No Garage, No Life! | ル・ガラージュ

プラスアルファのお手伝い 2021.07.05 Gear Up! 2021 Summer ガレージという“自分の城”を理想の空間に仕上げたいという人にすすめたいのが、ル・ガラージュのガレージコーディネートサービスだ。“目利き”の専門スタッフが厳選したアイテムで、ガレージをさらに魅力的に仕上げてみてはいかがだろう。

“デザインのある生活と社会の実現”をコンセプトにさまざまな事業を展開するアクシスが、その拠点である東京・六本木のAXISビルで直営するセレクトショップがル・ガラージュである。店内には洗車およびディテーリング用品をはじめ、工具やラック類などのガレージ用品、アパレル、グローブやシューズなどのドライビングウエア、カーアクセサリーやオートモビリアなど、大人のカーライフを満喫するための商品が所狭しと並んでいる。

ル・ガラージュでは、そうしたグッズ類を販売するだけでなく、オーナーのこだわりが詰まったガレージをつくるためのコーディネートも行っているという。具体的にはどんなサービスなのか、同店マネージャーの渡辺 大さんに伺った。
「まず、ガレージの設計や施工は、私どもでは行っておりません。既存のガレージを、お客さまの理想の空間に仕上げるためのお手伝い、とお考えください」

要望があれば、ガレージに備えるアイテムのセレクトからレイアウトまでのトータルなコーディネートを行い、例えばアンティークのポスターを飾りたいというリクエストがあれば、好みの一枚を国内外のネットワークを通じて探すこともできる。

近年では、ガレージにリビング的な要素を求めるオーナーも少なくない。となれば、ソファやテーブルといった家具や調度が必要になることもある。
「そういうケースは、私どもの得意とするところです。隣にやはりアクシスの直営店であるインテリアショップ“リビング・モティーフ”がありますので。リビングや寝室、キッチンからガレージまでトータルでそろうというのが、直営店のそもそものコンセプトなんです」

マニアックなサービスとしては、オリジナルのイラスト/絵画や写真の制作もある。クルマを描くアーティストや、撮影するフォトグラファーを紹介、完成までコーディネートするというものだ。

そうした多岐にわたるサービスを含め、多くのガレージをコーディネートしてきた渡辺さんは、こう締めくくった。
「ガレージに何かプラスアルファが欲しいと感じたら、遊びにきてください。店内で何か見つかるかもしれません。ここにはないけれど、何か欲しいものがおありなら、気軽に声をおかけください。何かしらお手伝いができると思いますよ」

(文=沼田 亨/写真=荒川正幸、ル・ガラージュ)

問い合わせ:ル・ガラージュ 03-3587-2785

(写真=ル・ガラージュ)
(写真=ル・ガラージュ)拡大
(写真=ル・ガラージュ)
(写真=ル・ガラージュ)拡大
(写真=ル・ガラージュ)
(写真=ル・ガラージュ)拡大
(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)拡大
(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)拡大
(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)拡大