新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸

2021.06.15 自動車ニュース
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ
新型フォルクスワーゲン・ゴルフ拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、8代目となる「ゴルフ」を発表し、同日より販売を開始した。

先代から引き続きフォルクスワーゲン グループのエンジン横置き用プラットフォーム「MQB」をベースとしている。
先代から引き続きフォルクスワーゲン グループのエンジン横置き用プラットフォーム「MQB」をベースとしている。拡大
ラジエーターグリルやヘッドライトがシャープでスリムなデザインに一新された。
ラジエーターグリルやヘッドライトがシャープでスリムなデザインに一新された。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4295×1790×1475mm。先代よりも30mm長くなった一方で、全幅が10mm、全高が5mm小さくなった。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4295×1790×1475mm。先代よりも30mm長くなった一方で、全幅が10mm、全高が5mm小さくなった。拡大
「ゴルフ」を特徴づけている太いCピラーは健在だ。
「ゴルフ」を特徴づけている太いCピラーは健在だ。拡大
装備のデジタル化が推進され、ダッシュボードはシンプルですっきりとした形状になった。
装備のデジタル化が推進され、ダッシュボードはシンプルですっきりとした形状になった。拡大
撮影車両は1.5リッターターボエンジンを搭載した「eTSIスタイル」。マイクロフリースのシート表皮を採用する。
撮影車両は1.5リッターターボエンジンを搭載した「eTSIスタイル」。マイクロフリースのシート表皮を採用する。拡大
リアシートには6:4分割の可倒機構が備わっている。
リアシートには6:4分割の可倒機構が備わっている。拡大
荷室の容量は380~1237リッター。
荷室の容量は380~1237リッター。拡大
国内のインポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。「今回の8代目は決して最後の『ゴルフ』ではありません」と宣言した。
国内のインポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。「今回の8代目は決して最後の『ゴルフ』ではありません」と宣言した。拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸の画像拡大
 
新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸の画像拡大

全車に48Vマイルドハイブリッドを搭載

空冷の「タイプ1(ビートル)」に代わるファミリーカーとして1974年に登場したゴルフは、以来、コンパクトカーのベンチマークとして人気を集めてきた。この2ボックススタイルのFF車が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、日本上陸を果たした。

新型ゴルフは、先代同様、フォルクスワーゲン グループの横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用しながら、デジタル化と電動化を推し進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの充実を図ったのが大きな特徴だ。

新型ゴルフのボディーは、全長×全幅×全高=4295×1790×1475mmと、先代とほぼ同じサイズで、全長が30mm伸びた一方、全幅が10mm、全高が5mm小さくなっている。2ボックスの5ドアというスタイルや、特徴的な太いCピラーも受け継がれており、フルモデルチェンジ後もひと目でゴルフとわかるデザインに仕上げられている。

その一方で、ラジエーターグリルやヘッドライトはよりスリムでシャープなデザインに一新され、ボディー各部の見直しにより、空気抵抗係数は先代の0.30から0.275にまで低減。リアビューは、テールゲート中央の「VW」エンブレム下に「GOLF」のバッジが配されるなど、最新のフォルクスワーゲンデザインが採用されている。

エクステリア以上に大きく変わったのがインテリアのデザインだ。全車にデジタルメータークラスターの「Digital Cockpit Pro(デジタルコックピットプロ)」を採用するとともに、それと同じ高さにタッチ式のインフォテインメントディスプレイを配置。エアコンの温度設定やオーディオの音量調節にはタッチ式のスイッチを用意するなど、コックピットから徹底的にプッシュスイッチやダイヤルを取り除くデジタル化を進めることで、すっきりとしたデザインを実現している。インフォテインメントシステムには、eSIMによって常時モバイルネットワークに接続可能なディスプレイオーディオ「Ready 2 Discover(レディートゥーディスカバー)」を標準装着。ナビゲーションシステムの「Discover Pro(ディスカバープロ)」がオプションで用意される。

電動化への関心が高まるなか、新型ゴルフは48V電源システムや、ベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーによるマイルドハイブリッドシステムをフォルクスワーゲンとして初採用し、1リッター直列3気筒ターボエンジン(最高出力110PS)および1.5リッター直列4気筒ターボエンジン(同150PS)と組み合わせている。後述するモデル名のなかに「eTSI」という表記があるが、これはマイルドハイブリッドシステムにより電動化された直噴ガソリンエンジン(TSI)が搭載されていることを意味している。マイルドハイブリッドシステムは48Vの高電圧によって減速時に大きなエネルギーを回収し、加速時にはその電力を使って最高出力13PS(9.4kW)、最大トルク62N・m(6.3kgf・m)のスタータージェネレーター(=電気モーター)がエンジンをアシスト。気になる燃費は、1リッターエンジン搭載車が18.6km/リッター、気筒休止機能を備える1.5リッターエンジン搭載車では17.3km/リッターを達成する(いずれもWLTCモード)。どちらのエンジンにもトランスミッションは7段のデュアルクラッチギアボックスが組み合わされる。

いまや必須といえるドライバーアシスタンスシステムは、プリクラッシュブレーキシステム「Front Assist(フロントアシスト)」やアダプティブクルーズコントロール(ACC)、レーンキープアシストシステム「Lane Assist(レーンアシスト)」、後退時警告・衝突軽減ブレーキ「リアトラフィックアシスト」などを全車に標準搭載。ACCとレーンアシストを組み合わせ、0~210km/hの範囲でアクセルとブレーキ、ステアリング操作をサポートする「Travel Assist(トラベルアシスト)」も新しい。フロントカメラで対向車や先行車を検知し、最適な配光によってハイビームが利用できるLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT(アイキューライト)」がオプションで選べるようになったのも見逃せないところだ。

ラインナップは、1リッターエンジンを搭載する「eTSIアクティブ ベーシック」と「eTSIアクティブ」、1.5リッターエンジンの「eTSIスタイル」と「eTSI Rライン」の4グレード。搭載されるエンジンによってサスペンション形式が異なり、1リッターモデルはフロント:マクファーソンストラット式、リア:トーションビーム式となる一方、1.5リッターモデルではリアに4リンク式を採用する。また、eTSI Rラインには、可変ギアレシオステアリングの「プログレッシブステアリング」が搭載される。

価格は以下のとおり。

  • eTSIアクティブ ベーシック:291万6000円
  • eTSIアクティブ:312万5000円
  • eTSIスタイル:370万5000円
  • eTSI Rライン:375万5000円

(文=生方 聡/写真=フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

新型フォルクスワーゲン・ゴルフの詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • 新型「ゴルフ」は本国から1年半遅れ 輸入車の国内導入に時間がかかるのはなぜなのか? 2021.6.23 デイリーコラム 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が国内発売されたが、その時期は本国から1年半以上も遅れた2021年6月だった。国内の自動車販売台数がかつての規模でないことは確かだが、果たして日本市場は軽視されているのだろうか。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る