日本メーカーは大丈夫!? ドイツの自動車イベント「IAAモビリティー2021」に思うこと

2021.09.20 デイリーコラム

メールから伝わる緊迫感

しつこくコロナ禍が続く2021年9月、「IAAモビリティー2021」と題したイベントがドイツ・ミュンヘンで開催されました。ご存じの通り「IAA」は奇数年にフランクフルトで開催されていたモーターショーなのですが、今回ミュンヘンに場所を移し、クルマのみならず“ラスト1マイルモビリティー”やそれを支えるハードウエア、そして付帯するサービスやソフトウエアなど、個人の移動にまつわるあらゆる領域をカバーする、カスタマー向けというよりもフリート色がグッと強まったイベントになったわけです。

このIAAモビリティー、個人的には行くつもりで取材申請も行い、ワクチン接種証明も取り寄せ、出発前日にはPCR検査も済ませて陰性証明もゲット……と、ちまちま準備してきました。が、あろうことか出発当日付で、日本はドイツから「COVID-19のハイリスク国」に指定されてしまいます。入国時はIAA関係者特約で即日入国オーケーという話もあったのですが確定にはあらず。万一、現地隔離となった日には帰国後の自宅隔離と合わせて月末の仕事をバラさなければならなくなるため、フライト7時間前に泣く泣く渡航を断念しました。

でもプレス登録は済ませていましたから、主催者側からがんがんインフォメーションが届きます。そして登録したメアドが共有されているのでしょう、不勉強ながら聞いたこともないような出展者からもじゃんじゃんメールが舞い込むようになりました。その多くはハードウエアサプライヤーというよりはソフトウエアのスタートアップという感じで、100年に一度のパラダイムシフトを機にさまざまなプレーヤーが参入をもくろんでいる、その緊迫感がメールの着信音からも伝わってきました。

その気配を2010年代から如実に示してきたのが例年1月にラスベガスで行われる“世界最大級の家電IT見本市”CESです。それまでカーナビでもくっついていれば一丁上がりみたいな感じだったクルマとデジタルの融合をさまざまなアプローチで考える、そのアイデアを披露する場所として機能するようになったのがGAFAの国のカスタマー向け家電ショーだったわけですね。全容をみるに、IAAモビリティーが欧州版のCESを目指していることは間違いなさそうです。

これまでのフランクフルトモータショーに代えて、ドイツ・ミュンヘンで開催されたIAAモビリティー2021(会期:2021年9月7日~12日)。写真はその会場の様子。
これまでのフランクフルトモータショーに代えて、ドイツ・ミュンヘンで開催されたIAAモビリティー2021(会期:2021年9月7日~12日)。写真はその会場の様子。拡大
“モビリティー”というだけに、IAAモビリティー2021における出展車両はさまざま。それらに付帯するサービスやソフトウエアを含め、個人の移動にまつわるあらゆる領域をカバーするイベントとなった。
“モビリティー”というだけに、IAAモビリティー2021における出展車両はさまざま。それらに付帯するサービスやソフトウエアを含め、個人の移動にまつわるあらゆる領域をカバーするイベントとなった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事