クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)

必要にして十二分 2021.10.27 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズ初のSUVとして登場した「カローラ クロス」。ハイブリッドの上級グレードに試乗した筆者は、大きな不満も不足も感じることのない商品力の高さに、脈々と受け継がれてきたカローライズムをみたのだった。

グローバルカーなりのデカさ

用いるアーキテクチャーがGA-C……ということは「C-HR」にほど近い、すなわちCセグメント系でありながら、プライシングはA~Bセグメントの「ヤリス クロス」や「ライズ」の側をもうかがおうかという、トヨタとしては9車種目のSUVがカローラ クロスだ。どこまで刈り取るおつもりですか……と日産やホンダの嘆きが聞こえるような気さえする。「ヴェゼル」あたりは並べて比べられると、単純にデカくて安いのがカローラ クロスというオチになってしまうわけで、なんともえげつない。

とはいえ、トヨタの側にも言い分はあるだろう。5年にわたってCセグメントSUVのニーズを支えてきたC-HRはどちらかといえばスペシャルティー的なポジションのクルマだ。その人気に陰りが見えたいま、援護の直球を放り込むのは当然というわけである。

カローラ クロスは豪州を除く4大陸で販売されるグローバルカーだ。それゆえ、寸法的なところに日本的な配慮はうかがえない。4490×1825×1620mmのスリーサイズには、高さや幅をもう少したたいてくれれば家のマンションのパレットや街の立体駐車場にも置けたのに……と思われる方もいそうだ。でも最小回転半径はひと回り小さいC-HRと同じ5.2mに抑えるなど、無駄太りしてはいないことはスペックから伝わってくる。

50年を超える「カローラ」史上、初のSUVとなる「カローラ クロス」。先行して海外で扱われ、日本国内においては2021年9月に発売された。
50年を超える「カローラ」史上、初のSUVとなる「カローラ クロス」。先行して海外で扱われ、日本国内においては2021年9月に発売された。拡大
やや大柄なボディーの「カローラ クロス」。ホイールベースこそ他の「カローラ」シリーズと同値(2640mm)だが、全幅は唯一1800mmを超える。
やや大柄なボディーの「カローラ クロス」。ホイールベースこそ他の「カローラ」シリーズと同値(2640mm)だが、全幅は唯一1800mmを超える。拡大
フロントまわりのデザインは、海外仕様車とは異なっている。個性的なBi-Beam LEDヘッドランプも日本仕様車独自の装備。
フロントまわりのデザインは、海外仕様車とは異なっている。個性的なBi-Beam LEDヘッドランプも日本仕様車独自の装備。拡大
「Z」グレードは、切削光輝加工を施した専用18インチアルミホイールを装着。他グレードには17インチホイールが組み合わされる。
「Z」グレードは、切削光輝加工を施した専用18インチアルミホイールを装着。他グレードには17インチホイールが組み合わされる。拡大

使い勝手に抜かりなし

室内も幅方向にゆとりがあり、グリーンハウスも奇をてらうことなくニュートラルにまとめられているため、後席にいても窮屈さは感じない。前席下部へのつま先の入りもよく、身長181cmの筆者がくつろぎ気味に座ることもできる。ホイールベースはC-HRや「カローラ ツーリング」などと同じ2640mmだが、高さも手伝って感覚的には間違いなくそれらより広い。オプションの「パノラマルーフ」を選べば、開放感さえ感じられる。

荷室容量は487リッター。見るからに広いが数値的にもカローラ ツーリングやC-HRをものともしないスペースが確保されている。後席をフォールダウンすればさらに最長1885mmのスペースが生まれるも、荷室部との間にガッツリ段差ができてしまうのが残念……と思いきや、荷室にピタリとはめ込み段差を整えてフラット化できる「ラゲージアクティブボックス」がオプションで用意されている。さらにハイブリッドモデルであれば、最大1500Wの電力をアウトプットできるACコンセントがオプション装着できるなど、キャンプや車中泊での適応度が一気に高まるというわけだ。

ただしハイブリッドにのみ用意される4WDは「E-Four」で、悪路をモリモリと走るほどの駆動力は期待できないうえ、最低地上高も160mmと乗用車プラスαであるがゆえ、機動力に過信は禁物だ。4WDのパフォーマンスに期待するならヤリス クロスか「RAV4」が適しており、基本的には2WDのクルマと考えておいたほうがいいだろう。

