EVのパイオニアから次世代モデルがついに登場! 「アリア」に寄せる期待と日産の課題

2021.06.25 デイリーコラム

目指せ捲土重来!

2021年6月4日、日産の新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注がようやく開始された。何をおいても、まずはめでたい。2020年7月のプロトタイプ発表から1年弱。当初からスケジュールがアナウンスされていたとはいえ、いやはや長かった。

皆さんご存じの通り、アリアは日産が新開発のEV専用プラットフォームをベースに仕立てた、クロスオーバータイプのEVである。バッテリー容量は66kWhと91kWhの2種類で、一充電走行可能距離は430~610km(WLTCモード)。急速充電は130kWまでの出力に対応しており、30分の充電で最大375kmの走行距離を得られるという。額面的には、同セグメントに属する舶来の最新EVはもちろん、近い将来出てくるであろうモデルとも伍(ご)して渡り合えるスペックだ。

実車に触れてみても、2枚の巨大モニターで構成されたタッチレス操作対応のデジタルメーター&インフォメーションディスプレイや、ダッシュボードに浮かび上がる空調のコントローラー(ハプティクス<触覚提示技術>採用)、センターコンソールと一体化したドライブモードセレクターと、あざといまでのインターフェイスの新機軸に「レッツ捲土(けんど)重来」という日産の意気を感じる。……個人的には、ダッシュとコンソールは指が触れるところだけテカテカにならないか、不安ではありますが(笑)。

加えて、生産を担うのはインフィニティ(北米などで展開される日産のプレミアムブランド)のモデルも手がける栃木工場と、その品質についても日産は本気(マジ)。「プロパイロット2.0」を設定するなど先進運転支援システムもてんこ盛りで、発表会で星野朝子副社長が「新しい日産のフラッグシップ」と意気込んでいたのも、さもありなんである。

日産自動車の星野朝子副社長と、「日産アリア」の初版限定モデル「リミテッド」。
日産自動車の星野朝子副社長と、「日産アリア」の初版限定モデル「リミテッド」。拡大
ステージ上でアンベールを待つ2台の「アリア」。コロナ禍のなか、こうした“リアルイベント”で新車を拝むのも久々である。
ステージ上でアンベールを待つ2台の「アリア」。コロナ禍のなか、こうした“リアルイベント”で新車を拝むのも久々である。拡大
2枚の大型スクリーンが目を引くインストゥルメントパネルまわり。インターフェイスにはさまざまな新機軸が取り入れられている。
2枚の大型スクリーンが目を引くインストゥルメントパネルまわり。インターフェイスにはさまざまな新機軸が取り入れられている。拡大
生産は栃木工場の「インテリジェントファクトリー」で行われる。インテリジェントファクトリーとは、次世代モデルの生産のために最適化された生産施設のことで、国内外の工場へも順次展開していくという。
生産は栃木工場の「インテリジェントファクトリー」で行われる。インテリジェントファクトリーとは、次世代モデルの生産のために最適化された生産施設のことで、国内外の工場へも順次展開していくという。拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産アリア リミテッド 2021.6.4 画像・写真 日産が新型電気自動車(EV)「アリア」の予約受注を開始した。先進的な操作インターフェイスや、ハンズオフ機能付き運転支援システム「プロパイロット2.0」の採用などでも注目を集めている最新EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産アリア 2020.7.15 画像・写真 先進のデザインとすぐれた動力性能、最長610kmの航続距離などをセリングポイントとする日産の新型EV「アリア」。2021年の発売に先駆けて公開されたその姿を、写真で紹介する。
  • EVの見方が変わるSUV 「日産アリア」のここに注目! 2020.7.24 デイリーコラム 2021年に発売される日産の電気自動車「ARIYA(アリア)」。同社はこのクロスオーバーEVを“革新的な一台”とアピールするが……? その注目すべき長所について、開発担当者に話を聞いた。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • 日産が新型EV「アリア」の予約サイトを開設 ユーザーの車両購入をオンラインでサポート 2021.6.4 自動車ニュース 日産が新型EV「アリア」の予約受注開始に際し、同社初となるグローバル共通の専用予約サイトを開設した。購入検討や予約注文、商談などがオンラインで可能となるほか、「アリア」との記念撮影やVR試乗などのコンテンツも提供されるという。
ホームへ戻る