新型「レクサスNX」は2021年秋発売 プラグインハイブリッド車も設定

2021.06.12 自動車ニュース
新型「レクサスNX」。写真はスポーティーグレード“Fスポーツ”のもの。(※以下、写真はすべて海外仕様車)
新型「レクサスNX」。写真はスポーティーグレード“Fスポーツ”のもの。(※以下、写真はすべて海外仕様車)拡大

トヨタ自動車は2021年6月12日、フルモデルチェンジしたレクサスブランドのSUV「NX」を世界初公開した。国内における発売時期は、同年秋ごろになる見込み。

一段と塊感が強調された新型「NX」のエクステリア。「艶(つや)やかな造形」とも表現されている。
一段と塊感が強調された新型「NX」のエクステリア。「艶(つや)やかな造形」とも表現されている。拡大
長めのボンネットと切り詰めたリアが印象的な新型「レクサスNX」。ボディーサイズは従来モデルに比べ、わずかに拡大された。
長めのボンネットと切り詰めたリアが印象的な新型「レクサスNX」。ボディーサイズは従来モデルに比べ、わずかに拡大された。拡大
L字をかたどったリアコンビランプ。左右のランプはセンターのバーで連結されている。
L字をかたどったリアコンビランプ。左右のランプはセンターのバーで連結されている。拡大
「イノベーティブな機能や技術をシンプルな意匠でデザインした」とアピールされる新型「NX」のインテリア。
「イノベーティブな機能や技術をシンプルな意匠でデザインした」とアピールされる新型「NX」のインテリア。拡大
ドライバーオリエンテッドなデザインのコックピット。14インチのセンターディスプレイはドライバー側に向けられている。
ドライバーオリエンテッドなデザインのコックピット。14インチのセンターディスプレイはドライバー側に向けられている。拡大

次世代レクサスの礎として進化

2014年7月に都会派クロスオーバーとして誕生したレクサスNX。同ブランドのグローバルコアモデルと位置づけられる新型では、開発コンセプトを生命的な躍動感(Vital)と先進技術(Tech)を融合したスポーツギアを表す「Vital x Tech Gear」と定め、駆動力コントロールや空力性能の向上、軽量化といった基本性能の磨き上げを行ったという。

車台には、板厚を増やし補強パネルを追加するなどした改良型GA-Kプラットフォームを採用。ボディーのサイズは全長×全幅×全高=4660×1865×1640mmと、従来型に比べて20mm長く、20mm幅広く、5mm高くなっている。ホイールベースは+30mmの2690mmである。

エクステリアデザインについては、グリル面を直立させるなどして塊感を強調。リアはオーバーハングを切り詰めて軽快感を演出しつつ、車体後方へと向かうベルトラインをキックアップさせることでキャビンの凝縮感も強調した。彩色を黒基調にしてL字型のデイタイムランニングライトを際立たせたヘッドランプや、左右を一文字につなげたリアコンビランプも特徴のひとつ。ドアからガラス面にかけての段差を抑え、エンジンアンダーカバーをディンプル形状とするなど、空力性能にもこだわりをみせる。

一方インテリアは、2019年に発表されたコンセプトモデル「LF-30エレクトリファイド」で提案した「Tazuna Concept」なる思想に基づいてデザインされており、ステアリングホイール上のタッチセンサーとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、運転に集中したまま各機能の制御ができるよう工夫されている。

左右非対称型のセンターコンソールや、ドライバーに向けて角度がつけられた大型14インチタッチディスプレイ、メーターからドアトリムまで連続して見えるオーナメントの装飾、バイワイヤ式のシフトレバーなども、新型NXならではのディテールだ。

最新のコネクテッド機能もセリングポイントとなっており、マルチメディアのメインシステムやBluetoothの適合、ディスプレイの機能などは無線通信を介してアップデートできる。起動ワードを発話することで使える音声認識機能や、交通情報や駐車場の空き状況をクラウド上の地図情報から取得できるナビゲーションシステムも備わる。

