新型発売でもお構いなし! 値下がり知らずの最強中古車

2021.08.25 デイリーコラム

高止まりするランクル200

100年前のモノにはアンティークとして強烈な値段がつくことがあるが、数年から10年ぐらい前のモノというのは、基本的には単なる「中古品」。販売される場合の価格は新品よりは断然安く、なおかつ年々下がっていくのが一般的だ。

だがそれは、あくまでも「一般的だ」という話であり、例外はいくらでもある。

聞くところによれば、最近はロレックス製腕時計の中古品相場が爆騰しているそうだが、クルマの世界にも、それと似た話は数多く転がっている。

代表的なところでは「トヨタ・ランドクルーザー」だろう。

ご承知のとおり、この8月には「ランクル300」こと新型ランドクルーザーがデビューしたわけだが、その前身にあたる「ランドクルーザー200」の中古車相場が、今になってなぜか爆上がりしているのだ。

具体的には、新車時価格が524.7万円~697.4万円だったランクル200の中古車平均価格は、大手中古車情報サイトによれば、2021年8月下旬現在で562.6万円。

こちらはあくまでモデル全体の平均価格であり、売れ筋である最上級グレード「ZX」に絞った個別の中古車価格を見てみると、「走行数千kmレベルの2020年式=900万円ぐらい」「4万kmほど走った2016年式=720万円ぐらい」と、「100年前のアンティーク品」でもないのに、けっこうな高騰をみせていることがわかる。

新型が登場したにもかかわらず先代の相場が高騰している理由は、

  • 新型はなんだかんだで4年待ちらしいので、すぐに乗れるキレイなランクル200の需要が高まった。
  • 新型はなんだかんだでV6エンジンにダウンサイズされたので、豪快なV8エンジンを積むランクル200の人気が高まった。
  • 新旧問わずいつでも高く売れるクルマなので(海外での需要も非常に高い)、いつだってランドクルーザーの中古車は高い。

といったあたりなのだろう。筆者も、もしもお金持ちであったならランクル300の「GRスポーツ」を注文し、それが納車される4年後(?)まで、走行数千kmで買ったランクル200の中古車を乗り回すはずだ。もちろん、そんなカネは持っていないわけだが。

2021年8月2日に発売された新型「トヨタ・ランドクルーザー」。あまりの人気ぶりに、トヨタのウェブサイトには納車までに「多大な時間を要する見通し」と書かれている。
2021年8月2日に発売された新型「トヨタ・ランドクルーザー」。あまりの人気ぶりに、トヨタのウェブサイトには納車までに「多大な時間を要する見通し」と書かれている。拡大
中古車価格が高騰している「ランドクルーザー200」。高年式車であれば新車価格を超えている個体がいくつもある。
中古車価格が高騰している「ランドクルーザー200」。高年式車であれば新車価格を超えている個体がいくつもある。拡大
トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る