効率的クルマづくりの極み!? 新型「ゴルフ」はアリなのか?

2021.06.28 デイリーコラム

不満と不安が渦巻くなかで

実はかなり心配していたのだ。「ゴルフ8」の仕上がり具合を。

それもこれも、近ごろのフォルクスワーゲン新型車にコストダウンの痕が痛々しいほどはっきりと見えただけでなく、デザインや乗り味にもケレン味が増しているように思えたから。オリジナリティーに乏しいデザイン処理が目立っていたし、スポーティーに思わせたい一心のドライブフィールも気になっていた。

もとより高級ブランドではない。飾らないシンプリシティーこそ必要だ。以前は上級志向を標榜(ひょうぼう)して、骨太なファンからは批判も浴びた。とはいえ、安っぽい見栄えにも限度というものがある。「フォルクスワーゲンの生み出すモデルにはいちいち高いスタンダード性がある」と日ごろから言い募ってきた筆者などは、でっかい黄旗でも振って「前言撤回!」と叫びたくなったほどだ。

ゴルフ8に関して言えば、2019年末に本国でのデリバリーが始まっていたにもかかわらず日本へなかなかやってこないことも、そんな不安にさらなる拍車をかけた。いくらSUV全盛の時代だからといって、フォルクスワーゲンといえばゴルフが基本。すぐに持ってこないなんてあり得ない。新型「911」をなかなか売ってくれないポルシェくらいおかしな話。こりゃきっと、何かまずいことがあるに違いない……なんて邪推までしていた。

デビューは2019年10月だったから、日本での正式発表までに1年と8カ月もかかったことになる。今ゴルフを必要としない筆者(「ゴルフ2」には乗っていたけれど)でもこれだけ待ち遠しい気分だったのだから、熱心なファンの首はもはやキリン級に伸びていたに違いない。2021年2月9日に始まった先行予約は大変好調だという。

「ゴルフ8」こと、8世代目の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。デジタル化と電動化が、進化の目玉とされている。
「ゴルフ8」こと、8世代目の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。デジタル化と電動化が、進化の目玉とされている。拡大
国内において新型「ゴルフ」が発売されたのは2021年6月15日で、欧州での販売開始から1年半以上が経過していた。コロナ禍の影響など、それなりの理由があるかもしれないが……。
国内において新型「ゴルフ」が発売されたのは2021年6月15日で、欧州での販売開始から1年半以上が経過していた。コロナ禍の影響など、それなりの理由があるかもしれないが……。拡大
新型「ゴルフ」のコックピット周辺は、非常にシンプル。物理的なスイッチ類は、多くがタッチパネル内のアイコンに置き換えられている。それを洗練されていると思うか、あるいはコストダウンの象徴ととらえるか……。
新型「ゴルフ」のコックピット周辺は、非常にシンプル。物理的なスイッチ類は、多くがタッチパネル内のアイコンに置き換えられている。それを洗練されていると思うか、あるいはコストダウンの象徴ととらえるか……。拡大
新型「ゴルフ」の導入記念発表会においてあいさつする、フォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。次期型、つまり9代目の開発が決定していることが、その場でアナウンスされた。
新型「ゴルフ」の導入記念発表会においてあいさつする、フォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア社長。次期型、つまり9代目の開発が決定していることが、その場でアナウンスされた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事