「フォルクスワーゲンTクロス」が仕様変更 最新の運転支援システムをオプション設定

2021.09.02 自動車ニュース
フォルクスワーゲンTクロス
フォルクスワーゲンTクロス拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年9月2日、コンパクトSUV「Tクロス」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

新しいボディーカラーの「スモーキーグレーメタリック」。
新しいボディーカラーの「スモーキーグレーメタリック」。拡大
こちらの「アスコットグレー」は「TSI Rライン」では選べない。
こちらの「アスコットグレー」は「TSI Rライン」では選べない。拡大
インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」はより大型スクリーンを搭載した「ディスカバープロ」にアップデートされた。
インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」はより大型スクリーンを搭載した「ディスカバープロ」にアップデートされた。拡大

今回はオプションの内容を変更するなどして、安全性と快適性の強化を図っている。

予防安全装備をパッケージ化したオプションの「テクノロジーパッケージ」には、0~210km/hの範囲で前走車との車間および走行レーンの維持をサポートする「トラベルアシスト」を追加。ステアリングホイールには静電容量式センサーを採用し、軽く手を添えているだけでトラベルアシストの継続的な作動が可能になった。

ナビゲーションシステムの「ディスカバーメディアパッケージ」は、新たに9.2インチの大型モニターを搭載した「ディスカバープロパッケージ」へとアップデートされた。

オプション以外では、他のモデルで先に展開しているタッチコントロール式のエアコン操作パネルを採用したほか、パドルシフトの設定をエントリーグレードの「TSIアクティブ」にも拡大。ボディーカラーには「スモーキーグレーメタリック」と「アスコットグレー」(「TSI Rライン」を除く)を追加し、全8色を用意した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • TSIアクティブ:286万7000円
  • TSIスタイル:312万6000円
  • TSI Rライン:350万3000円

(webCG)

関連キーワード:
Tクロス, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン Tクロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • ホンダCB1300スーパーボルドールSP(6MT)【レビュー】 2021.9.8 試乗記 1.3リッターもの排気量を持つ大型4気筒エンジンを搭載した「ホンダCB1300」。排ガス規制による危機を乗り越え、“CB”のフラッグシップはどのようなバイクに進化を遂げたのか? ハーフカウルの「スーパーボルドール」で確かめた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.23 試乗記 2021年5月にマイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア」の最新モデルに試乗。従来型からの進化のポイントをチェックするとともに、オールドミニのスタイルを受け継ぎ、3世代20年にわたり歴史を重ねてきた“ニューMINI”の足跡に思いをはせた。
ホームへ戻る