最廉価グレードを除き、「カローラ クロス」の前席はホールド性にこだわったスポーティーシートとなる。
最廉価グレードを除き、「カローラ クロス」の前席はホールド性にこだわったスポーティーシートとなる。拡大
上級グレード「Z」のシートは、本革とファブリックのコンビ仕立てとなっている。後席(写真)にもリクライニング機構が備わる。
上級グレード「Z」のシートは、本革とファブリックのコンビ仕立てとなっている。後席(写真)にもリクライニング機構が備わる。拡大
荷室の容量は5人乗車時で487リッター。ハイブリッド車に限り、左側の側壁に非常時給電システム付きのアクセサリーコンセントが追加できる。写真中央に見えるトレー(樹脂製マット)は、1万5400円の販売店オプション。
荷室の容量は5人乗車時で487リッター。ハイブリッド車に限り、左側の側壁に非常時給電システム付きのアクセサリーコンセントが追加できる。写真中央に見えるトレー(樹脂製マット)は、1万5400円の販売店オプション。拡大
後席の背もたれを倒し、荷室を最大化した状態(奥行きは最大1885mm)。写真のように後席部分と荷室のフロアには大きな段差が生じるものの、その差を埋めてフラットなスペースがつくれる「ラゲージアクティブボックス」がオプション設定されている。
後席の背もたれを倒し、荷室を最大化した状態(奥行きは最大1885mm)。写真のように後席部分と荷室のフロアには大きな段差が生じるものの、その差を埋めてフラットなスペースがつくれる「ラゲージアクティブボックス」がオプション設定されている。拡大

安心・満足のハイブリッド

というわけで今回試乗したのはFFのハイブリッドだったわけだが、内装の質感は上位グレード「Z」でも至って凡庸で、特筆するような緻密さも色香もまるで感じなかった。ダッシュアッパーやドアトリムの質感はややテカリが強く、それらの部材に型抜かれるステッチ的な加飾もちょっと安っぽい。プライシングを鑑みれば仕方ないかと思うところはあれど、せっかく楽しげな趣旨のクルマなんだから、ヴェゼルのような華や「CX-30」のような上質さをもう少しは追求してほしい。

パワートレインは現行「プリウス」の世代からのトヨタハイブリッドの主力構成といえる2ZR-FXE型1.8リッター4気筒と1NM型モーターの組み合わせだ。車重のうえでは「カローラ ツーリング以上C-HR未満」というところに落ち着いていることもあって、過度な期待がなければ動力性能に不満はない。多少の積載負荷はものともしない程度の余裕もある。

WLTCモードの燃費値もC-HRをやや上回るくらいとあらば、20km/リッターオーバーの生涯燃費も十分期待できるだろう。加速時はエンジン回転先行の場面もあるが、新型「アクア」で投入されたバイポーラ型のようなバッテリーが搭載されれば走りのレスポンスも変わる可能性はある。2022年、登場から四半世紀を迎えるTHSも、周辺技術も含めてまだまだ伸びしろは含んでいるということだ。

アクセントとしてシルバーのパーツが添えられる、ブラック基調のインテリア。ドアパネル上部などにはソフトな素材が採用されている。ステアリングホイールは本革巻き。
アクセントとしてシルバーのパーツが添えられる、ブラック基調のインテリア。ドアパネル上部などにはソフトな素材が採用されている。ステアリングホイールは本革巻き。拡大
今回は110kmほどの道のりを走行。燃費は満タン法で27.5km/リッター、車載の燃費計で24.5km/リッターを記録した。
今回は110kmほどの道のりを走行。燃費は満タン法で27.5km/リッター、車載の燃費計で24.5km/リッターを記録した。拡大
上級グレード「Z」のメーターパネルは、7インチのカラーインフォメーションディスプレイが備わるオプティトロンメーターとなる。
上級グレード「Z」のメーターパネルは、7インチのカラーインフォメーションディスプレイが備わるオプティトロンメーターとなる。拡大
1.8リッターエンジンをベースとするハイブリッドユニットは、システム最高出力122PSを発生。WLTCモードの燃費値はFF車の場合で26.2km/リッター、4WD車で24.2km/リッターと公表される。
1.8リッターエンジンをベースとするハイブリッドユニットは、システム最高出力122PSを発生。WLTCモードの燃費値はFF車の場合で26.2km/リッター、4WD車で24.2km/リッターと公表される。拡大

これでいいじゃないか

クルマ好き的な視点からみるに、カローラ クロスの一番のトピックはGA-CのFFモデル用に設計を刷新したリアのトーションビームサスかもしれない。

主に乗り心地の向上を狙ったというそれは、ビームの形状やダンパーの取り付け角などを細かくチューニングし、ゴムブッシュを大容量化するなどして突き上げ等のアタリを丸くしながら路面追従性をしっかり確保しているという。その乗り心地とハンドリングのバランスは欧州のライバルにも比肩する高レベルなもので、例えばスペース効率が求められるミニバン的なモデルへの転用にも十分期待に応えてくれそうな素性の良さがうかがえた。

試乗時は激しい渋滞に巻き込まれたが、ADAS(先進運転支援システム)の制御は総じて適切でひやりとさせられることもなく、帰ってからひと仕事する余力を残してくれた。長々と向こうのほうまで続くテールランプの帯をぼんやりと眺めるくらいしかやることもないものだから、このクルマがファミリーカーとしてどんな思い出をつくってくれるのだろうと思いをはせたが、そんな立場に身を置いたことのないダメ男には、さえた場面のひとつも思い浮かばない。

