2021.5.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年5月19日、クロスカントリーモデル「メルセデス・ベンツGクラス」に最高出力330PS、最大トルク700N・mを発生する3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「G400d」を設定し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る