ボルボが新型電気自動車「C40リチャージ」の注文受け付けをスタート

2021.06.03 自動車ニュース

スウェーデンのボルボ・カーズは2021年6月2日(現地時間)、100%電気自動車(EV)「ボルボC40リチャージ」の注文受け付けを開始した。

C40リチャージは、同年3月2日(現地時間)にオンラインで発表されたボルボ初のEV専用モデルとなるクロスオーバーEVである。現在欧州ではオランダとノルウェーに続き、同年6月3日にスウェーデンと英国で注文受け付けを開始。その他の市場では今後数週間のうちに順次発売し、日本への導入は今秋を予定している。

ボルボが今後導入するすべてのEVはオンライン販売のみとなり、C40リチャージも同様である。同モデルのパワートレインは前輪と後輪に1つずつ搭載されたツイン電気モーターで構成され、約40分で80%まで急速充電できる容量78kWhのバッテリーを搭載。航続距離は約420kmを想定し、今後ソフトウエアのアップデートによりさらに向上していく予定であるという。

C40リチャージは「XC40リチャージ」と同じく、ベルギーのゲントにあるボルボ・カーズの製造工場で今秋に生産を開始するとアナウンスされている。

(webCG)

ボルボC40リチャージ
ボルボC40リチャージ拡大

関連キーワード:
C40リチャージ, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る