クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボ C40リチャージ 試乗記・新型情報

ボルボ C40リチャージ 試乗記 ボルボ C40リチャージ ニュース ボルボ C40リチャージ 画像・写真
  • 2022.11.1 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボが電気自動車「C40」「XC40」の価格を改定 60万円の値上げを実施

    ボルボ・カー・ジャパンが、SUVタイプのEV「C40」およびコンパクトSUV「XC40」のEVモデルに価格改定を実施。一律60万円の値上げを実施した。今回の価格改定は原材料価格等の上昇に伴うものとされており、新価格は2022年11月8日より適用される。

  • 2022.10.14 試乗記 生方 聡

    ボルボXC40リチャージ (4WD)/C40リチャージ(FWD)【試乗記】

    着々と電動化の歩みを進めるボルボは、すでに日本でも「C40リチャージ」と「XC40リチャージ」の2車種の電気自動車をリリースしている。今回は前者の前輪駆動モデルと後者の四輪駆動モデルを連れ出し、それぞれの個性の違いを探ってみた。

  • 2022.8.11 あの多田哲哉の自動車放談 多田 哲哉

    ボルボC40リチャージ ツイン(後編)

    ボルボを大いにリスペクトしている、エンジニアの多田哲哉さん。それでも初の量産型電気自動車「C40リチャージ ツイン」には、首をかしげたくなる点がいくつかあるようで……。一体、どんなところが気になるのだろうか?

  • 2022.8.4 あの多田哲哉の自動車放談 多田 哲哉

    ボルボC40リチャージ ツイン(前編)

    元トヨタのチーフエンジニア多田哲哉さんが今回試乗したのは、100%電気自動車として開発されたボルボのクロスオーバーSUV「C40リチャージ ツイン」。プロが注目する、この北欧メーカーならではのクルマづくりとは?

  • 2022.7.17 池沢早人師の恋するニューモデル 池沢 早人師

    ボルボC40リチャージ ツイン(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、ボルボの電動SUV「C40リチャージ ツイン」に試乗。これまで70台を優に超える愛車遍歴を持つ漫画界のレジェンドは、“デンキのボルボ”に何を感じたのか。

  • 2022.7.10 池沢早人師の恋するニューモデル 池沢 早人師

    ボルボC40リチャージ ツイン(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、電動SUV「ボルボC40リチャージ ツイン」に試乗。これまでほとんどボルボのステアリングを握ったことがないという漫画界のレジェンドは、デンキで走るボルボをどう評価する?

  • 2022.7.6 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボの主要モデルが一挙に仕様変更 「アルティメット」と「プラス」を基本とするグレード構成に

    ボルボ・カー・ジャパンは2022年7月6日、「XC40」および「60シリーズ」「90シリーズ」のラインナップと仕様を変更して発売した。グレードラインナップを「アルティメット」「プラス」を基本とする構成に変更したほか、「XC40」には初めてのフェイスリフトを施している。

  • 2022.6.13 試乗記 佐野 弘宗

    ボルボC40リチャージ ツイン(4WD)【試乗記】

    ボルボの電気自動車第1弾として日本上陸した「C40リチャージ」。初号機ゆえに記録に残るのはもちろんだが、そのドライブフィールは乗った人の記憶にもまた強く残ることだろう。独特なのはクーペ風のスタイリングだけではなかった。

  • 2022.4.29 From Our Staff CAR GRAPHIC 編集部

    『CAR GRAPHIC』2022年6月号発売 2台のV6フェラーリを堪能

    『CG』2022年6月号では、フェラーリが開発した新旧V6ミドシップスポーツを紹介。いま最も注目されている電気自動車の、JARI(日本自動車研究所)における性能計測や比較試乗も必見!

  • 2022.3.25 試乗記 生方 聡

    ボルボC40リチャージ ツイン(4WD)【試乗記】

    2030年の全ラインナップEV化を宣言したボルボにとって、ブランド初のEV専用モデル「C40リチャージ」は、その先鋒(せんぽう)たる重要な存在である。408PSの最高出力やフル充電で485kmの航続距離を誇る、北欧製EVの走りやいかに。

  • 2022.3.18 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボのBEV「C40リチャージ」に前輪駆動のエントリーモデル登場

    ボルボ・カー・ジャパンは2022年3月18日、電気自動車「C40リチャージ」のモデルラインナップにシングルモーターの前輪駆動モデル「C40リチャージ プラス シングルモーター」を追加設定するとともに、一部仕様を変更し、同年4月21日に発売すると発表した。

  • 2022.3.11 自動車ニュース webCG 編集部

    「ボルボC40リチャージ」が装備変更とともに値下げ

    ボルボ・カー・ジャパンが電気自動車「C40リチャージ」の一部仕様を変更。半導体不足を理由にヘッドランプとフォグランプをダウングレードしたほか、価格を719万円から699万円に引き下げている。

  • 2022.3.8 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボが「C40リチャージ」に前輪駆動モデル追加 EVラインナップを拡充

    スウェーデンのボルボ・カーズは2022年3月4日(現地時間)、これまで四輪駆動モデルのみだったピュアEV「C40リチャージ」に、新たに前輪駆動モデルを追加設定すると発表した。

  • 2022.1.20 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボが電気自動車「C40リチャージ」のオンライン販売を開始

    ボルボ・カー・ジャパンは2022年1月20日、クロスオーバータイプの電気自動車「C40リチャージ」のオンラインでの販売開始と、オンライン販売をサポートするボルボ・カスタマーリレーションセンターの新設を発表した。

  • 2021.11.18 画像・写真 webCG 編集部

    ボルボC40リチャージ

    2030年の全ラインナップ電気自動車(EV)化をうたうボルボ。その先兵となるのが、ブランド初のEV専用モデル「C40リチャージ」だ。システム最高出力408PS、一回の充電で走れる距離はおよそ485kmという北欧製の最新EVを、写真で紹介する。

  • 2021.11.18 試乗記 大谷 達也

    ボルボC40リチャージ(4WD)【海外試乗記】

    ボルボでは初となるEV専用のクロスオーバーモデル「C40リチャージ」。上質なマナーをみせつつも活発さが印象的なその走りは、全ラインナップ電動化へと舵を切った、このブランドの今後を象徴するかのようだった。

  • 2021.11.18 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボのクロスオーバー型電気自動車「C40リチャージ」上陸

    ボルボ・カー・ジャパンは2021年11月18日、新型EV「C40リチャージ」の国内導入を発表した。車体前後に計2基のモーターを搭載する4WDのクロスオーバーモデルで、システム最高出力408PSを発生。0-100km/h加速は4.7秒でこなす。

  • 2021.6.3 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボが新型電気自動車「C40リチャージ」の注文受け付けをスタート

    スウェーデンのボルボ・カーズは2021年6月2日(現地時間)、100%電気自動車「ボルボC40リチャージ」の注文受け付けを開始した。同車はオンラインでの販売のみとなり、日本への導入は今秋を予定している。

  • 2021.3.3 自動車ニュース webCG 編集部

    ボルボが新型EV「C40リチャージ」の日本導入を発表 2030年に販売モデルすべてを完全EV化

    ボルボ・カー・ジャパンは2021年3月3日、新型電気自動車「ボルボC40リチャージ」のデザインプロトタイプを初公開し、市販モデルを同年秋に導入すると発表した。オンラインのみでの販売で、新しいサブスクリプションプランも用意する。

ボルボ C40リチャージの記事を読んだユーザがよく見る車種の新型情報
関連サービス(価格.com)
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。