「マツダ2」が高効率な新ガソリンエンジン搭載 特別仕様車「サンリット シトラス」も登場

2021.06.24 自動車ニュース
マツダ2 15Sサンリット シトラス
マツダ2 15Sサンリット シトラス拡大

マツダは2021年6月24日、一部仕様変更したコンパクトカー「マツダ2」と、その特別仕様車「Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」を発売した。

「マツダ2 15Sサンリット シトラス」は、FF車と4WD車、ガソリン車とディーゼル車の計4モデルがラインナップされる。
「マツダ2 15Sサンリット シトラス」は、FF車と4WD車、ガソリン車とディーゼル車の計4モデルがラインナップされる。拡大
「マツダ2」の1.5リッターガソリン車については、一部のグレードを除き、エンジンが従来型より圧縮比の高いものに変更された。
「マツダ2」の1.5リッターガソリン車については、一部のグレードを除き、エンジンが従来型より圧縮比の高いものに変更された。拡大
特別仕様車「15Sサンリット シトラス」のインテリア。
特別仕様車「15Sサンリット シトラス」のインテリア。拡大
「サンリット シトラス」専用のフロアマット。
「サンリット シトラス」専用のフロアマット。拡大
「サンリット シトラス」に付属する専用のキーシェル。
「サンリット シトラス」に付属する専用のキーシェル。拡大

今回、「15C」「15S」「15Sスマートエディション」「15MB」を除くガソリンエンジン搭載グレードのエンジンが、より圧縮比を高め(12:1→14:1)、環境性能を向上(WLTCモード燃費で最大6.8%アップ)させたものに変更された。この高圧縮ガソリンエンジン搭載車では、アクセル操作に対するクルマの応答性とコントロール性についても改善が図られている。

ユーティリティーでは、ワイヤレス充電機能とApple CarPlayワイヤレス接続機能をオプション設定。さらに、4WD車にワイパーデアイサーを標準装備したほか、マツダ2では新色となるボディーカラー「プラチナクオーツメタリック」を全グレードで選択可能とした。

マツダ2の価格は、高圧縮ガソリンエンジン搭載車が174万8500円から238万7000円までで、従来型ガソリンエンジン搭載車が145万9150円から181万8000円まで。ディーゼル車は212万3000円から271万1500円までとなっている。

またこれと同時に、「いつもの運転が前向きな楽しい気持ちになれるクルマ」を目指したという特別仕様車、サンリット シトラスも追加設定されている。

サンリット シトラスでは、シートやダッシュボード、ドアトリムにグレージュ色のスエード調人工皮革、グランリュクスを使用。シトラス色を差し色とすることで「燦々(さんさん)と輝く太陽の下での南方への旅」をイメージした室内空間を表現したという。狭い駐車場や路地での運転をサポートする「360°ビューモニター」や、インテリアのテーマカラーとコーディネートした「専用キーシェル&フロアマット」も備わる。

価格は以下の通り。

  • 15Sサンリット シトラス(FF車):196万9000円
  • 15Sサンリット シトラス(4WD車):218万9000円
  • XDサンリット シトラス(FF車):222万2000円
  • XDサンリット シトラス(4WD車):244万2000円

(webCG)

関連キーワード:
マツダ2, マツダ, 自動車ニュース