でも世のお父さんたちは家族を乗せて週末ごとにこういう景色を見ているんだろうなぁと思うと、子供に優しい乗り心地と奥さんに優しいハイブリッドと自分に優しいADASが全部あるこのクルマに、何かしら難癖をつけようとする僕のような者が出る幕はないと思うに至った。さすが「カローラ」である。

(文=渡辺敏史/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

「カローラ クロス」のリアサスペンションは、駆動方式により形式が異なる。FF車はトーションビーム式で、4WD車はダブルウイッシュボーン式となる。
「カローラ クロス」のリアサスペンションは、駆動方式により形式が異なる。FF車はトーションビーム式で、4WD車はダブルウイッシュボーン式となる。拡大
運転支援システム「Toyota Safety Sense」は「カローラ クロス」全車に備わる。トヨタ車のなかでは最新バージョンではなく、現時点で交差点における対向直進車の検知等には対応していないものの、自転車(昼間)や歩行者(昼夜)も検知可能なプリクラッシュセーフティーや、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストなどが含まれる。
運転支援システム「Toyota Safety Sense」は「カローラ クロス」全車に備わる。トヨタ車のなかでは最新バージョンではなく、現時点で交差点における対向直進車の検知等には対応していないものの、自転車(昼間)や歩行者(昼夜)も検知可能なプリクラッシュセーフティーや、オートマチックハイビーム、ロードサインアシストなどが含まれる。拡大
上級グレード「Z」には、スマートフォンの非接触充電機能「おくだけ充電」もオプション設定されている。
上級グレード「Z」には、スマートフォンの非接触充電機能「おくだけ充電」もオプション設定されている。拡大
「カローラ クロス」にはハイブリッド車のほか、純ガソリンエンジン車もラインナップされる。4WDモデルはハイブリッド車のみの設定となる。
「カローラ クロス」にはハイブリッド車のほか、純ガソリンエンジン車もラインナップされる。4WDモデルはハイブリッド車のみの設定となる。拡大

テスト車のデータ

トヨタ・カローラ クロスZ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4490×1825×1620mm
ホイールベース:2640mm
車重:1410kg
駆動方式:FF
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:98PS(72kW)/5200rpm
エンジン最大トルク:142N・m(14.5kgf・m)/3600rpm
モーター最高出力:72PS(53kW)
モーター最大トルク:163N・m(16.6kgf・m)
システム最高出力:122PS(90kW)
タイヤ:(前)225/50R18 95V/(後)225/50R18 95V(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:26.2km/リッター(WLTCモード)
価格:299万円/テスト車=329万8550円
オプション装備:イルミネーテッドエントリーシステム<フロントカップホルダーランプ、フロントドアトリムショルダーランプ、フロントコンソールトレーランプ>(11万円)/ディスプレイオーディオ<9インチディスプレイ+6スピーカー>(2万8600円)/アクセサリーコンセント<AC100V・1500W、非常時給電システム付き>(4万4000円)/ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ(4万4000円)/パノラミックビューモニター(2万7500円)/おくだけ充電(1万3200円) ※以下、販売店オプション ラゲージトレー(1万5400円)/ETC2.0ユニット ナビキット連動タイプ(3万3000円)/カメラ別体型ドライブレコーダー<スマートフォン連携タイプ>(6万3250円)/フロアマット<ラグジュアリータイプ>(2万8600円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:970km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:112.8km
使用燃料:4.1リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:27.5km/リッター(満タン法)/24.5km/リッター(車載燃費計計測値)

トヨタ・カローラ クロスZ
トヨタ・カローラ クロスZ拡大
既にラインナップされているセダン、ハッチバック、ワゴンとともに「カローラ」シリーズの一翼を担う「カローラ クロス」。カローラを象徴する“花冠エンブレム”が装着されている。
既にラインナップされているセダン、ハッチバック、ワゴンとともに「カローラ」シリーズの一翼を担う「カローラ クロス」。カローラを象徴する“花冠エンブレム”が装着されている。拡大
前席用のドリンクホルダーは、ドアポケットとセンターコンソールに確保される。写真左下に見えるアームレストの下は小物入れスペースで、アクセサリーソケットも備わる。
前席用のドリンクホルダーは、ドアポケットとセンターコンソールに確保される。写真左下に見えるアームレストの下は小物入れスペースで、アクセサリーソケットも備わる。拡大
センターモニターのサイズは標準で7インチ。試乗車の9インチディスプレイはオプションとして用意される。画面に見られる「パノラミックビューモニター」は2万7500円の別オプション。
センターモニターのサイズは標準で7インチ。試乗車の9インチディスプレイはオプションとして用意される。画面に見られる「パノラミックビューモニター」は2万7500円の別オプション。拡大
エントリーグレード「G」を除き、センターコンソール後端には後席用のエアコン吹き出し口と充電用USB端子が備わる。
エントリーグレード「G」を除き、センターコンソール後端には後席用のエアコン吹き出し口と充電用USB端子が備わる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。