10戦6勝の快進撃! 2021年のホンダF1の強さの秘密はどこにある?

2021.07.21 デイリーコラム

1988年以来の快挙

2021年F1シーズンにおけるホンダの快進撃が、2020年10月2日に行った「参戦終了」の発表に端を発しているのは、なんとも皮肉だ。この日、ホンダは2021年シーズンをもってF1へのパワーユニットサプライヤーとしての参戦を終了すると発表した。ホンダは2015年からマクラーレンにパワーユニットを供給することで、F1に再参戦を果たした。2018年からはトロロッソ(現アルファタウリ)に供給先をスイッチし、2019年からはレッドブルをパートナーに加えて現在に至っている。

第10戦終了時点でレッドブルが6勝(マックス・フェルスタッペンが5勝、セルジオ・ペレスが1勝)を挙げている。第5戦から第9戦までは5連勝を記録した。ホンダのパワーユニットを積んだチームが5連勝するのは、アイルトン・セナとアラン・プロストを擁して開幕から11連勝した1988年のマクラーレン・ホンダ時代以来、33年ぶりの快挙である。レッドブルにとっても、2013年の9連勝に次ぐ史上2位の連勝記録だ。F1史上初のスプリント予選となった第10戦でもフェルスタッペンがポールポジションを獲得。しかし決勝ではオープニングラップでクラッシュし、リタイアとなってしまったのはすでに報じられている通りだ。

2021年シーズン限りで参戦終了せず、2022年以降も継続するつもりで活動を続けていたら、今シーズンのようなホンダの快進撃は実現していないかもしれない。なぜなら、2021年型の「レッドブルRB16B」と「アルファタウリAT02」が搭載する「ホンダRA621H」は本来、2022年に投入する予定になっていたからだ。

2021年のF1第9戦オーストリアGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが勝利し、チームのシーズン6勝目を挙げた。
2021年のF1第9戦オーストリアGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが勝利し、チームのシーズン6勝目を挙げた。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事