ライバルメーカー戦々恐々! 「トヨタ・カローラ クロス」登場で国内SUV市場はどうなる?

2021.09.27 デイリーコラム

売り出されるにはワケがある

2020年7月にタイで発表された「カローラ クロス」が、2021年9月に国内導入されるという報が伝わると、日本のクルマオタクの多くが驚いた。というのも、トヨタの国内SUVラインナップはすでに「ライズ」「ヤリス クロス」「C-HR」「RAV4」「ハリアー」と、A、B、C、D、高級D……という全セグメントで水も漏らさぬ布陣をきずいていたからだ。

カローラ クロスはその名のとおり、「カローラ」由来のGA-Cプラットフォームを土台とするCセグメントSUVだ。既存の国内トヨタSUVでは、C-HRが同じGA-C車となる。2016年末の国内発売直後は大ヒットしたC-HRも、最近は販売ランキング30位前後が定位置で、少しばかり物足りない気がしないでもない。しかし、カローラ クロス発売にともなってC-HRが姿を消す……という話もない。

カローラ クロスはC-HRとプラットフォームを共有しつつも、全長はそれより10cm大きくて背は7cmほど高く、ファミリーカーとして十二分な居住性と実用性を有するのが特徴だ。対するC-HRは居住性や積載性はあえて割り切って、スタイリッシュなデザインと欧州車的なダイナミクス性能を売りとする。つまり、C-HRはもともとニッチ商品であり、そこが国内で継続的な売り上げにつながっていない理由のひとつだろう。

実用的なSUVという視点で見た場合、ひとつ下のヤリス クロスも欧州的なパーソナルカー志向が強く「ホンダ・ヴェゼル」や「日産キックス」などの競合車と比較すると、物足りないのが実情である。一見しただけでは水も漏らさないはずだったトヨタSUVも、こうして意地悪に観察すると“家族で使えるB~CセグSUV”というニーズに対しては手薄だったことが分かる。CセグSUVド真ん中サイズのカローラ クロスはそんなニーズを満たしつつ、純エンジンで200万円台前半、ハイブリッドで200万円台後半という価格はヤリス クロスとC-HRの中間(より、ややヤリス クロス寄り)に落とし込まれる。

「カローラ」シリーズ初のSUVモデルとなる「カローラ クロス」。2021年9月14日に国内販売がスタートした。
「カローラ」シリーズ初のSUVモデルとなる「カローラ クロス」。2021年9月14日に国内販売がスタートした。拡大
こちらは2020年7月にタイで発表された、海外版「カローラ クロス」。フロントまわりのデザインに違いが見られる。
こちらは2020年7月にタイで発表された、海外版「カローラ クロス」。フロントまわりのデザインに違いが見られる。拡大
「カローラ クロス」と見た目は違えど、同じプラットフォームが使われているSUV「C-HR」。トヨタは既存ラインナップの隙間を埋めるようにカローラ クロスを投入し、SUVの商品展開をより堅固なものにしている。
「カローラ クロス」と見た目は違えど、同じプラットフォームが使われているSUV「C-HR」。トヨタは既存ラインナップの隙間を埋めるようにカローラ クロスを投入し、SUVの商品展開をより堅固なものにしている。拡大
こちらはコンパクトSUV「ヤリス クロス」。「カローラ クロス」はこのヤリス クロス以上、「C-HR」以下と位置づけられる。
こちらはコンパクトSUV「ヤリス クロス」。「カローラ クロス」はこのヤリス クロス以上、「C-HR」以下と位置づけられる。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • ライバルメーカー戦々恐々! 「トヨタ・カローラ クロス」登場で国内SUV市場はどうなる? 2021.9.27 デイリーコラム すでに飽和状態に見えるトヨタの国内向けSUVラインナップに新型車「カローラ クロス」が加わった。なぜ今、新たなSUVが投入されるのか? 他メーカーとの勢力図は今後どう変わるのだろうか? 識者は、こう考える。
  • ポルシェ・タイカン(RWD)【試乗記】 2021.10.11 試乗記 ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」に、後輪駆動のエントリーモデルが登場。「4S」や「ターボ」といったバッジの付かない“素”のタイカンは、いかにもポルシェらしい、飾り気のない上質なスポーツカーに仕上がっていた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
ホームへ戻る