スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載

2021.06.14 自動車ニュース
「スバル・フォレスター」の大幅改良モデル。
「スバル・フォレスター」の大幅改良モデル。拡大

スバルは2021年6月14日、「フォレスター」の大幅改良モデル(日本仕様)を初公開し、先行予約注文受け付けを開始した。正式発表は同年8月の予定。

 
スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載の画像拡大
 
スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載の画像拡大
 
スバルが「フォレスター」を大幅改良 新世代の「アイサイト」を搭載の画像拡大

今回の大幅改良ではスバルのデザインコンセプト「BOLDER(ボールダー)」表現を取り入れたフロントマスクや新デザインのアルミホイールを採用。よりSUVらしい迫力のある仕様とした。

走行性能では全グレードで足まわりを改良し、しなやかさとスポーティーさを高い次元で両立したという。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をマイルドハイブリッド「e-BOXER」搭載の全グレードに拡大展開した。

安全性能では新世代の「アイサイト」を搭載。ステレオカメラの広角化やソフトウエアの改良によって、これまで以上に幅広いシーンで安全運転をサポートする。

(webCG)

関連キーワード:
フォレスター, スバル, 自動車ニュース