ライバルとの競争が生んだニューフェイス 「ワゴンRスマイル」の投入に見るスズキの狙い

2021.09.17 デイリーコラム

とにかくスライドドアが欲しい!

「スズキ・ワゴンRスマイル」は全高が1695mmの軽乗用車だが、後席側のドアをスライド式にした。今のスライドドアを備える軽乗用車は、大半が全高1700mm以上となっている。1700mmを下回るのは1655mmの「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」だけで、そのライバル車としてワゴンRスマイルが加わった。

販売店は「以前から、スズキにはムーヴ キャンバスみたいなクルマはないのか? と尋ねられることがあった」という。またワゴンRスマイルの開発者は「『ワゴンR』のお客さまの40%が、スライドドアを希望していた」という。

スズキにはスライドドアを備える軽自動車として、「スペーシア」と軽商用車ベースの「エブリイワゴン」があった。スペーシアの売れ行きは、「ホンダN-BOX」に続いて軽自動車の2位だが、全高は1700mmを超えてスーパーハイトワゴンになる。スーパーハイトワゴンはN-BOXを含めて人気のカテゴリーだが、すべてのユーザーが背の高いボディーを求めるわけではない。「スライドドアは欲しいが、全高は1700mm以下で十分」という意見もある。

このニーズはメーカーを問わず共通しており、まずはムーヴ キャンバスが開発された。2016年に登場して以来、人気の商品になっている。今でもムーヴシリーズの販売総数の約60%はキャンバスが占めており、1カ月で5000~6000台が届け出されている。同様のニーズに基づいて、全高が1700mm以下でスライドドアを備えるワゴンRスマイルが2021年9月に発売された格好だ。

2021年9月に発売された「スズキ・ワゴンRスマイル」。「ワゴンR」と「スペーシア」の間に位置する、新しい軽ハイトワゴンだ。
2021年9月に発売された「スズキ・ワゴンRスマイル」。「ワゴンR」と「スペーシア」の間に位置する、新しい軽ハイトワゴンだ。拡大
「ワゴンRスマイル」とスズキの鈴木俊宏社長。同車はスズキにとって、久々の新型車となる。
「ワゴンRスマイル」とスズキの鈴木俊宏社長。同車はスズキにとって、久々の新型車となる。拡大
「ワゴンRスマイル」の“キラーコンテンツ”であるリアスライドドア。
「ワゴンRスマイル」の“キラーコンテンツ”であるリアスライドドア。拡大
強力なライバルである「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」。
強力なライバルである「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」。拡大
スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンRスマイル 2021.8.27 画像・写真 スズキの新型軽乗用車「ワゴンRスマイル」がデビュー。ハイトワゴンでありながら売れ筋のスーパーハイトワゴンと同じスライドドアを採用し、運転しやすさと後席の使いやすさの一挙両得を狙った欲張りなモデルだ。その詳細を写真で詳しくご紹介!
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • レクサスLX 2021.10.14 画像・写真 レクサスのフラッグシップSUVである「LX」の新型が、中東のサウジアラビア王国とアラブ首長国連邦で世界初公開された。「優雅な移動体験を提供しライフシーンを広げる」とうたわれる4代目のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る