現行型「ルノー・カングー」に最後の限定車登場

2021.07.01 自動車ニュース
「ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT」。ボディーカラーは「グリアーバン」。
「ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT」。ボディーカラーは「グリアーバン」。拡大

ルノー・ジャポンは2021年7月1日、「カングー」に特別仕様車「リミテッド ディーゼルMT」を設定し、同年7月8日に400台の台数限定で発売すると発表した。

ノワールメタルM
ノワールメタルM拡大
ブルーエトワールM
ブルーエトワールM拡大
グリハイランドM
グリハイランドM拡大
ルージュビフ
ルージュビフ拡大
ジョン ラ・ポスト
ジョン ラ・ポスト拡大
スチールホイールはセンターキャップやボルトカバーまで真っ黒に仕立てられる。
スチールホイールはセンターキャップやボルトカバーまで真っ黒に仕立てられる。拡大
変速機は6段MT。ギア比は1.5リッターディーゼルターボエンジンに合わせて最適化されている。
変速機は6段MT。ギア比は1.5リッターディーゼルターボエンジンに合わせて最適化されている。拡大

ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMTは1.5リッターディーゼルターボエンジン×6段MTという特別なパワートレインを搭載した限定モデルだ。現行型のカングーに設定される最後の限定車ともなっている。

K9K型1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高出力116PS/3750rpmと最大トルク260N・m/2000rpmを発生。尿素SCRとディーゼルパティキュレートフィルターによる排ガス処理システムと最新のコモンレールシステムを採用している。6段MTはエンジンに合わせたギア比の最適化が図られている。WLTCモードの燃費値は19.0km/リッター。

エクステリアには前後バンパーとスチールホイールにブラックを採用し、タフな道具感を演出。ホイールはセンターキャップとボルトカバーまでブラックとする念の入れようだ。さらにLEDデイランプによってカタログモデルとは異なる個性を持たせている。

このほか、車庫入れの際に役立つバックソナーと、限定車の証しとなる「LIMITED」エンブレムも備わっている。

ボディーカラーは「グリアーバン」「ノワールメタルM」「ブルーエトワールM」「グリハイランドM」「ルージュビフ」「ジョン ラ・ポスト」の全6色をラインナップする。

価格は282万円。

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2021.6.25 試乗記 さまざまなクロカンやSUVを取りそろえるジープのなかで、最も都会派とされる「コンパス」。マイナーチェンジされた最新型を走らせてみると、多くのブランドと交わるなかで培われた商品力の高さを感じ取ることができた。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • 現行型「ルノー・カングー」に最後の限定車登場 2021.7.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年7月1日、「カングー」に特別仕様車「リミテッド ディーゼルMT」を設定し、同年7月8日に400台の台数限定で発売すると発表した。最高出力116PSのディーゼルターボエンジンと6段MTを組み合わせたパワートレインを搭載している。
ホームへ戻る