新型「NX」にはプラグインハイブリッド車がラインナップされる。写真はリアに設けられた給電口。
新型「NX」にはプラグインハイブリッド車がラインナップされる。写真はリアに設けられた給電口。拡大
新開発の2.4リッター直4ターボエンジン(写真)は、スポーティーグレード“Fスポーツ”用のパワーユニットとして設定される。
新開発の2.4リッター直4ターボエンジン(写真)は、スポーティーグレード“Fスポーツ”用のパワーユニットとして設定される。拡大
ドライブモードのセレクターは、センターコンロール上の、ステアリングホイールからすぐ手が届く位置にレイアウトされている。
ドライブモードのセレクターは、センターコンロール上の、ステアリングホイールからすぐ手が届く位置にレイアウトされている。拡大
“Fスポーツ”用のシート。サイドサポートが張り出したスポーティーなデザインが特徴。
“Fスポーツ”用のシート。サイドサポートが張り出したスポーティーなデザインが特徴。拡大
ホイールベースを従来比で30mm拡大するなどして、後席の快適性向上も図られている。
ホイールベースを従来比で30mm拡大するなどして、後席の快適性向上も図られている。拡大
荷室は分割可倒式の後席を倒すことで積載量を調節可能。
荷室は分割可倒式の後席を倒すことで積載量を調節可能。拡大
レクサスのグローバルコアモデルと位置づけられる新型「NX」。国内では2021年秋ごろに発売される。
レクサスのグローバルコアモデルと位置づけられる新型「NX」。国内では2021年秋ごろに発売される。拡大

電動化を進めつつ走りのよさを追求

新型NXでは、レクサス車として初めてプラグインハイブリッド車(PHEV)がラインナップされるのもトピック。同モデルはフロア中央に容量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、ガソリンエンジンによる発電で電池残量を稼ぐバッテリーチャージモードも設定されている。新開発の2.4リッター直4ターボエンジンも含め、パワートレインは以下の全6タイプが選択可能となっている。

  • 2.5リッター直4 PHEV。リアを独立型モーターで駆動する4WDシステム「E-Four」を搭載し、前後の駆動力は100:0~20:80の間で最適に配分される。
  • 2.5リッター直4ハイブリッドの4WD車。4WDシステムはE-Fourで、PHEVと同様、駆動力配分は100:0~20:80となる。
  • 2.5リッター直4ハイブリッドのFF車。
  • 2.4リッター直4ターボの4WD車。トランスミッションは新開発の高トルク対応型8段AT「ダイレクトシフト8AT」で、新たな電子制御4WDシステムが組み合わされる。前後駆動力配分は75:25~50:50。
  • 2.5リッター直4(自然吸気)+ダイレクトシフト8ATの4WD車。電子制御スタンバイAWDを採用し、100:0~50:50の範囲で駆動力を配分する。
  • 2.5リッター直4(自然吸気)+ダイレクトシフト8ATのFF車。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式で、リアがトレーリングアームのダブルウイッシュボーン式。また、ホイールの締結に最新の「レクサスIS」と同じハブボルト締結を採用し、足まわりを高剛性化するとともに、従来のハブナット締結に比べて約700gのばね下重量軽減を実現。操縦安定性と乗り心地のよさを高次元で両立させたという。

そのほか走行性能を高める技術としては、高速域の安定性を保ちつつコーナリングではクイックなレスポンスが得られるというバリアブルラックギア付きのステアリングシステムや、動的な質感を高めるペダル戻し減速機構(PHEVとハイブリッド車のみ)も見どころとなっている。

先進の安全装備や運転支援システムも抜かりなく、最新のプリクラッシュセーフティーや、交差点での出会いがしらの事故を防ぐ「フロントクロストラフィックアラート」、リスクを先読みして、歩道に飛び出しそうな歩行者をはじめとする“危険な要素”に近づかないようサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」などを装備。スマートフォンを操作することで、車外からの遠隔操作による並列・縦列駐車および出庫が可能になる「リモート機能付きアドバンストパーク」も用意されている。

(webCG)

関連キーワード:
NX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス NX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る