専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場

2021.07.30 自動車ニュース
TOM’SレクサスLC500コンバーチブル
TOM’SレクサスLC500コンバーチブル拡大

国内トップレーシングチームのひとつであるトムスは2021年7月30日、新型コンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」を発表し、注文受け付けを開始した。

 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大
 
専用ワイドボディーをまとうコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」登場の画像拡大

「レクサスLC500コンバーチブル」をベースとするTOM’SレクサスLC500コンバーチブルは、本来のパフォーマンスを生かしつつトムスならではのレーシングテクノロジーをフィードバックしたというコンプリートカーである。

エクステリアにはレースでも使われるドライカーボン製の空力パーツを採用。前後とサイドのディフューザーは、レース由来のエアロダイナミクステクノロジーを用いて走行安定性を高めている。さらに、ベース車比で全幅が+50mmの1970mmとなるワイドボディーキットも装備。ワイドトレッド化とフェンダーのエアアウトレットによるリフトフォース低減効果によって走行安定性をさらに強化する。

ボディー剛性が失われがちというコンバーチブル車の特性を考慮して、エンジンフード内やフロア面などの全5カ所にブレース補強を追加。ソリッドで素直な操縦安定性と車両応答性も実現したという。

最高出力477PS/最大トルク540N・mを発生する5リッターV8自然吸気エンジンと10段ATからなるパワートレインに変更は加えられていない。

価格は1995万円。購入時には構造変更登録、もしくは新規検査登録が必要となる。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
ホームへ戻る